西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/07/02(土)

[]吟味 21:46 吟味 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 吟味 - 西川純のメモ 吟味 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、息子の宿題をチェックしていながら、残念に思います。小学校の算数の多くは筆算が占めています。息子には大事だよ、と「嘘」を言いますが、全く無駄だと思います。成人してから筆算したことなんてありません。数の性質を学ぶと言うことに、どれだけ筆算が必要なのでしょうか?

 テレビを見ていると漢字の書き取りのためのノウハウが放送されていました。それほど必要とは残念ながら思いません。言葉というのは、伝える人と伝わる人の両方が分かってなければ意味がありません。それほどの感じが必要であるとは思えないのです。明治初期の本を読める人がどれほどいるでしょうか?その当時の漢字を常識だと言い放って、それが分かる大人がどれほどいるでしょうか?

 私のもともとの専門は理科教育学です。過去の様々な論文を読んでみて、「これこれは必要である」という論文は山ほどあります。でも、「これこれは必ずしも必要ではない」と書いてある論文は殆どありません。「必要だ」と言うのは楽です。「不必要だ」というのは見識が必要です。

 そもそも、現在の学校で教師が忙しいのは、書類の多さです。でも、それらは、なんか事故がある度に小役人作成するマニュアルに由来します。対策を講ずる方が楽です。対策を削減するのには勇気が必要です。残念ながら、それを出来る人が殆どいません。

 ドラッカーは、生産性の低くなったかつての成長部門を廃止することが大事だと言っています。残念ながら、教育において、それはなされていません。だから、『学び合い』のことはさっさと終わらせて内容論の吟味に移りたいのですが。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/07/03 05:19昨日はありがとうございました

他の教授の講義も参加させて頂きましたが、大変、勉強になりました

宮城の大学院での講義にも参加するつもりですが、上教大の講義にもまた参加できれば嬉しく思います

ありがとうございました!

jun24kawajun24kawa2011/07/03 06:41我が同僚は、自慢の同僚です。