西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/11/30(水)

[]授業公開 10:44 授業公開 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業公開 - 西川純のメモ 授業公開 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教えてください。3学期に土曜か日曜日に授業公開(例えば保護者公開とか研究会)を予定している同志の方がおいでになったら、私にメールお願いします。

11/11/29(火)

[]出来ること 16:47 出来ること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 出来ること - 西川純のメモ 出来ること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は仕事の合間を縫って、525通の封筒にハンコを押した。その後、ゼミ生と一緒にタックシールを張る。これで救われる子供や教師は生まれてほしい、生まれる、と夢想しながら単純作業を続けた。

11/11/28(月)

[]三連発 17:10 三連発 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 三連発 - 西川純のメモ 三連発 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 朝一番で地元の学校に行きました。全校『学び合い』2回目にして、素晴らしい姿を見せていただきました。子ども達の姿の凄さは折り込み済みですが、教師の変化の速さにビックリです。頑張って、セオリー通りのことをやっていただけたので、セオリー通りの結果がいち早く出ています。今後の化け方が楽しみです。

 昼過ぎには、今日から二泊3日の研修旅行に来られた遠方の校長先生と話し合いました。色々と良い悪巧みをしました。ワクワクします。

 それが終わって自室に戻ると、地元の高校の同志からメールが来ました。今年からトライした方です。ぶれずにセオリー通りのことを実践した方です。メールの内容は模試の結果です。極めて押さえた表現の中にも、喜びと、自信を感じます。子ども達の成長がどこまで行くか楽しみです。

 以前書いたように、セオリー通りのことをやった方が早く、高い結果は出ます。補助輪を付けて自転車の練習をしても自転車は走れるようにはなりません。補助輪を外してからが本当の練習なのですから、早く外すほうが良い。今日も、そう思いました。

11/11/27(日)

[]チンゲ記念日 18:43 チンゲ記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - チンゲ記念日 - 西川純のメモ チンゲ記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先ほど5年生の息子と一緒に風呂に入りました。そうしたら息子のビックリした声。見ると毛を引っ張っているではないですか!今度は私がビックリ。間近に見ると2本が出ています。早速おめでとうをいました。家内に報告するとニコニコです。本日は祝杯です。

追伸 食後に再確認したら、薄毛はかなり生えていました。あははは

[]明日 17:51 明日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 明日 - 西川純のメモ 明日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 1週間でどれほど熟成されたのか、楽しみです。

11/11/26(土)

[]受験生 20:48 受験生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 受験生 - 西川純のメモ 受験生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は上越教育大学の教職大学院の入学試験です。良い学生さんがいっぱい受験してくれました。嬉しい。断言します。上越教育大学の教職大学院は素晴らしい、と。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2011/11/27 07:45本当に、最高の環境です!今となっては、西川研究室、上越教育大学にいるうちに、「もっとやっておけばよかった」と思うことが多いです。志のある皆さん!ぜひともお勧めします。まだ、後期募集があると思います。

jun24kawajun24kawa2011/11/29 18:22エール感謝です。

11/11/25(金)

[]栃木 18:45 栃木 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 栃木 - 西川純のメモ 栃木 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大田原小学校で講演をいたしました。栃木県に同志がいることを確信しました。嬉しい

11/11/24(木)

[]教師の役割 21:50 教師の役割 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師の役割 - 西川純のメモ 教師の役割 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の場合、初期段階では教師は「じゃま」です。ま、言い過ぎかも知れませんが、教師がいることのメリットよりデメリットの方が大きい。8割の子どもが真面目に学び合うことは、教師がいてもいなくても子どもはします。ところが、教師がどうでも良いことをしすぎるのでデメリットは多いのです。が、8割を9割そして十割にするには教師が不可欠です。特に、最後の一人を集団に取り込むには教師の語りが絶対に必要です。

 このことを教師の役割の否定、と捉える方がいます。しかし、本当の教師の役割は何かを私は主張しているだけのことです。『学び合い』に関して、教師の役割はもの凄く大事なのです。

[]普通の日 18:37 普通の日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通の日 - 西川純のメモ 普通の日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 普通の日には、普通に出来ることをやる。ただ、自分の目指すものを思い浮かべて。凡人に出来る、日本を変える方法。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/25 04:1312月17日(土)に鍋パーティー(山口の会)を開かせていただきます。いろんな方と「鍋」を食べながらお話をしたいから「山口の会」を開くのか?「山口の会」をひらくために「鍋」なのか?次の日に「松下村塾」に行ってみるのもいいかなーと考えています。

jun24kawajun24kawa2011/11/25 06:01ツイッターで宣伝しました。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/28 07:56ありがとうございます。いろいろな方とお話しができると場になるといいなぁと思っています。

jun24kawajun24kawa2011/11/29 18:22期待しています。

11/11/23(水)

[]小規模小学校の全校教科学習活動 19:19 小規模小学校の全校教科学習活動 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 小規模小学校の全校教科学習活動 - 西川純のメモ 小規模小学校の全校教科学習活動 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今から2ヶ月半前に考えたことを形にしました(http://j.mp/n9a6EU)。

 『学び合い』を学校で取り組みたいと考えている校長先生がいるかも知れません。逆に、『学び合い』を提案している方がいるかも知れません。が、なかなか踏み込むのは大変です。そんなときのための小冊子をつくりました。ご覧下さい。

 小規模校で全校『学び合い』をすれば、馬鹿馬鹿しいほど簡単にできます。そして、少なくとも人間関係の激変は直ぐに現れます。

 キャッチコピーは以下の通りです。小規模小学校関係者の方に一読いただければと思います。http://j.mp/vqfoFr(HPのネットブックに公開しています)

全校教科学習活動は、「固定化された人間関係」で問題を抱えている「小規模校」向けの「ソーシャルスキルトレーニング」であり、「学年を超えた多様な対人関係を体験」することができます。「従来のソーシャルスキルトレーニングや縦割り班活動」と違って「教科学習の時間をそのまま使い、定常的に実施することが出来る異学年交流授業」です。

[]課題の出し方 14:21 課題の出し方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 課題の出し方 - 西川純のメモ 課題の出し方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』をやり始めの方が一様に悩まれることは、課題の出し方です。「図を付けるべきなのか?」、「文字数は・・・」、「作業をどのように課題にしたら・・・」、そして果ては「説明する書くべきか、分かると書くべきか」という訓詁学レベルの疑問がわいてきます。

 が、それらはどうでも良いのです。その代わり、大事なポイントがあります。

第一に、少なくともクラスの成績の良い子は、教師が何を求めているかが分かる課題です。成績の中ぐらいの子どもが分からなくてもいいのです。ましてや、成績の下位層が全く分からなくてもいいのです。(そりゃ分かればいいですが、ま、無理でしょうから)既に塾・予備校・通信教材で学習済みの子ども(もしくは予習を既に終えている子)が「あ~、あれね」と分かる程度でいいのです。つまり、「深い読み」のような分けの分からん課題でなければOKです。

 その代わりに第二のポイントがあります。それは一人も見捨てないということの軸をぶらさないということです。そこさえ押さえていれば、クラスの成績の良い子が、その課題が何を意味しており、どのように解決すべきかということを広げてくれます。残念ながら、今までの教育で慣れ親しんだ教師(つまり日本中の99%の教師)は課題の出し方を気にしますが、「一人も見捨てない」という言葉がお題目ではなく、究極の戦略であることを理解されていない。課題の出し方を気にしている時間を、「何故、一人も見捨ててはいかないか」ということを子ども達にどのように語るかに時間を割いた方が良い。

 この二つのポイントが成り立っていれば、教師がどんないい加減な課題を与えても大丈夫です。

 最後に、第三のポイントは課題と評価を一致させることです。課題では「深い読み」を求めているのに、評価(つまりテスト)では基礎的文法と漢字の書き取り、ということはよくあることです。理科で実験を重視しているが、評価ではそれらをやらなくても出来る問題ばかりということは良くあることです。

 しかし、本当に大事だと思うならば評価したいと思いますし、評価するでしょう。評価しないということは、それが出来ても出来なくてもしょうがない、というレベルだという証拠なのです。ですので、一番いい方法は、単元に入る前に評価(つまりテスト)を作るのです。そのテストに対応した課題を与えるのです。これこそが指導と評価の一体化だと思います。

[]ウータン 09:16 ウータン - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ウータン - 西川純のメモ ウータン - 西川純のメモ のブックマークコメント

ウータンという雑誌をご存じでしょうか?教育同人社が発行している雑誌です。その次回号に私が載ります。その記事の作成のため、12月10日に東京に行きます。その時のインタビューの際に興味ある方が参加できる形式だそうです(http://kokucheese.com/event/index/22275/)。20名先着順です。会費が10000円という設定で、ビックリしました。が、ウータンの会員であれば無料です。会員登録はネット(www.wutan.jp)で直ぐですのでそちらをお勧めします。なお、空いた時間に『学び合い』のお悩み相談を承りますので、「これこれの子どもがいた場合は・・・」、「この単元の課題はどうしたらいいか・・・」という方がおられたらどうぞ。

追伸 ウータン会員とうのは、会員は無料でウータンをお送りするのと、今回のようなイベント告知など弊社からの案内が情報提供されるだけで、何らかの定期的な義務作業が伴う事はありません。敢えていうなら任意で意識調査などのアンケート類へのご協力がお願いされることはありますが、あくまでも「任意」です。つまり、登録しても得はあっても損はないと思います。

HirarinHirarin2011/11/24 05:25昨日、O市立M小学校の実践を拝見しました。毎日2時間目が全校算数の時間と決まっているらしく、毎日異学年での「学び合い」をやっているとのことでした。写真やプロトコルなどから、この学校はしっかりと文化が根付いていると感じました。その発表を聞いていたオーディエンスの先生方はほとんど「学び合い」を知らない方々でしたが肯定的に評価されていました。あこまで先生と子どもたちが自然にやっているとすばらしいなと感じました。

jun24kawajun24kawa2011/11/24 05:59ほ~。参観いただきましたか?なんかの発表会だったのでしょうか?是非、色々な先生に参観を薦めて下さい。あそこはいつでも参観OKですから。

nao_takanao_taka2011/11/24 09:51全校教科学習活動の冊子,本日,校長・教頭・教務主任に配布しました。手ごたえはありました。焦らず,したたかに,でも確実に進んでいきます。

jun24kawajun24kawa2011/11/24 13:59是非、あの活動は週1日だけでも効果はあります。1日だけならば、敷居も低くなると思います。そこから入るものアリだと思います。

11/11/22(火)

[]授業 22:19 授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業 - 西川純のメモ 授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私も大学の先生です。本日は週に1度の授業です。

 講義では、現職教員も分からないであろう課題を学部2年にぶつけて話し合わせます。かってな思いこみかも知れませんが、学生さんは「ことの重大さ」が分かってきたように思います。私が彼らにぶつけている疑問は、面白い授業の装いをしながら彼らに意識改革を求めていることが分かってきたように思うのです。

 私のゼミ生ではないので、要求すること、つまり、どこまで高まれるかのレベルは限定的です。しかし、そのレベルの中でかなりのレベルにいけそうです。楽しみです。

[]誕生 20:53 誕生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誕生 - 西川純のメモ 誕生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、『学び合い』で学校づくりをする学校が地元上越地方で、また一校生まれました。

 本日、全校『学び合い』を参観しました。色々と手ほどきしましたが、初めてです。先生方がじっと我慢して子どもを見守れました。だから、子どもの凄さが開始直ぐに見られ、そして先生方がそれを見ることが出来ました。

 『学び合い』はシンプルです。純粋『学び合い』が一番早く、高く成果を上げられます。本日も、それを実感しました。『学び合い』のシンプルさの凄さ、それは本当に美しいのです。それは物理の公式のシンプルさと深みと同じです。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/11/23 08:32先日の授業参観ではありがとうございました

「ことの重大さ」

というのは、

「現状の教員や学校を取り巻く環境は、個人の努力で解決できるレベルではなく、目標を共有した同士の協働が必要である」

等といった事に気がつかせるということでしょうか?

いずれにしても、他学部と比較しても、学部生、ゼミ生ともに、レベルの高い教育を受けているのだなと実感しました

今後も、彼らから学ばせて頂けたら幸いです

jun24kawajun24kawa2011/11/23 14:23ま、簡単に言えば、現状の学部段階の教員養成ではとても対応できず、それを越えた何かが必要であると言うことに気づき始めたということです。

11/11/21(月)

[]普通 19:25 普通 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通 - 西川純のメモ 普通 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』学校に参観に行きました。一人も見捨てない、ということが、ごく普通になっている。意識していなくても自然に出来る。これが文化というものだと思う。『学び合い』で2年半積み上げた成果だと思います。

maya-1maya-12011/11/21 21:56ありがとうございました。おそばも十分に堪能できました。

jun24kawajun24kawa2011/11/22 06:37安全に帰れたことホッとしております。また!

takami_swctakami_swc2011/11/22 18:42『学び合い』が上手くいかないのは,一人も見捨てないがぶれているからだろうなと思えるようになってきました。文化になるまでがんばることですね。

jun24kawajun24kawa2011/11/22 20:48はい。信じることしか出口がない。まるで宗教のようですが、科学的データに基づくものです。

11/11/20(日)

[]再掲 18:48 再掲 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 再掲 - 西川純のメモ 再掲 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ふと過去のメモを再掲したいと思いました。http://j.mp/sSPTha

 最近(注 今から、十年弱前ですが・・・)、ある先生と議論して、その結果、私の部屋の机を叩き、「あなたとは分かり合えない。先生は先生のやり方でやってください。私は私のやり方でやる。」とおっしゃって出ていきました。あっけにとられました。私も会議で議論をし、怒鳴り合うことはあります。しかし、最後通牒を出すというのは、大人げないな~と思いました。でも、そのことが印象深いのは「あなたとは分かり合えない」という言葉と、「先生は先生のやり方でやってください。私は私のやり方でやる。」という二つの言葉が印象深かったためです。

 人が他の人と分かり合うって、出来るんでしょうか?私は無理だと思います。だって、小さい頃から育てた親でも、私を分かっているとは思いません。プライベートで一番時間を過ごしている家内とだって分かり合っているとは言えません。だから喧嘩もします。でも、その時、その時に話し合って折り合いを付けています。これは、全ての対人関係に当たるのではないでしょうか。つまり、「あなたとは分かり合えない」という言葉は、当たり前のことを言っているに過ぎません。その言葉の正確な意味は、「あなたと折り合いを付けるための議論はしない」ということです。つまり、「あなたとは分かり合えない。だから、先生は先生のやり方でやってください。私は私のやり方でやる。」という意味ではなく、「先生は先生のやり方でやってください。私は私のやり方でやる。だから、あなたと折り合いを付けるための議論はしない」という意味です。しかし、この議論もあまり賢明な考え方ではありません。本当は、別々な方法でやるならば折り合いがつくので、同じ方法でやるなら折り合いがつかないのが実態です。

 私が大学学部の1年の時です。当然のことながら、結婚はリアリティはありません。従って、同級生とその種ことを抽象的に議論をすることがありました。当時の私は、「何故、男と女が結婚するか」ということを疑問に思っていました。性的な快楽を求めるのみなら、結婚という形態を取る必要性がありません。18歳の私が、子どもを欲しいとは思っていませんでした。生活上のパートナーという意味でしたら、気のあった同性の親友の方が女性よりよほど「分かり合える」と思っていました。そのことをある友人と議論をしたとき、その友人は明確に答えました。曰く、「男と女は別々のことを目標としえるから、互いに補える。全く同じことを目標とした場合、互いの存在は、互いの目標の障害になってしまう。だから、同性同士が生活上のパートナーとなれば、早晩、崩壊するよ。また、異性同士でも、同じ目標を持つもの同志であれば、それは同性同士の結婚と同じ結果になるよ」と答えたのです。その当時読んだ、どんな恋愛論、結婚論より、短い言葉で納得させるものでした。巡り合わせは不思議なものです。その友人は、後に研究者となりました。そして、なんと結婚相手に選んだのは、同じ研究者でした。どちらとも一流の研究者です。そして、最近知ったのは、その友人は離婚したそうです。ある意味で、私に語った男女の結婚の必然性の説明は、彼自身の未来を予言したとも言えます。つまり「あなたと私は違うから折り合いを付けない」というのは愚かで、「あなたと私は同じだから、折り合いを付けない」というほうがより正しいともいます(もちろん、それでも折り合いを付ける方が賢明とは思いますが)。

[]目は口ほどにものを言う 18:22 目は口ほどにものを言う - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 目は口ほどにものを言う - 西川純のメモ 目は口ほどにものを言う - 西川純のメモ のブックマークコメント

 紡ぐ、という表現があります。教師が子どもの会話を紡いでいるのか、それとも自分に繋げているのかを判断する方法は簡単です。話し合いの場面で、子どもが語るとき、誰を見て語るかです。『学び合い』において教師を見て語る子はいません。

 ただし、良い悪いではありませんので。自分に繋げて凄い授業をする人はいます。ただ、普通の教師は出来ないだろうと思います。

[]集中 17:49 集中 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 集中 - 西川純のメモ 集中 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 限られたエネルギーを集中するための方法。

 同じ志を持つ仲間をつくること。同志が出来る仕事は自分はしないで同志に任せる。その代わり、同志が出来ないことを積極的にする。これを効率よくするためには、自分と異質な仲間をつくる。

11/11/19(土)

[]お金 18:41 お金 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お金 - 西川純のメモ お金 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 年末当たりになると、お金の申請の時期です。学生さんの夢を実現するには、つまり、私の夢を実現するには「お金」が合った方が良いに決まっています。ですので、シコシコと書いています。これが時間がかかります。が、これが当たれば10万、20万、いえいえ100万、200万、いえいえ、1000万、2000万になるかも知れないと妄想に耽っています。

 5年ぐらいの西川ゼミだったら、せいぜい数百のICレコーダーと数十台のビデオがあれば良かった。(ま、それでも膨大ですが・・・)が、今は西川ゼミの対象はクラスではなく、学年でもありません。学校であり、学校群となっています。となると必要となる予算もレベルが違います。

 はてさて、西川ゼミはどこまで進化するのだろうか・・・。そして、私のはどこまで彼らの先を走れるだろうか・・・。ま、走れる限り走ります。いや、退職までは追い越されるつもりはありません。だって、卒業生・修了生の英知を一番多く吸い取っているのは私なのですから。

11/11/18(金)

[]下品 20:29 下品 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 下品 - 西川純のメモ 下品 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分が気品ある学者風の学者だったら・・・と思うことがあります。でも、変えられません。ま、しょうがない、か。

scorpion1104scorpion11042011/11/19 11:50・・・のところが知りたいと思ったのは、自分だけでしょうか?でも、先生は先生のままが一番素敵だと思っています。

jun24kawajun24kawa2011/11/19 18:35そういう人がいて、そうでない人がいて。ま、『学び合い』のセオリーから言えば、そういう人に語ればいいということは分かっています。ところが、そうでない人にも語らねばならないとき、別人格に変われればいいな~っと思う次第です。ま、無理だということは分かっていますが。あははは

11/11/17(木)

[]ボジョレー 19:33 ボジョレー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ボジョレー - 西川純のメモ ボジョレー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 家族の記念日、日本の祝日、五節句、二十四節気に家族で祝杯をします。それ以外に家族で祝杯する日があります。その一つがボジョレーの解禁日があります。本日は祝杯です。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/18 05:16いいですねー。今年はブドウ、ワインのできもよいらしく、しかも円高で安く手に入れることができそうですね。
私も来週の成功乾杯!用のボジョレーを購入しておきま笑!

jun24kawajun24kawa2011/11/18 06:27成功をお祈りします。

daichi223daichi2232011/11/18 13:53新しいネットワーキングサービスです。(まだサービス開始前ですが…)
「学びあい」や、先生方の交流に役立つと思ったのでここに書き込ませていただきます。
http://ja-jp.facebook.com/pages/VLVLV/130335640405431

jun24kawajun24kawa2011/11/18 20:32フェイスブックが未だ分からないオジサンなので・・・

11/11/16(水)

[]追伸 21:56 追伸 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 追伸 - 西川純のメモ 追伸 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ただし、大事な補足です。あの当時、自分の将来に繋がらない、と思ったことは全部カットしました。

 テレビは見ませんでした。大好きだったクラシックは聴きません。研究や教員採用試験以外の本は封印しました。

 結局、人は24時間は同じです。目的とする方向性に向かってエネルギーを集中しました。

追伸 生涯を誓った人との時間は大事です。ようは、それ以外をどれだけクリアーにカットできるかです。

[]パワー 19:32 パワー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - パワー - 西川純のメモ パワー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生の姿を見ていると本当に大変だと思います。でも、自分の過去を思い出せば、あの頃はそうだったな~っと思います。ぼーっとする時間などは殆ど無く、フルスロットでした。

 私の年になれば、どこで力を抜いて、どこで力を入れればいいか経験で分かるものです。逆に、力を入れても効率悪いな~っと思うところは、力が入りません。でも、若い彼らはその加減が分からない。だから、全てに力を入れている。でも、それで良いと思います。だって、力の加減が分からない彼らが力を入れたり抜いたりしたら、力を入れるべきところで抜いてしまう可能性がある。だから、フルスロットで行けばいい。幸い、若い彼らは私と違って、それが出来る体を持っている。

 神のなせる技と思います。

 だからフルスロットで次の段階に飛翔して欲しい。大丈夫。みんなでやれば、かなり楽ですから。

11/11/15(火)

[]速度 20:17 速度 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 速度 - 西川純のメモ 速度 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分が願うほど早く進まないけど、恐れるほど遅くはない。

 とはいうものの、今年度も半年過ぎた。今年度にどれほどができるだろうか?と思う。

11/11/14(月)

[]身を守る 22:25 身を守る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 身を守る - 西川純のメモ 身を守る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分が何かをなそうとするとき。自分を信じてくれる人を守るためには、リスク管理は大事。ましてや、新たなことをやろうとするならば、それは病的と思えるほどしなければ。

 私は学者社会で学生を守らねばなりません。だから、周りの学者からとやかく言われないように全てをそろえました。博士の学位を得ました。山のような学術業績をそろえました。学会賞を受賞しました。教員養成系大学にいるのですから、それだけでは駄目です。本も出版しました。教員が読者の雑誌に記事を載せました。新聞にも取材されました。それだけでもだめです。教員としての、教員採用率を高率で上げました。多くの現職教員学生が西川研究室を希望しました。

 自分は○○を大事にしている、と思うのは大事です。でも、他人様からとやかく言われないように、既存の評価においても結果を出さねば。それも、隙がないほど。私が標準的な教育研究者の十倍以上の業績を上げているのは、リスク管理です。

 何かをなそうとするならば、他人にとやかく言われない結果を出しましょう。

[]記念日 19:32 記念日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 記念日 - 西川純のメモ 記念日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 我が家には家族の記念日が数多くあります。本日はその一つです。この日、家内は私のプロポーズにOKしてくれました。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/15 07:58プロポーズOK記念日、おめでとうございます(*^_^*)
私は…いつだったかなー???いけませんね

jun24kawajun24kawa2011/11/15 12:06奥様は覚えていますよ。ふぉふぉふぉ

karakusa01karakusa012011/11/18 00:45>何かをなそうとするならば、他人にとやかく言われない結果を…
その通りですね。少しずつ、職場でも『学び合い』の話題を出してはいるのですが、管理職にどう理解してもらうか。結果なんですよね…結果。
ちなみに僕も11月22日(いい夫婦の日)は記念日です。どんなサプライズを…(笑)

jun24kawajun24kawa2011/11/18 06:25出したい結果があれば、それを子どもに率直に語り、その課題と一対一対応する課題を与えれば良いだけのことです。期待しています。

11/11/13(日)

[]英語教育と国語教育の往還 19:03 英語教育と国語教育の往還 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 英語教育と国語教育の往還 - 西川純のメモ 英語教育と国語教育の往還 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 異文化理解は自国の文化の理解に繋がる。外国語を学ぶことは国語を学ぶこと。と言われます。が、そのような往還を具体化した実践がどれほどあるでしょうか?『学び合い』は子ども集団の知恵を大事にすることによって、凝り固まった教師の発想を超えた成果を生み出せます。http://bit.ly/iRPMmc

[]落ち込まない方法 07:35 落ち込まない方法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 落ち込まない方法 - 西川純のメモ 落ち込まない方法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私のところには、日本中から色々な相談メールが来ます。そして、ゼミ生からも相談を受けます。その中には落ち込んだ方よりの相談があります。その方々へのアドバイスはほぼ同じです。

 最初にアドバイスするのは、落ち込んでいることが最悪な状態になった場合を具体的に想像して下さい。おそらく死ぬことはないでしょう。そしてケツをまくったらクビになることはないでしょう。そして、1年後には過去のことになるでしょう。これが進行したらどんなことになるのか・・・、と恐れますが、具体的に最悪の状態を思い浮かべないのが普通です。だから、怖いのです。そして、それを覚悟しましょう。それほど凄いことではないはずです。そして、自分が思うほどうまくいきませんが、自分が恐れるほど悪くはならないものです。つまり、自分が覚悟したほど悪くはなりません。

まず最悪の状況を具体的に想像することです。そして、それよりは「まし」になる手を少しずつやればいい。直近の善後策は、後手後手になる可能性はあります。しかし、最悪にはならない手は、かなり余裕を持ってやれます。

 逆に直近の善後策は、それが良い方向に行くことが確信できないほどゴチャゴチャしたらしないほうがいい。やればやるほど何が何だか分からなくなります。少なくとも数日は何もしない方が良い。血の上った頭でやることで良い手だてが浮かぶ可能性はありません。どうしても何かしたいならば、近くの同僚に代わりに対応することをお願いしたらいい。岡目八目で自分がやるよりは良い手を打ってくれます。もし、そのような同僚がないならば、先ほど書いたように数日は何もしない方が良い。そして、それで駄目だったら数週間何もしない方がよい。そして、それで駄目だったら数ヶ月何もしない方がよい。そして、1年たてば問題は解決します。

次に落ち込まない方法です。

 落ち込む人の特徴として、一点集中の方が多い。絶えず、5つ以上の良い企みを持つことを勧めます。そうすれば何かが失敗して落ち込んでも、気を紛らわせることがありますから。ただし、それらの企みは同じレベルのことでは駄目です。例えば「自分の職場」レベルのことばかりだと、それらは同時に駄目になりますから。「自分のクラス」、「自分の学校」、「自分の県」、「日本」というようなレベルを変えたものを含ませるべきです。例えば、日本レベルの企てとしては、それを実現するための予算を獲得するために、助成団体に申請する申請書を書くなどは、とても面白いですよ。少なくとも宝くじよりも当たりは高いしワクワクします。

 しかし、このような複数の仕事を並行してやれるにはコツがあります。まずは良い仕事をしようとするより、7割の出来で良いから早く仕上げることです。最高の仕事をしようとしても時間がかかるだけのことです。多くの仕事をすれば、当たりもあるものです。それよりも「未完」の最高の仕事は「0」なのですから、7割の仕事の方が良いに決まっています。

 また、人と一緒にやればいい。自分一人の仕事を1つやるより、二人で2つの仕事をする方が良い。それよりも十人で10の仕事をすればいいのです。その際、多様な仕事をするためには、同僚ばかりではなく、他校、他県の仲間と繋がればいいのです。落ち込んだときは、特に、そのような仲間と繋がった仕事をした方が良いと思います。先に書いたように、いじくってもしょうがないときはいじくらない方が良い。しかし、何もしていないと、いじくってもしょうがないことをいじくりたくなるものです。とにかく何か仕事をすればいいのです。

 出来ないことはありますが、出来ることはあります。愚痴や自己憐憫は、精神衛生上、重要なことです。私もします。しかし、それらは「先延ばし」する以上の機能はありません。とにかく「今」別なことをやることです。

 最後に。

 私は本当に落ち込むことが怖い。私の生涯で17歳と21歳と23歳と30歳に最高に落ち込んだことがあります。それは数年にわたるほどのものです。毎日、天井を見上げ、それが岩であればと願いました。それが落ちたら苦しまずに死ねるのではないかと思い続けました。今思い出しても身の毛がよだつ。だから、落ち込むことが本当に怖いのです。だから、私は落ち込まないように細心の注意を払います。

 私はかなり大胆なことをしています。事前に色々と考えています。私のゼミ生だったら分かると思いますが、私は一見無茶苦茶ことをいいます。しかし、最悪でもどれだけのことが出来るかということを考えています。それを立て板に水のように語り、最後に「出来ない理由は?」と言います。私は無茶なことではなく、出来ることしか言いません。そして、リスク管理として、それに関して、客観的にものを見られる仲間に、ゴチャゴチャと事前に一杯相談します。それも複数人。

 私は落ち込まないように、最悪の状況は何かを常に想定しています。そして、落ち込まないように、上記のことを常にしています。だから仕事が早いのです。だからメールの返信は早いのです。常に、今できることをやり続けているから。残念ながら、そうしている人は多くはありません。でも、自分が落ち込みやすいタイプだと思ったら、上記をお勧めします。

追伸 何度も書いていることです。

http://j.mp/tRhe5x

http://j.mp/syqCx7

http://j.mp/ukMW3S

http://j.mp/smlPCs

munehiromunehiro2011/11/14 19:51福岡で会を開いてくれたり、全国のフェスタに呼んでいただいたり、仲間の救いの手がありがたい。たとえ応えられないとしても、いつか手を差し伸べてくれた仲間のために働きます。それがプライドが崩れるに出来るのも、「それでいいんだよ。」とあのころの出来の悪いやつらが私に語ってくれるからです。実際に会っていなくとも、そう語ってくれるからです。彼らがそして今の彼らが宝だと感じています。

jun24kawajun24kawa2011/11/14 21:42チャーミング!
あなたの言葉の後ろに、小田さんの曲が流れているように思える。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/15 17:44ときを越えて、きみを愛せるかい?
本当に君を、守れるかい?

11/11/12(土)

[]新潟 17:39 新潟 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新潟 - 西川純のメモ 新潟 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、新潟市で語ってきました。こじんまりとした会でしたが、懐かしい顔も多く、ホームでの気持ちで語れました。感謝。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/12 17:49こんにちは、「もしドラ」ならぬ「もし『マナ』」の野球チームは1回戦敗退でした。まだまだドラマのクライマックスはこれからです。
おそらく、コニーさんも「もし『マナ』」だと思います。
近い将来、対戦してみたいです。

jun24kawajun24kawa2011/11/12 18:18ご苦労様でした。

11/11/11(金)

[]世代 22:21 世代 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 世代 - 西川純のメモ 世代 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生と話し合いました。ゼミ生を見ていると、「この子達は、自分が味わった苦労はしなくて良いのだろうな」と思いました。でも、「自分たちは苦労して乗り越えたから、それもいいな」と思いました。そして最後に、「彼らには私が思いも至らなかった課題に直面するのだろう」と思います。それが世代だと思います。

11/11/10(木)

[]客観的 18:11 客観的 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 客観的 - 西川純のメモ 客観的 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 高校の同志の授業を参観しました。そして、参観後に色々と話しました。この方と話すと面白いです。とにかくブレないのです。普通だったら、ちょいとうまくいかないとブレる兆候が見られるのに、それが殆ど見られない。その理由は自分の授業を実に客観的に見ているのです。

 普通だったら、自分はどう思って子どもに教えた、という視点で理解しがちです。だから、「子どもはこう思うべきだ、こう行動するべきだ」と考えがちです。そして、「べきだ」が抜け落ちて「こう思っている、こう行動する」と勝手に解釈します。

 授業をfだとすると、自分のやったことがxだとして、子どもに伝わったものがyだとすると、y=f(x)という関係です。上記で言いたいのは、多くの教師はx=f(x)と思いこんでいるのです。ま、完全にイコールとは思っていないでしょうが、大多数の子どもにとってはそう思っています。というのは従来型の授業では子どもは黙ってノートに写すという行為を強いられているので、ノートに書かれたものだけを見ると、x=f(x)にみえるのです。だって、黒板通りのことがノートに写されているのですから。

 ところが『学び合い』だと子どもが分かっているかいないかが非常に分かりやすくなります。そうなると、あたかも低下しているように感じるのです。そして、軸がぶれ始めます。

 が、この先生は、従来指導型の授業をしているときのyをかなり正確に把握しています。だから、どんなことが起こっても、従来指導型より『学び合い』の方が「まし」ということの確信は揺らがないのです。面白い方だな~っと思います。

[]質問に応えて 14:40 質問に応えて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて - 西川純のメモ 質問に応えて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、私が書いたことに関して質問を受けたので回答いたします。

●今まで色々な人に手ほどきしたが、最初から純粋『学び合い』をした方が、一番早く、高く『学び合い』を会得される。ま、そうとう怖いだろうけど。それが一番、安全なのだから。

 これは何故かと言うことです。理由は、『学び合い』は考え方だからです。そして純粋な『学び合い』はそれを具現化するために多くの人が積み上げた一つの形だからです。自分の不安から従来指導型『学び合い』をやろうとするのには、学校教育の目的は何か?というところが甘いか、子どもの能力を低く見積もってしまっている可能性が高い。そうなると、今日の個の問題が解けるか否かで頭がいっぱいになって、中長期的にクラスをどう育てるかという軸がぶれます。また、子どもに任せることができず、結果として子ども達の能力を活かすことができません。

 もちろん最初の最初からバンジージャンプを飛べる人は少ないのは当たり前です。最初から純粋に『学び合い』をできる方の方が「変」と思います。心に不安があるならば、しょうがありません。従来指導型でも結構です。徐々にシフトしても結構です。が、当然、時間もかかりますし、途上の成果が低いのは上記の通りです。

 が、「一人も見捨てない」という最初の願いが甘いと、崩れ始めると止めどなく崩れてしまい、な~んちゃって『学び合い』になります。それさえぶれなければ時間はかかりますが『学び合い』を実践することができます。

●研究者にとって必須の能力は何か?それは師を選ぶ能力です。あの人に学べば優れた研究者になる、ということは分かりません。しかし、あの人に学べば絶対に研究者になれない、ということは分かります。残念ながら、それがないために潰れていく研究者の卵がいかに多いことか。でも、ちょいと調べれば分かることなのに、それを怠ったためなのですから、因果応報とも言えます。

 について、ではどのように判断したらいいか?という質問です。

 まず、その人の能力はちょいと調べれば分かります。特にインターネット社会だったら。その人の名前と業績というキーワードで検索すれば業績が分かります。もし、それが検索できないとしたら、それは業績があるのだがインターネットで検索できない、というのではなく、業績が無いということを意味します。現在の研究者で業績の公開することを求められない人はまずいませんから。

 ただ、その業績が本当に業績なのか、否か、は業界の人じゃないと分かりにくい場合があります。例えば「学会発表」です。これは業績ではありません。というのは、学会に所属して会費を払い続けている人だったら、だれでも発表できます。また、大学名を冠した学術誌は基本的に業績ではありません。一般には、そのような雑誌は、その大学に所属しているならばよほどのことがない限り掲載されます。もしくは、その雑誌を動かしている学内ボスに気に入られているかいないかが決定的です(このあたりは筒井康隆の「文学部唯野教授」に面白おかしく書かれています。事実ではありませんが、示唆するものは少なくありません)。もちろん、少数ながら学外者を含めた審査制度を取り入れた雑誌もありますが、これは規定を良く読まないと分からないと思います。

 学者社会に置ける業績とは、その分野の広い範囲の研究者から一定のプロセスで評価を受けた学術業績を業績と指します。したがって、上記で例示したものが麗々しく表記されている場合は、疑問に思った方が良いかもしれません。なお、上記は学術研究者の業績です。実務経験を評価された研究者は、その業績で評価されます。また、研究者以外の場合は、その業界での業績で評価されます。いずれにせよ、ちゃんと調べれば分かると思います。

 次に人物的な評価です。これは難しいし、時間もかかります。限られた時間で見いだすことは困難でしょう。でも可能です。私の場合は、古くからの仕事仲間がいるか否かで評価します。どれだけ、その人のために汗を流してくれる古くからつきあいのある人がいるか否かです。

 短期的なことだったら舌先三寸でなんとでも誤魔化せます。また、利害関係を共にしていない野次馬は、その場の雰囲気でどうとでも転びます。が、利害関係を長く成立させるためには、その場その場で利害関係を調整し続けることが必要です。それが大人社会における「誠意」だと思います。

11/11/09(水)

[]研究者の能力 22:30 研究者の能力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究者の能力 - 西川純のメモ 研究者の能力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 研究者にとって必須の能力は何か?それは師を選ぶ能力です。あの人に学べば優れた研究者になる、ということは分かりません。しかし、あの人に学べば絶対に研究者になれない、ということは分かります。残念ながら、それがないために潰れていく研究者の卵がいかに多いことか。でも、ちょいと調べれば分かることなのに、それを怠ったためなのですから、因果応報とも言えます。

[]また一校 19:41 また一校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - また一校 - 西川純のメモ また一校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、地元で『学び合い』で学校づくりをすることを決めた学校に最初の手ほどきに参りました。

 なんか良い感じです。『学び合い』で大事にしている、一人も見捨てないということを感覚として理解してもらえたと思います。それさえブレなければ、あとは大丈夫。最初はドキドキするのは当然です。でも、子どもたちの姿が、それを乗り越えさせると思います。

[]会議 18:36 会議 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 会議 - 西川純のメモ 会議 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 なんか会議だらけの日だったな~・・・

11/11/08(火)

[]パンデミック 06:59 パンデミック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - パンデミック - 西川純のメモ パンデミック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』だって何だって、その人の人間的な迫力が結果に影響する。人の褒め方、脅し方、そして、どんな夢を語れるか、それは結果に表れる。教科内容に対する理解も『学び合い』も発展段階になれば決定的になる。が、そんなこと言ったら、『学び合い』だって何だって、教師やっていられない人が大多数。だって、教師は日本中に100万人いる、もっともありふれた職業なんだから。ごく普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンが毎日やっているのだから。

 一人も見捨てたくない。それは子どもや保護者ばかりではなく、教師も同じ。ごく普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンも見捨てたくない。残念ながら、ごく普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンが、スーパーマン教師の本や講演を聴きながら、私もああなりたい、なろう、と考える。でもそれは、テレビのサッカーの試合を見てJリーガーを夢見ている小学生と同じ。残念ながら絶対に無理。スーパーマンだからJリーガーなのですから。

 でも、従来指導型と『学び合い』を比べたらば、『学び合い』の方が普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンでも出来るようになる。何故なら、従来指導型は教師一人で背負っているのに、『学び合い』はクラスのみんなで背負っているから。

 例えば、従来指導型はクラスのみんなに分かる説明をしようとしている。結果は、当然出来ません。そうなると普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンは、自分の力不足、努力不足と自分を責める。でも、『学び合い』は子どもの理解の多様性から、それが無理だと説明します。

 同様に、従来指導型はクラスのみんなを掌握し、やる気を持たせようとする。それも無理なこと。そりゃ、どこかの国の独裁者みたいな管理をする人だったら、一見掌握しているように見えるかも知れない。でも、それはクラスの問題が闇の中に隠れ陰湿化するだけのこと。

 『学び合い』は無理なことを求めません。一人も見捨てないということは自分の得である、ということを繰り返し繰り返し語ること。それによって、その言葉の意味が理解できる子どもが周りの子どもに声がけする。それによって一人も見捨てない集団を創り上げるのです。

 このことがより多くの教師の方々に分かりやすくする仕掛けを構想し、あるところに提案しました。それが成立すれば、超簡単に『学び合い』ができます。本当に馬鹿馬鹿しいほど『学び合い』が出来るようになります。パンデミックが起こるでしょう。

 もちろん、超簡単マニュアルでは『学び合い』の願いや考え方は伝えきれません。どんな悲惨なクラス、職場においても「一人も見捨てない」と踏ん張れるには人と人との繋がりが必要です。子どもたちの能力を信じられなくなったとき、それが信じられるようになるには、自らの実践の中でそれを乗り越えた人との会話が必要です。しかし、今、それを語れる人は日本の各地にいて、ネットワークの中で繋がっています。

 私は『学び合い』が誤解されることが怖くて、学術的な厳密性を保って伝えることを最初にやりました。それでも分かってくれる人はいました。でも、それ以上に広げるには手段が必要です。それ故に、『学び合い』の会を立ち上げ、『学び合い』の手引き書、『学び合い』の導入書を書き、ネット上に公開しました。そして、職場の関係でなかなか出来ない人のために従来指導型の手引き書を書き、ネット上に公開しました。多くの方々の強力の上に、最初の語り集や指導案などの資料を集め、公開しました。そして、現場の実践者が中心となってスタートブックが出来ました。それらのことによって、今、日本中に広がっています。

 今まで怖くて封印していた、超簡単マニュアル、それこそ何の努力もなく、印刷して子どもに渡せばいいというレベルの教材を世に出して良い段階に進んだと思います。「な~んちぇって『学び合い』」と『学び合い』の違いが分かる人は日本全国にいます。そして本当の『学び合い』の姿を見せられる人が日本全国にいます。パンデミックの用意は出来ました。フォフォフォ

 さて、それに乗ってくれるところが、ど、こ、か、と言うことだけのことです。

ogymogym2011/11/09 23:17>普通の兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンが毎日やっている
本当にその通りに思います。
自らの家庭生活を持ちながら、様々な子や親への対応に追われ、専門外の授業を持ちながら校内研修やアンケート、部活にカウンセリング等様々なニーズにそれなりに応えようとし、師匠もなくいきなりプロとして独り立ちさせられている兄ちゃん、姉ちゃん、オッサン、オバサンです^^。

jun24kawajun24kawa2011/11/10 06:34はい。だから、みんながネットワークを組めばいいと思っています。そして、すこしはプロにして世に出したいと思っているから、協働をコンセプトに上越教育大学の教職大学院のカリキュラムを構築しました。

11/11/07(月)

[]連載 09:07 連載 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 連載 - 西川純のメモ 連載 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年度の前期は日本教育新聞で半年間連載しました。後期は教育新聞で連載中です。

[]新潟市 06:50 新潟市 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新潟市 - 西川純のメモ 新潟市 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月12日に新潟市で講演します。お誘いいたします。http://bit.ly/sEwy5F

[]質問に応えて 09:00 質問に応えて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問に応えて - 西川純のメモ 質問に応えて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 佐賀の講演の際、様々な質問を頂きました。応えきれなかった部分にお応えしたいと思います。なお、皆さんから質問にお応えする前に3つのことをご理解下さい。

1) 限られた字数でお応えしているので、わかりにくいことがあると思います。その場合は、どうぞメール下さい。誠意を持ってレスいたします。みなさんが子どもたちに「分かるまで聞くのよ」と言っているのと同じです。

2) 『学び合い』は優れていますが魔法ではありません。あくまでも従来よりは「まし」だということです。現状を冷静に分析し、その上で比較して下さい。実践すれば「かなりまし」ということがおわかりになると思います。

3) 『学び合い』は「一人も見捨てず」という願いによって構成されています。従って、「多少は見捨てざるを得ない」という立場に立った論とは議論にならないと思います。

Q1  『学び合い』は「方法論ではない。考え方である。」と言われます。とっても大事にすべきことだと思いますが「あっ方法論になっている。(方法論で考えている。)」と思ってしまうことも少なくありません。分かったようで分かっていない、このことをどうとらえたらいいのでしょう。何かいいアドバイスがありましたら。「考え方」ということは、『学び合い』のさせ方にはいろいろな方法があるということですか。

A1 三つのことを自問自答して下さい。第一は「一人も見捨てず」ということです。あなたが「良し」としている「方法」は全ての子どもに「良し」なのでしょうか?子どもたちの顔を思い浮かべて下さい。我々は「一人も見捨てず」ということを実現するために、教師一人の考えではなく、子どもたちが自らの考えで解決することを大事にしています。第二は、あなたが教えている「内容」は全ての子どもが学ぶべき内容なのでしょうか?指導要領をちゃんと見直して下さい。第三は、あなたが子どもたちに強いている「方法」は「子どもたちは有能ではない」という前提で取り入れたのではないでしょうか?我々は教師がプラスアルファーするのではなく、子どもたちがプラスアルファーする集団づくりに意を尽くします。

Q2 6年社会歴史の『学び合い』押さえなければいけないポイントの多い中でどのような課題でやればいいのか。

A2 とりあえずは業者テストを参考にしたらいいと思います。課題と評価は一致することが大事です。もし、業者テスト以外で評価するのでしたら、それを参考にしてください。

Q3 数年前から導入書を聞きかじり,試行錯誤しながら『学び合い』を実践してきました。私は中学社会ですが「①全授業で『学び合い』をすべきなのか」「②中学校社会科で『学び合い』に適した課題とはどんなものか」の2つに疑問が残っています。やはり,中社では,語句自体に難しいものが多く,その取り扱いはどうすべきなのか(定着するのか)というのが気になっています。また,課題設定が難しく,いつも頭を悩ませています。

A3 その事に関しては長崎や福岡での講演で説明したことでした。「一人も見捨てず」ということさえ押さえていれば、子どもは他の子どもに聞きます。それで分からなければ、国語辞書、資料集を調べます。少なくとも聞く気の無いときに、教師が長々説明するよりは「かなりまし」です。

Q4 課題の与え方はどうすればよいのか…。易しすぎず,難しすぎず…。生徒がジャンプできるような課題の出し方はあるのでしょうか?特に,国語科の場合は。

A4 『学び合い』であろうと、従来型であろうとテストはしますよね?そのテストの問題では○×を付けられるような問題ですよね?それを課題にすればいいのです。課題と評価は一致させねば。評価しないということは、それ程大事なものではないとご自身が判断していることです。

Q5 高学年の算数では負の連鎖がおきてしまう(間違った考え方が子どもたちの間に広がってしまう)ことに対してどう対応したらいいのでしょうか。

A5 これが起こるのは、小グループの中で会話が終始し、グループを越えた情報交換が起こらないからです。そのようなことが起こったら、その事実を子どもに語り、全体で解決すべきだと語ってください。なお、答えを教卓の上に置いておけば、正解の子どもが自信を持って語れます。

Q6 45分の中に少しでも一人で考える、振り返る時間などを取りたい。時間配分は?

A6 『学び合い』の時にも一人で考え、振り返っています。これはボイスレコーダーの記録分析で明らかです。もちろん、そうしない子どももいます。しかし、そのような子どもに時間を与えても「ボー」っとしているだけのことです。「一人も見捨てない」ということを押さえれば、周りの子どもが促します。

Q7 『学び合い』で「みんなが分かる」をめざしていると時間が足りなくなってしまいます。

A7 それが起こる場合は、おそらく子どもに任せる時間が短いためです。具体的には、最初に長々と説明をしていると思います。最大で5分以内で子どもに任せなければなりません。『学び合い』は分かった人が教え、それで分かった人が教えるという連鎖ですので倍々ゲームです。時間軸と子どもの達成度は幾何級数的に増えます。逆に言えば、ちょっと時間を減らせば、その達成度はかなり下がるのです。

 おそらく課題の意味を分かってもらおうとしているのだと思います。しかし、教師には無理です。簡単な説明でも分かる子がいます。その子が周りの子どもに会話を積み上げながら伝えるしかないのです。

Q8『学び合い』の終わりの方に低位の子たちを中心に『学び合い』集団ができてしまい,その中に入れない子が遊んでしまいます。どうすればいいのか悩んでいます。

A8 その問題の原因は低位の子どもにあると思い、その子たちに「分かる子に聞きに行きなさい」と思っているのだと思います。しかし、それは無理です。むしろ問題が分かっている子を動かすことが大事です。具体的には、最後まで分からない子がいるのはクラス全体の問題であることを語ることが大事です。

Q9 子どものモチベーションの保ち方が難しい。参考になる手立てや事例があれば。

A9 その事例がどのような状態であるか分からないので、具体で語れません。が、一般的には子どもの行動は教師の心の鏡です。子どもにではなく、自らの心を見直してはいかがでしょうか?

Q10 すぐ質問してしまうところが気になる。なかなか自分で考えようとしていないのではと感じることがある。

Q11 深く考えずにすぐ友達に聞いてしまいそうですが、一人で熟考する時間は確保できるのでしょうか。

A10,11 一人で解決しようとする気がなければ時間を与えても意味がありません。が、最初は自分で解決しようとしない子どもはどうしようもない。でも、周りの子どもが会話を積み上げながら、本当に分かるとはどういう事かを分からせなければなりません。

Q12 子ども集団づくり(仲間づくり)の中で教師が子どもたちを認める場面は多く見られるが、子どもたち同志認め合える場面というのも必要だと思いますが、教師の声かけの他にあれば教えて下さい。

A12 一人も見捨てるな、ということを繰り返し語り、自分自身にも語りかけてください。そして、駄目な子を見るのではなく、一人も見捨てたくないと行動している子どもを見いだし、それを全体の前で褒めてください。

Q13 「教えて」と言える雰囲気づくりは大切だと思います。しかし,小学生の場合,ほめられるととにかく誰にでも教えたがると思います。相手が考え中で「教えて」と言わない時は,言われるまでは教えずに待つ。「教えて」と言われたらとことんあえてがわかるまで教える…。といったルールはないのでしょうか。

A13 というルールが当てはまる場合もありますが、そうでない場合もあります。細かいルールを教師が決めると、形骸化した行動になります。「一人も見捨てず」を求め続けてください。そして、本当に分かるとは何かを自問し、それに対応する課題を与えて下さい。そうすれば子どもは解決します。

Q14 T・T担当で担任がT1,私はT2ですが,授業の中でのT2の役割は,子どもの考えを聞いて広めたり,担任に伝えたりすること以外どんなことがあるのでしょうか。子どもたちに直に役立ってないきがしますが。

Q15 学校において算数科ではTTの教師2人の体制を取っています。『学び合い』の算数の授業においてT1やT2が子どもたちにとってうまく機能する考え方や方法があれば教えてください。

A14、15 最善は、先生同士が立ち話することが出来るというのが『学び合い』に置けるTTの意味です。つまり教師同士の『学び合い』の場だと思ってください。

Q16 学力テストのB問題のような応用力をつけるにはどうすればいいか?(『学び合い』で)対策問題をする以外で。

A16 質問の意味が分からないのですが・・・・。B問題は深い理解が必要です。そのためには対話が必要です。従って、B問題に対応した課題を『学び合い』でやることが有効だと思います。

Q17 特別支援教育に力を入れている学校で,研究授業において教師から子どもたちへの視覚的支援や低位の子へ向けての援助カード作り等,様々な手立てが打たれています。『学び合い』の考え方とこれらをどう折り合いをつけていけばいいか教えてください。

A17 おりあい、のことは私には分かりません。その場におられる方々が議論の中で作り上げるものです。ただ、一つのことを考えてください。特別支援学級の子どもにとって何が一番大事でしょうか?それが義務教育を終えたときに、相談できる仲間(健常児を含む)を何人持てるかということだと思います。様々な手だてを提供することは結構だと思います。しかし、それを使うか使わないかは子ども達集団に任せて欲しいと思います。その手だてが、子どもを他の子どもから隔離する結果を招来するとしたら、それは「悪」だと私は思います。

concert3concert32011/11/07 09:09迅速かつ丁寧な対応ありがとうございました。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/07 10:12本当に西川先生はすごい方だと思います。私も先生のような人になりたいです。

jun24kawajun24kawa2011/11/07 20:40concertさんへ
 アフターサービスよろしくお願いします。
sakusakuさんへ
 あははは。私は凡夫です。

11/11/06(日)

[]学会発表 10:40 学会発表 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学会発表 - 西川純のメモ 学会発表 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生が学会で発表しました。このレベルのことに関しては、ゼミ生集団で完全に自主的にやっています。私は何も指導していません。が、入って半年のゼミ生を含めて素晴らしいものです。もちろん、質疑応答になると、ちょいと不安になる部分はありますが、あれば場数を踏まない限り無理です。しかし、それ以外の部分は実にレベルが高い。誇らしいと思います。

 これが研究室の文化、だと思います。

[]千葉の会 10:34 千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 千葉の会 - 西川純のメモ 千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今月26日に千葉市で『学び合い』の会があります。http://bit.ly/tYpbjg

[]母ちゃんとの会話 09:16 母ちゃんとの会話 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 母ちゃんとの会話 - 西川純のメモ 母ちゃんとの会話 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は8日ぶりに家に帰りました。息子と一緒に風呂に入って、家内の料理で晩酌しました。その時の会話です。

 私は家では仕事の話はしません。もちろん『学び合い』のことも。そして無口な方です。ですので、私が全国に講演によばれることが不思議に思っているようです。一度、「ぼそぼそ話すだけのあなたを呼んで、よんだ人が迷惑するじゃないの?」と言われたことがあります。

 その家内が出張中に本屋に行きスタートブックをじっくりと読んだそうです。本日、そのことが話に出て、「とても大事なことだからもっと広がればいい」と言われました。そして、「あなた抜きでね」と言われました。同感です。笑いました。出張中、だいぶ苦労をかけました。

karakusa01karakusa012011/11/06 23:40いやー素敵な奥様ですね。僕は仕事の愚痴も『学び合い』もいろいろ妻に話します。共感、異論、反論いろいろ…ケンカにもなりますが…それがまた(笑)

jun24kawajun24kawa2011/11/07 06:53いや~。すんばらしい。私の場合は家内から色々言われると落ち込むので、家では無口で過ごしています。

11/11/05(土)

[]帰れる 06:00 帰れる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 帰れる - 西川純のメモ 帰れる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 一週間以上の出張の最終日です。嬉しい。午前中は学会です。

scorpion1104scorpion11042011/11/05 08:27お疲れ様でした。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2011/11/05 17:42こちらこそ、ありがとうございました。

11/11/04(金)

[]VIEW21 中学校 17:01 VIEW21 中学校 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - VIEW21 中学校 - 西川純のメモ VIEW21 中学校 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ベネッセが発行し全国の中学校に配布している「VIEW21 中学校」に『学び合い』が紹介されています。実践校の中で松川と東与賀が『学び合い』実践校です。http://bit.ly/unR1e6

[]久留米 15:19 久留米 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 久留米 - 西川純のメモ 久留米 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 人権・同和教育の視点から学校として『学び合い』に取り組んでいる福岡県久留米市の竹野小学校の研究発表会が11月10日にあります。お誘いします。http://bit.ly/uxODNA

[]堺 11:30 堺 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 堺 - 西川純のメモ 堺 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 堺の同志のクラスを参観いたしました。可愛い子どもたちです。これからどんどん伸びそうです。素晴らしい集団になって中学校に進学して欲しいと願います。

[]山は動いた 06:23 山は動いた - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山は動いた - 西川純のメモ 山は動いた - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が『学び合い』で最初に福岡で講演したのは平成21年です。それから2年。昨日は『学び合い』福岡の会がありました。山は動いた、と感じました。もう大丈夫です。あとは時間の問題だと思います。

[]成績を上げる 06:23 成績を上げる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 成績を上げる - 西川純のメモ 成績を上げる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』で成績を上げたいならば、本気であげたいと教師が願って欲しい。人間関係向上だけを願っている限りは、成績は上がりません。だって、与える課題が「深い読み」というような訳の分からん課題を含めるようになりますから。

 業者テストで表される学力を上げたいなら、業者テストに準拠した課題を与えなければならない。全国学力調査によって表される学力を上げたいなら、全国学力調査に準拠した課題を与えなければならない。そして、それらを越えた、どんなはかり方でも高得点を確保したいならば、当人が本当にやる気になるしかありません。

 しかし、これには家庭の影響が大きい。従って地域性が大きく影響します。それを乗り越えてそのレベルの成績を上げたいと思うならば、そのレベルの志を子どもに与えなければならない。自分のため、というレベルの志では人と繋がれない。市や県や国レベルの志を子どもたちに与えなければならない。でも、こどもにそれを与えるならば、教師自身がそれに恥じない行動をしなければならない。教材をいじくるレベルでは、永遠にそのレベルの志に火を付けることは出来ない。だからといって無茶をしなくても良い。その方向性で自分の出来ることをやればいい。

 どんなことも、もちろん『学び合い』も、本人のやる気に火を付けられるか否かがポイント。一人残らず全員の子どものやる気に火を付けるには、高いレベルの志が必要。

maya-1maya-12011/11/04 14:58西川先生 ベネッセの VIEW21 中学校がアップされました。

jun24kawajun24kawa2011/11/04 16:59早速紹介します。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/04 17:17「VIEW21 中学校」さっそくプリントアウトしてクリアファイルに綴じました。そしてお隣の研修主任の先生にお知らせしました。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/04 17:21そして今、研修主任の先生に回覧することの了解を得て、簡単な説明の表紙を作っているところです。

jun24kawajun24kawa2011/11/04 17:21あと校長先生はいっていると思います。

tontan2tontan22011/11/04 20:09西川先生! 昨日は「福岡の会」です! たぶん。

jun24kawajun24kawa2011/11/04 20:29あははは
きっと、潜在意識が書かせたんですよ。ありがとうございました。

kogapon7kogapon72011/11/05 20:23西川先生、昨日はありがとうございました。
子どもたちのいきいきした姿を見て、ぼくももう一度
心を新たにしました。
出来の悪い同志でほんとうにすみません。
次こそは、結果を出します!

jun24kawajun24kawa2011/11/06 08:22スマイルと課題の立て方、それをやれば4週間以内に結果が出ますよ。期待しています。

maru3110maru31102011/11/15 20:42遅ればせながらVIEW21、学校に届いているのを発見しました。職員室の教育雑誌用書棚にあるのを見て、ビビビが走りました。

jun24kawajun24kawa2011/11/16 06:27教育新聞、日本教育新聞など、我々が注目されています。武器としてお使い下さい。次はウータンです。

11/11/03(木)

[]願いは一つ 05:31 願いは一つ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 願いは一つ - 西川純のメモ 願いは一つ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日と一昨日、佐賀県多久市の西渓中学校と緑が丘小学校にお邪魔しました。両校とも全ての先生が全ての教科で『学び合い』を取り込んで実践をされています。地方の学校の子どもにありがちな「控えめ」な子どもはなく、実に活発に、自信を持って勉強していました。ま、それが子ども本来の姿ですから。でも、それをちゃんと授業中にも表出できるところが素晴らしい。

 先生方の授業を見ると、昨年度より実践されている方と、本年度に異動された方の授業には違いがあります。そりゃそうだ。『学び合い』をいきなり見たら、変、と思うのが当然です。が、その方々も『学び合い』を実践しようとされています。これは校長の指導力と職員集団の凝縮力のたまものだと思います。私がワクワクしているのは、異動されたばかりの先生方が、本人は意識していないと思うのですが、本格的に実践すれば発展段階に直ぐに行きそうな先生方が多いのです。従来型であろうと『学び合い』であろうと、子どもは教師の心を見透かし行動します。愛と確信を持って語れば、子どもは凄いことをするのです。

 先生方が悩まれていることは同じです。今まで多くの方々が悩まれたことを今悩まれています。それらに対して、一つ一つお話ししました。でも一番大事なのは願いです。目の前にいる子どもの一人も例外なく幸せにするためには、半径数十キロ範囲に悩みを相談できる仲間を数十人与えることしかありません。そのことは伝わったと確信します。

 あと数年の内には、多久市の子どもたち一人残らず、多感な9年間、自分は見捨てられないという確信の中で育つ環境が成立するであろうことを確信しました。

 佐賀を出発して福岡に移動します。本日は『学び合い』福岡の会です。

concert3concert32011/11/05 09:40先生方の悩みに一つ一つ丁寧にお答えいただきありがとうございました。同じ質問が出されても、誰にでも同じように繰り返して語られる姿に、一人も見捨てないという西川先生の願いを感じました。

jun24kawajun24kawa2011/11/05 17:42それが私に出来ることですから。あなたに出来ること、期待しています。

11/11/02(水)

[]意味不明 22:48 意味不明 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 意味不明 - 西川純のメモ 意味不明 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 おそらく以下のことは何か、分かる人は殆どいないでしょうね。あくまでメモです。

 田舎の学校で家庭訪問をします。一人の子どもの家でお菓子を食べたら、訪問先の全ての家でお菓子を食べなければなりません。一人の子どもの家で食事をしたら、訪問先の全ての家で食事をしなければなりません。そういうものです。

 一つ一つの家では、「ま、いいじゃないですか」と言うでしょう。「なんで堅いこと言うのだろう」と言うでしょう。そりゃ、自分のところだけのことを考えれば、意固地に思われます。でも、教師たるもの「依怙贔屓」は駄目だし、それを疑われても駄目です。自分にはその子ばかりではなく数十人の子どもがいます。気持ちとして「その子」が好ましいと思っても、基本的な一線をぶらしたらば全てが崩れます。

 全ての菓子を食べ、全ての食事を食べたら、健康を害します。

[]佐城教育事務所 08:37 佐城教育事務所 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐城教育事務所 - 西川純のメモ 佐城教育事務所 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 佐賀県、また、近隣県の皆様へ。また『学び合い』に興味のある教育行政の方へ

 佐賀県の佐賀市、多久市、小城市を所轄する佐城教育事務所をご案内します。超明るい槇原所長を中心とした教育事務所です。HPhttp://bit.ly/rtvpz4)をごらんになればおわかりだと思いますが、「はい、喜んで!」という、とても教育行政機関とは思えない事務所です。CRプロジェクト(授業革命プロジェクト)という名前で、地域の学校に『学び合い』の支援を行っております。事務所の指導主事の方々はいずれも『学び合い』の手ほどきに経験豊富な方々です。また、『学び合い』で学校づくりをしている小学校、中学校の紹介もしています。紫村指導主事(同志です)が窓口です。

 HPに公開しているパンフレットにこう書かれています。

 佐城教育事務所は街の小さな定食屋。メニューにない課題や悩みにも支援します。電話一本で支援に伺います。

 連絡すれば、「はい、喜んで!」と対応してくれますよ。

追伸 昨日は事務所の方々といっぱい話して、笑って、飲みました。

sakusaku0428sakusaku04282011/11/02 21:39今月の下旬に、県の教育委員会の方やU市の教育長さんをお迎えして授業をみていただくチャンスがいただけそうになってきました。もちろん「共同体」さんではなくて『学び合い』の授業をおこないます。
ワクワクしてきました。
その前に、スーパーアドバイザーの元校長先生をお迎えして行う研修会がございます。こちらもワクワクしています。

jun24kawajun24kawa2011/11/02 22:33あははは
その際、佐城に佐城発の佐賀の資料を送ってもらうのです。さらに紫村さんの連絡して久留米と繋がって、福岡の資料をもらうのです。行政は行政の実績を求めます。多様な人の能力を借りる、あなたが子どもに言っていることですよ。

11/11/01(火)

[]同志 22:22 同志 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志 - 西川純のメモ 同志 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志には様々な立場の方がいます。でも同じ部分があります。

 とにかく何かをしたいという方です。そして、キャラはどうであれ、熱い方です。封印していても分かります。

 逆に、今の段階では語っても無理だな、と思う人(今の段階ですよ)がいます。共通点は子ども「たち」の能力を認められない人です。その人が語る子どもは集団の中で問題児なのです。私がそうでない子もいるでしょ、といっても無理です。

 同志になりそうだな、と思う人は、私の馬鹿話を温かく聞いてくれます。でも、聞き流す人もいるかもしれません。でも、私の語る姿が素敵だと思ってくれます。私の言うことことが可能かと言うことは決定要因ではありません。それが実現したら、素敵だと思っていただければ、わたしの同志なのです。そして、そのために何ををしてくれれば本当の同志です。

[]佐賀 21:57 佐賀 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐賀 - 西川純のメモ 佐賀 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』に関する佐賀におけるお仕事の初日です。一日、お仕事です。

 『学び合い』に対する批判も多い。しょうがありません。日本の教育を守っている常識的な考えの方々がそれを批判するのは当然です。と理解しているのですが、正直辛い。その人を本質的に憎めない人に批判されるのは辛い。が、耐えられます。

 日本には多くの教育研究者がいます。アカデミックの業績を積み上げた人がいます。そしてその中で学会賞や博士の学位をいただいた方がいます。私もその一人です。でも、その中で自分の考えを現場の先生方に守ってもらえる人が何人いるだろうか、と不遜に思います。

 自身の勤務する以外の都道府県の人に支持してもらえる人が何人いるでしょうか?それも実際にその人の理論に基づいて実践してもらえる人が何人いるでしょう?教育は実践を伴ってなんぼです。批判するだけなら、ど素人でも出来ます。批判を同調するのは教員でも一般の人でも簡単です。でも、みずからがそれに基づいて行動するのは大変です。多くの人から批判を受けていますが、私には共感しもらい自らの変えてでも実践してくれる教員は一杯います。そして、その仲間にはベテランも、中堅も、若手も、そして教員志望の学生さんもいます。そして、保護者も、企業の人もいます。有り難いと思います。その人達のエネルギーをもらっているから、直ぐにでも引きこもりたいと思っている私が偉そうなことを自信たっぷりに語れるのです。

 本日、素晴らしい学校の教師と子どもたちの同志に出会いました。そして、若手、中堅、ベテラン、管理職の同志に出会いました。多様です。でも、同じ志を持っています。一人も見捨てない、という志です。もちろん、それが出来る!と確信しているとと、理論上可能だと思っている人と、不可能かもしれないけど出来たら素敵という人もいます。でも、目指すべき方向性は一つです。 みんな語れば、若い息吹を感じます。それに刺激され、オジサンの私も若くなれます。出張は辛いけど、体は疲れるけど、心のエネルギーはいただけます。

 みんなみんな愛しいしいし、頼もしい。感謝です。

追伸 福岡の会はhttp://bit.ly/sTFdiC です。

追伸2 ゼミ生のみんなを賞められたよ。嬉しい。私も自慢をいっぱいしたよ。

concert3concert32011/11/01 23:39 本日は,早朝から佐賀県の教員と子どもたちのためにご指導・ご講演いただきありがとうございました。午前中の生徒さんへのお話に感動し,授業での生徒さんたちのがんばりに感動し,午後はご講演に感動し,夜は会の熱気に感動し…と感動しっぱなしの夢のような一日でした。揺さぶられた心はしばらくおさまりそうにありません。
 また,午後の研修会では,公演後,たくさん出てきた本音の質問に,笑いを交えながら丁寧に分かりやすくお答えいただきありがとうございました。
 「一人も見捨てない」という志をもって今後も精進していきます。
 明日もよろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2011/11/02 06:00ラジャー!
わたしもエネルギーをいただきました。