西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/03/29(火)

[]心 22:06 心 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 心 - 西川純のメモ 心 - 西川純のメモ のブックマークコメント

  「『心』は見えないけれど『心遣い』はだれにでも見える」という宮澤章二の詩がテレビで流れています。しかし、それは違うと思います。『心遣い』に現れないほどの『心』であることは誰にでも見えます。

 心はありとあらゆる言動に表れます。そして、その言動を通して相手の思いを推論する能力はホモ・サピエンスは優れているのです。例えば、大脳がどの部分を司るかを表した「ベンフィールド地図」を見た方も多いでしょう。実に多くの領域が表情に割り当てられています。大脳という人類の最大の資源を無意味に費やすわけはありません。我々は心を表情に表し、それを読み取る能力の重要性を示すものだと思います。

 『学び合い』はテクニックではなく、考え方だと強調します。それが精神論のように思われます。しかし、心は必ず見えると思います。もちろん、細かいことが分かるわけではありません。しかし、自分たちを有能と思っているか、愚かと思っているかは子どもも分かります。少なくともクラスをリードする2割程度の子はかなり正確に読み取ります。そして、その子はその心にあわせた行動をして、周りの多くの子どもはそれに影響されるのです。同じように、その教師が「子どもが好きなのか、子どもを大人にすることが好きなのか」も分かります。また、「足し算を好きなのか、理科を好きにすることが好きなのか、それとも人の道を教えるのが好きなのか」も分かります。

 『学び合い』は教師の与えたゲームをプレイさせるのではなく、教師が与えた目的を達成するために子どもがゲームを作り、プレイするのです。その最大時なのは、その目的を信じられるか否かで、それは、その教師を信じられるか否かです。子どもは「心」を通してそれを判断します。

 あなたの上司を思い出してください。上記は正しいと思います。心は伝わらない、と思えば自己合理化できます。しかし、心は伝わると考えれば、心は正すことが出来ます。人の心を変えることは出来なくても、自分の心は変えることが出来るかもしれません。

kuro106rakuro106ra2011/03/29 22:17クラスの状態は自分を映す鏡である、ということを今年度かなり実感しました。自分が折り合いをつけようとしなかったことで、クラスにも折り合いをつける心を育てることができなかったということも。
自分は人の好き嫌いが表に出てしまう。職能を問われた一年だったように思います。集団から信頼される上司になるというのは難しいのですね。

jun24kawajun24kawa2011/03/29 22:33最高の上司には凡夫たる我々はなれません。でも、上記を意識さえすれば、ましな上司にはなれると思います。

jp-301jp-3012011/03/31 15:49 今日は3月31日。明日からラストランの1年になります。

 西川先生には、先達として今年も行く先をご指導下さいますよう宜しくお願いします。

jun24kawajun24kawa2011/03/31 22:49ラストは神様が決めるものです。
あるステージのラストかもしれませんが、次のステージを神様が用意しています。と私は信じています。毎日が最後かもしれませんし、そして、そこからなのかもしれません。JPさんは最後の最後まで青春まっただ中ですよね。あははは

jp-301jp-3012011/03/31 22:56ありがとうございます。
ご指導よろしくお願いします。

jun24kawajun24kawa2011/03/31 22:58こちらこそ。