西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/12/03(土)

[]分からない人へ 19:24 分からない人へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 分からない人へ - 西川純のメモ 分からない人へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 分からない人へ説得しようとするのは無駄だと思います。第一の理由は、その説明を聞きはしないからです。文献も読みはしません。だから我々から見ればコメディーみたいな誤解をするのです。第二の理由は、読んだとしても誤解するからです。

 認知心理学の古典的な研究の一つにバートレッドの「幽霊の戦い」の研究があります。彼は北米インディアンの民話の一つである「幽霊の戦い」をイギリスの学生に読ませて、それを再生させたのです。その結果、全く誤って記憶します。というのは、その民話を理解するには北米インディアンでは当然としていることが、イギリスの学生は理解不明なのです。結果として、北米インディアンの当然としていることを、イギリスの学生の常識に合わせてしまうのです。その結果、その物語には何も書かれていないことを書いたと思いこみます。逆に、何度も何度も書いていることをすっぽり省略してしまうのです。

 教師は教科内容を教えることだと思いこんでいる人の場合、「クラスづくりの初期段階は教科の内容を凝らなくてもいいが、その一方、一人も見捨てないということを徹底すべきだ」という言葉は「教科の内容を凝らなくてもいい」となり、「教科はどうでもいい」となり、「教師は何もせず、放りっぱなし」と誤解し始めます。そして、「発展段階では教科の力が必要だ」という言葉は無視されます。おそらく我々が何を書こうか、読まない・誤解する、というのは変わりません。それは、個々人の人間性の問題ではなく、人間の本性だからです。

 分からない人とのつきあい方で重要なのは、その他大勢の方から見てどう思われるかと言うことです。

 例えばです。『学び合い』を反対する人(Aさん)がいたとします。私がその人を「バカだ」とか「屑」だとかという表現で貶めたとしたとします。私を個人的に知っていて、私を好意的に理解している人だったら、私の表現を好意的に解釈してくれるでしょう。また、Aさんを「バカだ」とか「屑」だと思っている人だったら、「よく言ってくれた」と溜飲を下げてくれるでしょう。しかし、上記のような人は私がそう言おうといまいと変わりありません。

 逆に、Aさんの立場に立っている人たちにとっては、怒りに火を付けることになると思います。さらに怒りを通り越して「軽蔑」することになるでしょう。これは望ましくありません。が基本的には私が「バカだ」とか「屑」と表現を使わなくても同じでしょう。

 上記の人たちは、「バカだ」とか「屑」という表現を使うか使わないかはあまり影響を受けません。ところが、世の中の大多数の人は私もAさんもどうでもいいのです。当然、両者の主張の内容を吟味はしないでしょう。が、その人達も私やAさんの表現の仕方は吟味する可能性が高いです。

 どうしたらいいか?聞き流せばいいのです。分かる準備が出来た人が理解することによって広がります。そして事実が証明します。この点には安心しています。というのは、今の授業は絶対に全員を教えることは出来ません。そして、今の日本は、分からない子どもの保護者は「何故、教えられないのか!」と要求する時代です。モンスターペアレンツと言われますが、当然の主張をしている保護者が大部分です。少子化が進めばこの傾向は強まることはあれ、弱まることはありません。一人も見捨てず、これを真正面から徹底的に追求したのが『学び合い』です。私は時代の必然だと思っています。とうことで安心しているのです。気を楽にしてね。