西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/08/25(木)

[]心 06:42 心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 心 - 西川純のメモ 心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日までお二人の研修者がいました。お二人に伝えたこと、それは「心」で勝負だと言うこと。子どもは教師のテクニックや話術を見ているのではない。子どもは教師の心を見ている。そして能力を見ている。

 心は見えるもの。人は様々な仕草、表情、声の抑揚をします。それらを長期間観察し、一貫するものが心です。能力は見えるもの。それは自分(子ども)たちが望むことを実現するために、いや自分たちが思いもしないようなことを実現するための能力は、現実にそれが実現できるか否かで分かるもの。

 『学び合い』の場合、その心とは「一人も見捨てない」という心、そして、それを実現するための学校観、子ども観。『学び合い』の場合、その能力とは、高い志を維持することによって、高い志を持つ多様な人と繋がり、その能力を借りる能力。誰でも出来ること、でも、それを維持し続けるにはネットワークが必要。

 教諭と校長(部下と上司)に置き換えれば、理の当然の話。

[]醜悪 06:42 醜悪 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 醜悪 - 西川純のメモ 醜悪 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』が分かると、今まで良しとしているものが悪しきものに見えてしまいます。善意の尊敬すべき教師の言動が醜悪に見えてしまう。

 昨日、テレビを見ていたら素晴らしい指導力で高い成果を上げている部活、そしてその顧問の先生が映されていました。一つ一つの言動を見ていると、「全ての子どもの成長のために全国優勝」ではなく、「全国優勝を実現すれば多くの子どもの成長に繋がる」と思っているとしか思えないのです。そして部員の多さを見ると、「あ~、これじゃ1割強の子どもがドロップアウトしても、優勝を目指せるな~」と思えるのです。

 事実かどうか正確に分かるわけでもなく、失敬だと思うのですが、テレビに映し出される微妙な言動の集積は、それを指し示し、私には醜悪に見えてしまう。難儀なものです。

tontan2tontan22011/08/25 21:56私もよく「学び合い」が持続できるかどうかは教師の「信念」と言うことが多いのですが、そういわれるとうまくいかない教師は「信念」が足りないみたいで、それはまるで宗教みたいだと批判されることがあります。でも私は今後もそう言い続けようと思っています。私もテクニックはそれなりにあるのだけど、最終的に何が子どもを動かすのかというと教師の信念でしか言いようがありません。
教育の「信念」を創り上げてことが「教師」なのでしょうね。40過ぎて、迷わずそう言えるようになりました。私も教師と教師との関わり方が大事だと強く強く思います。

jun24kawajun24kawa2011/08/25 22:17はい。色々な人がいて、いいんです。愚直に、頑固に言う人。そして柔軟に当たりの軟らかい表現を言う人。あなたも、前者の人なんですよ。あははは