西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/17(日)

[]普通 12:27 普通 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 普通 - 西川純のメモ 普通 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日尊敬している先生から「共通点は、「ふつうの教師」という視点から考えようということだ」というお言葉をいただきました。嬉しく思いました

 私は繰り返し、以下のことを述べています。

 「勤務時間が終わったら自宅に帰るべきだ。」

 「教え子のために時間を費やし、我が子や家族をないがしろにするのは筋違いだ」

 「他人である教え子を一人の教師が救おうとしてはいけない。我が子や家族犠牲にしてしまう」

 「続けられない教材研究研修はするべきではない。そんなのを本気でやれば、数百年かかっても出来るわけ無い。」

 「手を抜けるところは積極的に抜くべきだ。余裕のない教師が良い教育は出来るわけ無い」

 「テレビドラマの熱血教師」や「研修会で数百人の教師を集められるカリスマ教師」とは真逆なことを言っています。

 その代わりに以下のことを述べています。

 「絶対に一人も見捨ててはいけない。見捨てた瞬間から自分の心が腐る。」

 これって建前論、精神論たいですよね。でも、具体に述べているのは以下の通りです

 「ノウハウ本は積極的に利用しても良いが、まず指導要領をちゃんと読みましょう」

 「教師一人が三十人を背負うのは無理。それは熱意や努力や才能で乗り越えられるわけではない。だから、みんなで一緒にやった方がまし。」

 「自分が出来ないならば、出来ないと正直に言いましょう。どんなにごまかしても、子どもは分かる。解決策を示すのではなく、解決がいか重要かを語りましょう」等

 つまり、当たり前のことです。そして普通の教師が出来ることです

 私はスーパーマン教師になればどれほどのことが出来るかわかりません。でも、自分スーパーマン教師になれないことは知っています。そして、自分でも出来ることは何かは分かります

furutatsuuufurutatsuuu2011/04/17 13:36「手を抜けるところは積極的に抜くべきだ。余裕のない教師が良い教育は出来るわけ無い」

余裕のない自分に、輝いて見えました。
時間に追われ自分から余裕が消え、子どもに蔑ろな対応をしている自分がいます。今の努力の物量作戦からいち早く抜け出したいと思いました。ありがとうございます。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2011/04/17 14:09自分ができることは限られています。
が、それでも理解のある職場の仲間に広めて広めてしたたかに政治活動をします。
同時に、指導要領をもう一度読み直し、勤務時間内で終了させていきます。

初任と仲間になりながら一緒に仕事を進めていることを言い訳に勤務時間内でできない自分を認めていました。
甘い自分に喝を入れます。

gkgkgkgkgkgkgkgkgkgk2011/04/17 14:09ありがとうございました。

明日からの勤務に実践していきます。

jun24kawajun24kawa2011/04/17 16:24furutasuuuさんへ
5月の連休明けまでが一つの区切りです。そこまでいけは、なんとか余裕が生まれます。あと、ちょっと
gkgkgkgkgkさんへ
出来ることを、やりましょう!