西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/07/31(日)

[]特別支援 18:23 特別支援 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援 - 西川純のメモ 特別支援 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 特別支援教育には様々なアプローチがあります。その子を変えようとするアプローチがあります。おそらく、現状の大多数です。そして、保護者を変えようとするアプローチがあります。大事なことです。

 でも、『学び合い』は普通の教師が出来ることをします。普通の教師は特別支援の原因となっているような保護者を変える力はありません(おそらく)。医者でも大変な先天的な発達障害を普通の教師が変えることが出来ません。(これは断固として)

 『学び合い』で一番大事にしていること、それは一人も見捨てずに、です。保護者を変えることが出来ない、先天的な発達障害を直すことが出来ない、普通の教師でも出来ることがあります。それは全ての子ども(当然、その中には特別支援の必要な子どもも含まれます)に、その子を理解し、折り合いを付けてつきあい続けてくれる仲間を与えることです。

 知的障害と医者が診断する子どもが『学び合い』によって、テストでほぼ満点を取る事例はあります。そして、かなりの成績向上が見れらる事例は少なくありません。というより、現在、教室で大量生産されている特別支援の必要な子どもは、余裕のない学校が産み出した子供であって、何らかの発達障害があるのではなく、要は手がかかる子にすぎません。だから、『学び合い』だったら8割以上は解決できると見積もっています。

 でも、そんな『学び合い』でも何とも出来ない子どもは少数います。でも、その子にも仲間を与えることが出来る。というより、同僚を与えることは出来る。それによってその子は幸せになります。そのために必要なことは、全ての人は特別な支援を必要としている人であるという理解です。その「特別な支援」のごくごく一部を「特別な支援の必要な子ども」と分類するにすぎません。それでは「変な子」、「可哀想な子」、「困った子」と思われてしまう。そこには出口はない。

 みんなが特別な支援を必要としている人であるという理解を「みんな」が持てば、みんなが幸せになれる。これをより早く、より広く、より多くの人に伝えたいと願います。

追伸 私は小学校3年までは担任教師からは知的障害と分類されていました。

HirarinHirarin2011/07/31 11:22我が魚沼市は大打撃でした。地域の簗場全壊、床上浸水も多数出ました。水は恐ろしいです。でも水は生活資源なんですよね。

jun24kawajun24kawa2011/07/31 18:06こころよりお見舞い申し上げます。

takami_swctakami_swc2011/08/01 05:10特別支援教育についての日記。とてもよく理解ができました。
今の特別支援学級の子どもたちのために,もっといろいろなことができそうな気がします。

jun24kawajun24kawa2011/08/01 05:35はい。したたかにやりましょう。

scorpion1104scorpion11042011/08/01 20:42遠い日のN川少年に思いを馳せてしまいました。

そして、目の前の子どもたちの大いなる可能性をさらに信じます。

jun24kawajun24kawa2011/08/02 06:04そう。明るく行きましょう。自分の幸せに人を当てはめるのではなく、一人一人の幸せがあり、それをみんなで実現する社会を目指しましょう。