西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/08/27(土)

[]褒める 06:13 褒める - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 褒める - 西川純のメモ 褒める - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は『学び合い』を始めた人にアドバイスするとき、「褒めなさい」とアドバイスします。『学び合い』の初期段階では2割程度の子がものすごく頑張っているのです。ところが、『学び合い』初心者は頑張っている子ではなく、駄目な子に目がいきます。そうなって叱ります。しかし、頑張っているのに評価されない2割はやがてやる気を失ってしまうのです。だから、駄目な子ではなく、頑張っている子を褒めましょう、とアドバイスします。

 ところが私は殆どゼミ生を褒めません。ゼミ生が褒めるだろうな、と期待して報告しても、「それは織り込み済みのこと、あなたの達成すべきは・・」と語ります。

 理由は、集団が形成されているからです。それ故、私が褒めずとも、仲間が褒めてくれる。そして、関わっている外部の人たちから褒めてくれる。そして我がゼミは集団としてかなり有能だと信じています。大多数の人は褒めて成長します。しかし、本当に有能な人は駄目だと言われて成長します。だからです。

 が、気づかれぬように、感激の涙を流すことは少なくありません。彼らの達成したことで感激するレベルになるのは、それは2年間の積み上げの最後の段階です。しかし、それをなそうとするために心、そしてそれの鏡である行動に関して、感激することがあります。私が忘れてしまった「志」を呼び覚ましてくれるときです。

 今、我がゼミは爆走しています。目標は与えました。評価は「駄目だし」です。環境の整備も手を尽くしました。残っていること、それは集団としての健全性を維持することです。そのための集団としての評価です。

 我がゼミが1年間でなす事の凄さを想像すると、畏怖を感じます。

dai42takadadai42takada2011/08/27 13:41「評価とは見続けること」は短いけれど深い言葉ですね。私の職場の中心となるTさんは,褒め上手だと感じています。だから職場はとてもよい雰囲気ですし,どの先生も気持ち良く働けている気がしています。N先生の「褒めなさいとアドバイスします。」というご指摘の通り,職場の中で学び合える雰囲気があるのは「Tさんが褒め上手だからかも?」と思い始めました。ただ,とても優しい人なので,厳しさが足りない気がします。そういう意味では「目標に達していない場合(人)には,褒めながらも厳しく評価をすべきなのかな」と考えています。

jun24kawajun24kawa2011/08/28 09:55『学び合い』では教師がことさら罰したりはしません。それを達成しなかった場合、失うのは自分自身であることを気づかせるのです。