西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/19(火)

[]人(その2) 22:18 人(その2) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人(その2) - 西川純のメモ 人(その2) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 天才ならざる普通研究者にとって最も大事なこと、それは誰を指導教員に選ぶか、だと思います。

 私は高いものを買うとき、悩みません、値切りません。大事なのはどの業者を信じるべきかだと思います。

 凡人にとって最も大事なこと。だれを信じるべきかを判断することだと思います。

[]人 22:08 人 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人 - 西川純のメモ 人 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日ゼミ生に語ったことを短く言えば、「子どもは、教材・指導法ではなく、人を見て、それにあった行動をする」ということ。当たり前のことです自分を振り返れば。

[]教職大学院 06:42 教職大学院 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職大学院 - 西川純のメモ 教職大学院 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 現職教員の方へ。もうしばらくすると大学院派遣の案内が回覧されると思います。ものすごく、さりげなく流されるので注意が必要です

 なんどかメモましたが、上越教育大学の教職大学院日本で最高の現職再教育を行っていると自負しています。お誘いします

 現在、本学教職大学院派遣しているのは、宮城秋田群馬新潟静岡愛知三重ですしかし、東京兵庫徳島以外であれば基本的はOKだと思います。もし、県教委に問い合わせてだめだと言われたら、教えて下さい。私どもが県教委に何度でもお願いに参ります。昨年度は、そのような申し出があった関東中部九州の5県にお願いに参りました

tm43919tm439192011/04/19 19:28東京以外なのですね。残念です。
いつか東京もOKになってくれることを願っています。

jun24kawajun24kawa2011/04/19 22:06はい、私も都教員出身ですので・・・

ogymogym2011/04/21 01:43院卒は、他の院に入院?や聴講することは可能なのでしょうか?

jun24kawajun24kawa2011/04/21 04:54あははは
もちろんですよ。私の教え子で、同僚のK教授はT学芸大学の修士で教育制度を学び、I県に採用され、その後、私のところで修士・博士として学びました。そういう人は少なくないですよ。だめなのは県費で2年間の派遣をダブルではだめと言うことです。

ogymogym2011/04/23 07:58なるほど、分かりました。ありがとうございます。
人生目標に入れておきます^^;