西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/09/10(土)

[]教材研究 07:00 教材研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教材研究 - 西川純のメモ 教材研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日、ある先生と立ち話で相談を受けました。内容は発表するする力を育成する授業をどう組み立てたらいいか?ということです。

 大抵の先生の教材研究は、どのような教材・教具を使って、どのように発問し・・・・ということに意識が行きます。でも、そんなことはどうでもいいことです。というのは、人間にとって最大のツールは人間なんです。だから、どんな他者と繋げたらいいかを考えればいいのです。

 そして、発表する能力を育成したいと教師が願っても、それは子どもの願いにはならない。なぜなら必然性が無いからです。だから、達成したいことが子どもの必然性になるにはどうしたらいいか?ということに頭を使うべきです。例えば料理学校の教師が学生に千切りを学ばせたいと思ったとします。普通だったら、千切りを正確に出来るためのスキルアップの方法を考えます。でも、それ以前に、千切りを覚える必然性を与えることの方が大事です。具体的には、千切りがうまいか下手かで、料理の味がまったく変わる料理は何か?を考えるべきです。その料理をつくれば、千切りを覚える必然性が生まれます。あとは、教師がスキルアップを教えなくても、それが書いてある本を置いておけばいい。集団のごく一部はそれを読むでしょう。そして大多数は、その少数が読み取ったスキルを耳学問するのです。

 私が例示したのは三つです。第一は、地域活性化の案を考えて、地方選出の議員に発表するという案です。第二は、発表の仕方が分かる資料をつくり、それを下級生に発表するという案です。第三は、第二を発展させ、上級生にも発表するのです。そして、下級生と上級生への発表の仕方の違いをまとめさせるという案です。ま、その場の思いつきレベルですが。