西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/05/03(火)

[]サテライト講座 10:35 サテライト講座 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - サテライト講座 - 西川純のメモ サテライト講座 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨年に続き、教職大学院のメンバーと地元大学と協働して公開講座をします。私も6月18日に新潟大学で、7月2日に中越で講演します。お申し込みはお早めに。http://j.mp/iHBhZV

moripimoripi2011/05/03 19:56先日、子供の通う小学校の参観日に行きました。各学年1クラスしかありません。しかし導入は3年前で今は全クラスで1台あり、授業に使われています。電子黒板が見えない配置にいる子が数名います。先生の授業はこればっかりの話でおもしろい話が無いから授業が分からなくなってきたと言ってます。長男の頃に1台導入され、子供の興味をそそった電子黒板クン、なんだかんだと言っても普通の黒板が白く変化し、教材作りがラクになっただけのことです。
参観日では、黒板が何となく泣いてる感じもし、教科書をみて電子黒板もみなければならないうちの小学生。学校の方針なんでしょうが哀れな感じを受けた参観日でございました(溜息)。新聞を持参して、あーだこーだ言ってるほうがまだマシとおもいましたね。

takami_swctakami_swc2011/05/04 00:57本校にもあります。電子黒板。昨年度の中ごろに一台導入されました。初めに講師の先生が来て使い方をレクチャーしみんなが「ほー面白そう」となりました。が,その後それを使った授業をやったという話を聞きません。導入されてから一度も使われていません。「一度も」です。どうなのでしょうそれって。

jun24kawajun24kawa2011/05/04 06:04ま、しょうがありませんね。教育的意味ではなく、政治的・経済的意味で導入されたのですから。

moripimoripi2011/05/04 22:26コメントありがとうございます。ゆとり教育とやらで、結局教科書そのままをスキャンすれば済むことですから。ゆとりがでたのは次女の通う学校の先生たちでした。先生方が大変なのは十分に理解しています。ただ何か原点に返ることを一度はしないと、何の方法を使っても低いレベルでの自己満足でしかないと思うんです。それも先生だけか、できる生徒だけの満足です。私のような一労働者からみたら、「ただのプレゼン」のための方法の1つで「パワーポイント」で悪いですけど笑えます。教科書を見てほしいのか、先生自身が自分をみてほしいのかな?以上電子黒板の話は終了させていただきます。失礼しました。

t-oshimat-oshima2011/05/04 22:32そうだと思います。電子黒板はなかなか使われない道具の一つだと思います。でも、一般の方に誤解があると思いますが、電子黒板を使った授業をする先生は楽していませんよ。電子黒板の授業の準備はごまかしがききませんから。電子黒板の効果は分かりませんが、使われている方々の熱意はあると思います。それを楽していると思われると・・・なんだか悲しい感じがします。ゆとりなんか出ていませんよ。きっと。

jun24kawajun24kawa2011/05/05 07:17moripiさんへ
t-oshimaさんのおっしゃるとおりです。現場教師の中で「電子黒板を使いたい!」と思っている人を見たことありません。お上のお達しで「使いなさい」と強いられるからやっています。それも相当苦労して使用方法を覚え、相当の時間をかけて教材を作らねばなりません。そして、その効果がほとんど無いとよく知っているのですが、お上のお達しだからやっています。繰り返しますが、政治的・経済的な理由で導入されたので、教師からの要望で導入されたのではありません。

moripimoripi2011/05/06 04:49お上のお達し・・・了承しました。私自身、誤解をかなりしているようです。しかし、効果がないのは子供も保護者も口に出さないだけでわかっています。いずれお蔵入りになるかもしれないモノなら、このお話は勝手ながら(当然の如く)終了させていただきます。
ありがとうございました。