西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/29(金)

[]準備は十分、結果はご覧じろ 14:14 準備は十分、結果はご覧じろ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 準備は十分、結果はご覧じろ - 西川純のメモ 準備は十分、結果はご覧じろ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は修士1年のゼミ所属が決まりました。西川ゼミには8人が所属しました。修士2年が6人、学部4年が2名、学部3年が2名と合わせて全18人の研究室が形成されました。正直、こんなに多く入ってくれるとは思っていませんでした。初対面の人をビビらせ、引かせてしまう私にも関わらずこれだけ選んでくれたのは、ひとえにゼミ生の力だと思います。

 昨年度末、ゼミ生に来年度のゼミの方針を伝えました。我がゼミはクラスの子どもがみんな分かることを目指すことから始まりました。やがて、クラスの子ども・教師がみんな全人的に救われることを目指しました。そして、学校が救われることを目指しました。このレベルは、それを学校が本当に望むならば安定して実現できる自信があります。そこで来年度の方針としては中学校区レベルの学校間連携をすることを宣言しました。この宣言をする前提として、それを実現できるフィールドの確保が担保されたからです。しかし、それを実現するには、教育事務所レベルのマンパワーが必要です。このことを語りました。でも、誰でも良いわけではありません。一人も見捨てず、このことに強く共鳴していただけなければなりません。

 良くも悪くも西川ゼミは大学でもかなり異質なゼミです。噴飯ものの都市伝説が生まれます。過去のゼミ生は、その都市伝説を笑い話にします。新入生に笑い話として脅かすのですが、新入生にはビビるに十分です。私はそれはやらないでくれと頼みました。さらに我がゼミを私(西川)は正しく伝えられない、だから正しく伝えて欲しいと願いました。おそらく、それをやったのだと思います。そして、私の予想を超えることをしたのでしょう。日本を変えるに十分な仲間と、フィールドを確保しました。あとは結果をご覧じろ。ふぉふぉふぉ

追伸 学部3年は昨年度からゼミに参加していて、現在は学年ゼミを毎週受けています。内容は、西川ゼミの過去の成果を読み込み、ありとあらゆることを私と議論します。彼らが質問するたびに、『学び合い』で説明します。その結果、彼らの普通に経験している事実と単純な論理によって、彼らの常識は崩壊していきます。今、彼らは頭をかきむしりながら常識を再構成しています。新修士1年もビックリするでしょうね。