西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/04/10(日)

[]もし『学び合い』の学校ドラマを作ったら。 06:44 もし『学び合い』の学校ドラマを作ったら。 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - もし『学び合い』の学校ドラマを作ったら。 - 西川純のメモ もし『学び合い』の学校ドラマを作ったら。 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もし『学び合い』の学校ドラマを作ったら、と想像しました。今までの教師ドラマとは以下が根本的に違います。順不同です。

第一に、スターの教師も、スターの子どももいません。だから教師ドラマではないのです。

第二に、特別支援の必要な子の存在がもっとはっきりと出します。多くの人は、特別支援の必要な子をかわいそうな子どもと見ます。解決しきれない目立った子がいるとドラマ的にまずいのでしょうね。

第三に、成績が向上することを出します。今までの熱血教師ドラマでは、生徒指導上の問題解決が中心で、成績を上げようとする教師は敵役になりがちです。でも、『学び合い』では生徒指導と学習指導は表裏一体ですから。成績を上げることを求めない限り、人間関係は向上しないと思います。

第四に、毎回のテーマはごく普通のことです。例えば、今まで話したことがない子がひょんなきっかけで話し合える、とかです。

第五に、子どもたちの抱える家庭上の問題は解決できないままです。でも、その問題に立ち向かい続けるエネルギーは与えることが出来ます。

第六に、子どもたちの関わり合う集団は、クラスや部活のみではありません。他のクラス、他の学年、他の学校、地域コミュニティと広がります。

第七に、出来る子・リーダーの子が問題を解決するという図式ではなく、めまぐるしく関係が流動する姿を出します。

第八に、七でのことは教師にも同様です。

第九に、校長の役割が教師集団の先頭に立ってやる、という図ではないのです。『学び合い』の教師のように、一見何もしていないようで、常にやっている姿です。

第十に、ドラマの山場は、毎日の教科指導の時間です。放課後でもなく、部活の時間でもなくです。

他にもあると思いますが、今思いつくことはこんなところです。

koushinsenjinkoushinsenjin2011/04/10 07:35 ドラマの山場が毎回教科指導の時間というのは、かなり画期的だと思います。主人公のいない感じだと、毎回、今日はこの人の視点で作るという感じでしょうか?多くの人が見て分かりやすい工夫がどのようなものか、とても興味あります。

ghjalghjal2011/04/10 09:33ううん。面白そうだけれども、視聴率が取れなさそう。相当なプロデュース能力と、脚本力が試されそうな感じがします。もし実現したら、画期的な学園モノになりますね。シリーズで、主人公が毎回違うとか。ほのぼの日常系になりそう。

jun24kawajun24kawa2011/04/11 05:42やってみれば、視聴率とれると思いますよ。だって、『学び合い』で感激を得られること、同志の方ならご存じでしょ。視聴者も同じだと思うのです。