西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/12/05(月)

[]ノウハウ本2 07:07 ノウハウ本2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ノウハウ本2 - 西川純のメモ ノウハウ本2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 何故ノウハウ本を作ろうと思ったかを書きます。

 『学び合い』に対する典型的な誤解に、「何もしない」、「放棄」のようなものがあります。『学び合い』では、これは今までの教師がやっていたことをやらない一方、やらないことをやらねばなりません。しかし、今までの教師には、自分がやっていたことしか目がいかないので、あたかも何もしていないようにしています。結果として「そんなんでうまくいくわけない」、「単なる放任だ」、「責任の放棄だ」、「特別な教師だけが出来る授業だ」、「特別なクラスだけが出来る授業だ」という誤解が生じるのです。

 でも、『学び合い』も何もしなくてうまくいくはずはありません。ちゃんとやっているのです。例えば可視化です。例えば、しかり方です。これは従来型授業でも有効なテクニックです。従って、従来型指導の教師にも分かりやすいものです。それによって『学び合い』では個を動かそうとしているのではなく、教師は集団を動かし、個は集団内で解決しようとしていることが分かると思います。

 また、集団の位置関係、視線の方向で集団のありようが見えることを伝えれば、ぼーっと立っているように見えるが、クラス全体を見ていることが分かります。これまた従来型授業でも有効なテクニックです。従って、従来型指導の教師にも分かりやすいものです。

 また、『学び合い』のテクニックの中で、導入段階では有効だが、充実段階・発展段階に移行するときに障害になるようなテクニックがあります。例えば、先に述べた可視化もそうです。また、ネームプレートや確認テストなどがあります。その利点と欠点をちゃんと説明する必要があるでしょう。

 そして、何故、上記のテクニックは「一人も見捨てない」という軸を教師がぶらさなければ、全て不要になることを書く必要があります。

追伸 第22代横綱に太刀山峯右エ門という人がいます。図抜けて強い人でした。この人の強さを示すエピソードに「にらみ出し」というものがあります。これは、相手力士を睨んだだけで対戦相手が土俵の外に出てしまったことがあります。翌日の新聞には「にらみ出し」という決まり手として表現されました。これも、相撲を知らない人は、超常的な能力と解釈したり、八百長と解釈したりするでしょう。しかし、相撲を知る人だったら、そんな解釈をしません。実はその場所の前半に、太刀山峯右エ門は相手力士を突き出し、骨折させたのです(その人はそれがもとで引退しました)。そんなことを間近で見た力士だったら、怖くて逃げたくなるのは当然です。何事にも理由はあります。

maya-1maya-12011/12/05 08:43私の感覚だと、テクニックというより、「『学び合い』を成立するための心得」といったものです。

daitouirukadaitouiruka2011/12/05 20:37ここ数回の先生の書き込み、私にとってとてもタイムリーで納得できるものです。
ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2011/12/05 20:47maya1さんへ
 心得ではなく、あえてテクニックを出そうと思っています。
irukaさんへ
 まっててね。

suikanomeisantisuikanomeisanti2011/12/07 23:24こんばんは。私は今、教科書の問題だけで算数の学び合いをしています。何とか良い課題を作りたかったのですが日々の授業に追われてできませんでした。ノウハウの中に「課題作り」も含まれのでしょうか。愚問ですみません。

jun24kawajun24kawa2011/12/08 05:43入れるつもりです。なお、一部は導入書にもありますので、ご参照下さい。