西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/26(火)

[]沖縄の会 06:12 沖縄の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 沖縄の会 - 西川純のメモ 沖縄の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 沖縄に着いてから怒濤の時間が過ぎ、ホテルについてバタンキューでした。昨日の報告です。

 新たな同志を多く見いだすことが出来ました。ある方は、2年前の私の講演を聴いたとき、「ありえない」と思ったそうです。でも、とにかくやってみたそうです。そして、とたんに効果がわかり、私が講演で語っていた言葉の意味を了解したそうです。

 『学び合い』はごく当たり前のことを主張しているに過ぎません。一人も見捨てない。指導要領を大事にしよう。という、どこからも文句を言われないことです。でも、我々はそれを徹底的に追求したと言うことで革命的です。旧来の枠組みでそれを理解しようとしても「そんなの無理」と思われるのは当然です。しかし、実際にやってみれば、導入段階の子どもですら素晴らしい姿を見せてくれます。子どもを見捨てたくない、見捨てられた子どもの辛さを共感できる教師であれば、直ぐに分かります。『学び合い』において最大の難しさは、一歩、踏み出すことだと確信しました。

 今は家庭訪問の時期です。そのド忙しい月曜日に、金と時間をかけて参集してくれる方が、沖縄の中部地区に四十人以上いることに驚きます。おそらく、主催者の方は、その意味の凄さが分かってないのではないかと思います。これは、悉皆の二千人以上の会に匹敵する、いや、それ以上の意味を持つ会だと思います。

 当初は、十人弱の人たちと車座になってこじんまりやる会を想定していたのでビックリです。

 本日は沖縄全県の校長先生の前で語ります。

okinawa-gookinawa-go2011/04/26 18:06昨日は本当にありがとうございました。今日、同僚がさっそく「学び合いやりました。」と話していました。で、びっくりしていました。時間内にみんなが課題を終わることができたそうです。もう一人の方は「少しだけど腑に落ちた」と語っていました。したたかに、やさしく続けていきます。

jun24kawajun24kawa2011/04/27 07:49期待しています。臨界点まであともう少しです。