西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/12/03(土)

[]校長が替わると 07:32 校長が替わると - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長が替わると - 西川純のメモ 校長が替わると - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は現状の授業の姿とかなり異質です。リスク管理を責任としている校長なれば、それを学校の柱とするのには覚悟が入ります。それなりの成果を上げている『学び合い』の実践者が、個人的に実践を続けることを容認するとは別な次元の理解が必要です。

 大変であったとしても、『学び合い』の手引き書等を読んで、授業方法ではなく、その背景となる理論的根拠や願いを理解する必要があります。それによって際物ではなく、ごくごくまっとうなことを徹底的に突き進んだものであるということを理解しなければなりません。もちろん、どれほど突き進むかというのは、各学校の事情を勘案し校長が判断することです。しかし、程度の差はあれ、『学び合い』は一人も見捨てないというまっとうな願いから出発していることを理解しなければならない。教育基本法第1条の「人格の完成」という言葉の意味をお題目としてではなく、真剣に何かを考え、それを踏まえて毎日の授業を組み立てられるということを理解しなければなりません。社会から付託された責務に比べて一人の教師の出来る限界を理解し、それでもそれに応えるためには子どもたちの力を信じるしかないことを理解しなければなりません。そうだから学校を『学び合い』で創ろうというルビコン川を越えることが出来るのです。

 が、現状でそれが出来る管理職はそれほど多くはありません。「みんながやっているから、まあいいんだろう」というホモサピエンスの基本的判断方法に従っている人が大部分です。となれば問題は校長が替わった後が問題です。

 『学び合い』学校で見える成果、例えば「最低点が相対的に高い」、「男女仲がよい」、「特別支援の子の大変さが少ない」等を認められる校長だった場合はどうなるか?『学び合い』の手引き書等を読まずにいたならば、当然、授業方法の1種だと思うでしょう。そうなれば、世にある多種多様の授業方法を併用することを勧めるでしょう。しかし、考え方のレベルで矛盾することをやれば、『学び合い』はどんどん駄目になります。テクニックの罠というものに陥ります。そして、その責任を『学び合い』に帰結すると言うことをします。

 『学び合い』の姿、例えば「子ども立ち歩く姿」、「教師の役割が見えにくい」に目を奪われ、「最低点が相対的に高い」、「男女仲がよい」、「特別支援の子の大変さが少ない」等の成果を認められない人がいます。中には、『学び合い』をとにかく嫌うという人もいるでしょう。そうなれば、全否定をします。

 二つのタイプの校長を非難するつもりはありません。残念だとは思いますが。そのように判断するのは現状で当然です。日本の教育の不易なところを守っている方々は、そのような方々なのですから。

 さて、そのような校長に代わった後に、残った職員が『学び合い』を実践するためには何が必要なのか?それは『学び合い』の考え方だと思うのです。幸い、上記の二つのタイプの校長先生の場合、『学び合い』を考え方とは理解せず、授業方法として理解しています。そのため、見た目を変えた従来指導型『学び合い』をやれば、『学び合い』をやっていないと思うはずです。一人も見捨てないという願いを持ちつつ、それを子どもに語り続けるならば、どんな形態であったとして『学び合い』です。

 昨日は同志の校長の学校で講演しました。そこで何を語るべきか悩みました。そして、『学び合い』の願いを語りました。何人かの先生の心の中に伝わったと思います。この語りだけが、校長が替わった後の職員の方々への贈り物だと思っています。

追伸 大多数の校長は、『学び合い』に対して全否定も全肯定もしないと思います。ようは結果を出して、職場の合意事項に反しないならば各職員が、それぞれの授業をすることを止めはしません。ですので、ようは職場の人間関係を築き、結果を出せば、職員集団が変わります。職員集団が合意し、結果を出しているならば、大抵の校長は反対しません。ただし、その場合、職員の中には『学び合い』は考え方であることを理解し、テクニックの罠に陥らないように、したたかに政治をする人が数人は必要です。