西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/12/11(日)

[]次 09:53 次 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 次 - 西川純のメモ 次 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 上記のことが成立し、本当のパンデミックが起こったときのことを夢想します。ワクワクする一方、恐ろしくもあります。

 教育において学術と実践の世界が乖離しているということは、世界的にもそうですが、日本の場合は顕著です。結局、互いに無視し合っているという状態です。例えば学術の成果は実践に役立つことを標榜していますが、本気でそれを願っているとは現状では思えません。端的な証拠は、学術論文の審査において、実践的な価値があるかを実践者に評価している学会誌は殆どありません。医学の世界だったら、膨大な臨床試験をしています。ところが、学術の世界では実践して評価せずに、教材を開発したという研究は山ほどあります。これは市場調査をせずに、食品開発しているようなものです。研究を実践に生かそうという気がないことを示していると言われてもしょうがないと思います。一方、実践も同じでしょう。

 大学の研究者は文部科学省や県の指定の研究会の発表会で、講演をしてもらえばいい、と思っているのではないでしょうか?実践には余り関係のない訳の分からん話をしてもらった方が無難です。下手に具体の実践に関わる話をすれば、「学者バカが何を言っている」と大きな陰口を言われます。

 非常に実りのない関係ですが、それなりに安定した関係が成り立っています。しかし、もし学術と実践の世界が融合する動きが、成立したら、学術も実践も劇的な変化が起こるはずです。現状では実践の世界の変化の方が早いように思います。もし、学術が取り残されたらどうなるのか、と思います。学術の世界の研究者の多くは『学び合い』を知りませんし、知っている人も大してこと無いとたかをくくっています。今はロスの悲嘆の五段階説(http://j.mp/ijI668)の無視(もしくは無知)のレベルです。早晩、拒否の段階に進むでしょう。一部の研究者が感情的に拒否しているのは、ある意味アンテナが高いからです。しかし、今の中堅・若い世代の研究者が早く気づいて欲しいと思います。つまり、学校現場に長期に入り質的量的に研究をすることは実りが多いことであること。そして、学習者の多様性を無視する、もしくは減じることを意図した研究ではなく、多様性を前提とした教育のあり方を研究すべきであること。なによりも、教育は何故あるのかを、一般の教師、そして子どもたちに納得させることの出来る言葉を見出すべきであることを。

 どんなに素晴らしいことを発見しても教育研究は無意味なのです。数学は数学者という研究者の中でクローズされても意味があります。そういう学問です。しかし社会科学は社会に影響を与えて、その価値が生じます。社会を構成しているのは研究者ではありません。社会を構成している人に分かる言葉を見出さねばなりません。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/12/11 10:26興味深く読ませていただきました。私は『学び合い』お考え方が本当には分かっていないのだと自覚しています。だから、課題に迷うのでしょう。そのテクニックレベルの所に支援があると、その先に進めるような気がしていました。ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2011/12/11 14:37何事も、型から入るものです。まっててね。
というこか、分からなかったらメールして下さい。

o4dao4da2011/12/11 21:15半分ぐらいは理解していないのですが(笑)
先生のこういう先を見通した記事&実現していっている事実が好きです。

jun24kawajun24kawa2011/12/12 06:21ご期待あれ!

mori1046mori10462011/12/12 21:53今、自分ができることを淡々と行います。理論と実践のお話、常々感銘を受けます。

jun24kawajun24kawa2011/12/12 22:04はやく、ドカンとね。そのパワーがある方ですから。期待しています。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2011/12/17 20:52来年の8月の学び合いフォーラムまでに、「アーリーアダプターのコミュニティを作ること」と、「いろんな分野にいる『学び合い』に親和性の高い思想(考え方)をもったイノベーターをネットワーキングすること」をやっていきます。
まずは来年の3月に、インクルーシブ教育とオルタナティブ教育から着手します。

「民主主義」の例はとても分かりやすかったです。ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2011/12/18 06:58ずっと、あなたの活動を見ていて、裾野をうまく広げていることに感服していました。今の私の悩みは、『学び合い』のイノベーターとアーリーマジョリティとの親和性を高めるにはどうしたらいいか、ということです。イノベーターから見ればアーリーマジョリティは「何も分かっていない」と見えるでしょうし、アーリーマジョリティから見ればイノベーターは「おたく」と見えるでしょう。しかし、全体を俯瞰すればそれぞれの役割がある。民主主義の部分を分かるOSUGIさんには良くお分かりでしょう。振り返って、立場上、イノベーターの役割を演じている私の今後の立ち位置も検討しなければならないと思っています。ま、ここ2年の問題です。良いアイディアがあれば教えて下さい。