西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/12/27(火)

[]本 21:16 本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本 - 西川純のメモ 本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の仲間の本です。お勧めです。もちろん、『学び合い』ということを離れても、様々に使える本です。http://amzn.to/vAkfk4

追伸 話は別ですが、とんたんさんをブログで知っている人は、一度直接会うとビックリしますよ(失礼)。とても、ほんわかした人です。(じゃ、ブログはどうか、という突っ込みはご容赦を。あははは)とんたんさんごめんね。

tontan2tontan22011/12/27 21:48本の紹介ありがとうございます。本には「学び合い」の理念が練りこまれています。よかったらお読みください。
 
ネットの怖さは「言葉のニュアンス」が伝わらないということですね。
子どもが小さくてまだ遠くまで出かけることができないのでお会いできている方は少ないですね。
ブログは・・・・ごめんなさい!! でも書きます!!
まあ、こんな人「も」いるのが「学び合い」のよさだと思います!

bunbun-hbunbun-h2011/12/27 22:00ネットの良さは「言葉のニュアンスも伝わる」でもあると思っています。
とんたんさんのニュアンスもよく伝わりますよ。
ネットの、そのよく伝わりようって、おそろしくもあり、また、ありがたくもあり、だと思います。(私も、自戒しながらも、でも、書きます!)

bunbun-hbunbun-h2011/12/27 22:06とんたんさんの、そのよきニュアンスもです。もちろん。

chinjichinji2011/12/27 23:08とんたんさんに会った時の迎え入れてくれる気持ちの温かさと器の大きさは忘れられません。本当に尊敬します。。

mana-mama5mana-mama52011/12/27 23:28その人の言動ではなく、行動を見て、人となりを見極めなさい。その方が見誤ることが少ない。と父から教ええられました。tontan2さんのブログもjun24kawaさんのブログも時にものすごーく過激(笑)で怖い人達・・と思うこともありますが、本気で子どものことを思うからこそ、本の出版ができるし、家族を犠牲にするギリギリの全国行脚もできるのだと思います。西川先生も、ほんわかしたオーラを放っておられました。ほんとに泣いてたし・・・。

jun24kawajun24kawa2011/12/28 08:35我々って、似たもの同士(同志)なのだと思います。