西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/05/15(日)

[]手引き書 06:48 手引き書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 手引き書 - 西川純のメモ 手引き書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近、『学び合い』の手引き書(中級編)の短縮版を書かねばならないかな~・・・・っと思っています。

 『学び合い』の導入段階は、『学び合い』の手引き書(短縮版)を「そのまま」やればほぼ確実に実現できます。そして、分からないことがあったら、人に聞けば良いだけのことです。導入段階の子どもの姿は「素」です。だから、子どもには素を出して良いよ納得させれば良いだけのことですので、ばかばかしいほど簡単です。

 しかし、導入段階から充実段階・発展段階に進むには、教師の力量が必要です。もちろん、教科の力量も必要になる場合もありますが、何よりも『学び合い』の考え方が分かる必要があります。導入段階に入れば、今まで悩んでいた子どもたちの人間関係が改善され、どうしようもないと思っていた子どもにも光が当たります。そうなると欲がわいてきます。そこでです。『学び合い』の考え方がしっかりしていないと、その解決を「教材」とか「指導法」に頼ってしまいます。そうなったら元の木阿弥になってしまいます。

 『学び合い』の考え方がしっかりしていれば、「そんなことは自分には解決できない」と思います。そして、その問題を子どもたちにハッキリと語り、その解決を求めるという方向になります。そこで「教材」や「指導法」を利用する場合も、教師である自分が利用するのではなく、それらを子どもたちに提示し、それを利用するか否かの選択の権利を与えます。『学び合い』の子ども観がどれほどの意味があるか、それの理解の深さが必要となります。

 また、目前の問題に目が奪われて、学校教育の目的は何かということを忘れてしまいます。そうなると、個別対応に走り、結果として軸がぶれてしまいます。そうなれば、子どもがその教師の言うことを信じられなくなります。『学び合い』の学校観がどれほどの意味があるか、それの理解の深さが必要となります。

 このあたりのことを書いた手引き書の中級編を書かねばと思い始めています。ま、それだけ導入段階を脱しつつある人の数が多くなったということです。

ghjalghjal2011/05/16 21:30中級編が必要。ずっとそう思っていました。自分的には、スタートブックの次が必要。なんて名前かな?コンティニューブックのようなもの。そして、ここで教師の力量の真価が試される。そんな気がします。

jun24kawajun24kawa2011/05/16 21:53最終的にはそれはコミュニティーの中にあるべきですけど、いましばらくは。