西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/14(木)

[]魔法の言葉2 05:51 魔法の言葉2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 魔法の言葉2 - 西川純のメモ 魔法の言葉2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 質問を受けたので補足します。「一人も見捨てない」は魔法の言葉だと思います。

 例えばです。『学び合い』では子どもたちに自由に話し合わせます。そうすると多くの先生は馬鹿な話ばかりして勉強の話はしないのではないか?と思います。でも、『学び合い』では殆どそのようなことは起こりません。これは山のような音声・ビデオデータからの事実です。では、何故起こらないかと言えば「一人も見捨てない」からです。

 想像して下さい。職場(部活)での飲み会で、幹事が「今日は職場(部活)の話はやめよう。では、楽しく飲みましょう」と言ったとします。さて、どれだけ長く職場(部活)の仲間と話せるでしょうか?おそらく5分と持たないと思います。

 我々には、たわいもない話題で長々と話せる仲間はいます。でも、それはごく数人です。それ以外の人に対しては、どんな話をすればいいのか迷います。だから初対面の人との会話は天気の話のような当たり障りが無く、そしてつまらない話をします。職場(部活)の人と話し続けるとしたら、職場(部活)の話なのです。職場(部活)の飲み会で、幹事が「今日は職場(部活)の話をするように」と言わなくても、職場(部活)の話をします。

 これは教室も同じです。同じクラスの人の中で、たわいもない話題で長々はなせる人は数人はいます。だから、『学び合い』以外の授業で子どもたちに自由に話し続けさせれば、自ずとそのような人同士が集まり、勉強以外の話で盛り上がります。ところが『学び合い』では「一人も見捨てない」ことをものすごく大事にします。上記のような好きな者同士の話が生じれば、全員が課題達成をするわけありません。それを達成するためには、上記の数人以外の人に教えに行かなければなりません。また、聞きに行かねばなりません。そのような場合、話す話題は勉強の話になります。職場(部活)の人が職場(部活)の話で盛り上がるように、勉強の話で盛り上がるのです。その話題でしたら、みんなが楽しく時間を過ごせます。「勉強の話に集中しなさい」と注意する必要はないのです。

 『学び合い』では「一人も見捨てない」ことを大事にします。それは、子どもにとっても、教師にとっても得だからです。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/04/14 22:29「一人も見捨てない」

が自分にとっても得であることを、心の底から理解して、子どもも含めて伝えられる人に伝えていくことが大切なのでしょうね

新宿で

「社会に出るために学びたいと思っている人を一人も見捨てない会をやっていこうと思います」

ありがとうございました

jun24kawajun24kawa2011/04/15 05:58期待しています。

moripimoripi2011/04/15 16:00子供は自分の意見に容赦しないところがありますよね。「言わんとわからんだろ~」とか「何にもいわんのなら一人1個はなんか言うてえや」とか。相手の意見がどうであれ、引き込む力をもってるんだと思います。大人は計算が働きます。人間関係が縦横とも複雑で能力差もあれば、今度は性格が邪魔するときがあると思います。「こんなこと言ったら…」とか自分を過小評価をしたり・・・。あれはもったいない!上司の都合や組織の都合で評価対象になる方、ならない方等がウヨウヨしていると思います。自分の押しつけではなく部下の持ってる能力のにおいを、嗅ぎ分けられる方が「見捨てない上司」。社会人さんのほうがよほど見捨てられてる状況を感じながらも家族のために生きてくために働いてます。主任や副師長は病棟師長には意見しても逆らうことはできません。だから下っ端のスタッフのいいとこを把握しとくべきです。みんなが意見を言わないんじゃなくて言えない環境を作ってることにきずいてないかなあ。だったら職場で下っ端で「お~それいいじゃん!」と少しずつ上司に目の前で認めさせましょうか!
と明日から行動です。

jun24kawajun24kawa2011/04/15 17:07私は学校を通して、一人見捨てられない社会を実現したいと願っています。私の何とか出来る場ですから。それぞれの人が、色々とやれば実現が早まると思います。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/04/15 23:09こんばんは

西川先生は、学校を変えることで、社会を変えて行きたいと考えているのですよね?

私は、教師志望者や若手の社会人と語り合うことで、お互いが変わり、それぞれが所属する組織が変わるきっかけにつながるのではと考えています

この考えに共感してくれる、教員の方や、社会人の方に集まって頂き、新宿の会を開催して行きたいと考えてます

若手とベテランが、お互いの経験や価値観を学びあうことで、共に成長していく会が出来ないかなと願っています!

jun24kawajun24kawa2011/04/16 21:00本日の自慢話のアップ、期待しています。
同志の自慢話は、我が自慢。