西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/08/16(火)

[]時間 06:16 時間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間 - 西川純のメモ 時間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はゼミ生を殆ど叱りません。からかう程度ですだってしょうがない程度ですからしかし、例外的に本気になって叱ることの一つは、発表時間を守らないことです

 客観的に見ると、それより重大なことをしても呆れて、からかう程度なのに対して、発表時間を守らないと叱ります。理由は、発表時間を守らないという原因にある心があるからです。発表時間を守れない理由は二つあります。第一は、話の組み立てを考えていないかです。思いつきのレベルを、牛のションベンのようにだらだらと語っているようです。これは相手に対して不誠実です。第一の原因だけだとしたら、話の途中で切れば良いだけのことです。ところがそれをしないのは、自分の話がとてつもなく大事で、他の人の時間なんてどうでも良いほどであるという不遜さがあるからです

 だから、今まで聞いた講演・発表で時間が守れなかったものでよかったものは一つもありません。もちろん、時間が守れたら素晴らしいかと言うことではありません。しかし、時間が守れなかったものがよいものでないことには例外はありません。

 そのため、世のしがらみのある仕事から離れて久しい人と一緒に仕事をするのは大嫌いです。なぜなら時間を守らないかです。最悪なのは、その人の後に仕事をすることです。大抵は、時間を大幅にオーバーします。結果として、自分の話(その話の組み立てに時間をかけた)をはしょらなければなりません。

 自戒です。もし、私が講演時間を守らず、そしてそれを本気に気に病んでいないようになったら、それは脳軟化症が始まったという証拠です。もし、そうなったら、この日のメモを見せて下さい。おそらく、何のかんのというかもしれませんが、本人(つまり私)は自覚します。

追伸 だから、私は立川談志さんの最近の話は大嫌いです。他のどなたが褒め称えても、私には聞くに堪えない。醜悪さを感じます落語協会所属していた頃の立川談志さんは本当に天才だと思います。芝浜、黄金餅死神などは絶品でした。世のしがらみをものともせずにいる状態になると、よほどの人間でないと甘くなります天才であっても、ぎりぎりまで自分の話を組み立て、そぎ落とす営みがなければ、ひどい話になります。そして、その傲慢さと手抜きの心は話に現れます天才ならず凡夫なればなおさらです。これまた自戒です

FlipperKFlipperK2011/08/16 20:55 自分のことのように読ませていただきました。と、いうか、心の中で滝のように冷や汗がながれています。

takami_swctakami_swc2011/08/16 21:23同じです。自分のことかどうかはさておき,大なり小なり同じような不誠実は思当たります。自戒,自戒ですね。

jun24kawajun24kawa2011/08/17 06:20あははは
メモで書いたようにお二人ではありません。
ただ、自戒に生かしていただければありがたい。