西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/03/23(水)

[]ヒートショック 23:02 ヒートショック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ヒートショック - 西川純のメモ ヒートショック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 不謹慎なことを書きます。ごめんなさい。でも、なんか、無理にでも明るい未来を考えたいので。

 私は生物学大学で学びました。その中で、学んだものの一つに、生物は困難なときに子孫を残す、ということです微生物に生きるか死ぬかの温度にさらしたり(ヒートショック)、もしくは、生きるか死ぬかの飢餓状態(スターべーション)を与えると子孫を残すのです。これは、ほ乳類でも同じです。満ち足りた状態だと、子孫を残そうとは思わないのですね。

 十年、百年の国難です。その中で、支え合う家族が、多くの子どもをなすのではないか、とふと思いました。新しい命が生まれたらいいなと思います。


[]自分の出来ること 22:32 自分の出来ること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の出来ること - 西川純のメモ 自分の出来ること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 災害に際し、何が出来るかを考えました。でも、私の出来ることは、今までもやっていることを続けることだと思います。今は、それぞれの特殊能力が必要です阪神災害の際、理髪業の方が被災地に行って散髪した、と聞いて、なるほど、と思いました自衛隊の方だけが出来るのではなく、腕に技のある方は出来ることがあるのだと思いました。でも、大学教師の出来ることはなんだろうか、と思いました。そして、上記の通り、今までもやっていることを続けることだと思いました

 この1、2週間は、命をかけてやれることをやっている方の時間だと思います。

 そして、ちょっとホッとしたとき、理髪業のように、腕に技のある方が、頭を使って出来ることを見いだす時間だと思います。

 その後、つまり復興の道筋が見えてから、その後です。そこから凡夫の出番だと思います。一人も見捨てない教育社会の実現、私はそれをやりたい。そして、凡夫の同志に願いたい

 みなさんは、子どもたちの姿を通して心現れる経験は少なくないと思います。そして、その一部は私のHPに公開しています。みなさんが悩み、それを乗り越えた成果があります。その一部は私のHPに公開しています。でも、私が公開できるものなんて、ごくごく一部です。みなさんが勝手勝手に、そして自由気ままに情報発信してください。ようは、みなさんが自分の教え子の「自慢」をすればいいのです。その一つがブログです

 でも、もう一つの可能性が見えましたHPです。この数日、Jimdoとつきあいました。実に簡単です。少なくとも、Jimdoという言葉を含む書籍を読めば、五十代のオッサンでもなんとかできます。みんなで教え子自慢をしましょう。稚拙でいいんです。それによって、救われる教師も子どもも少なくありません。その可能性を感じています。

 今、買い占めをしない、節電をする、募金に応じる、という以外の道を見いだせない同志へお誘いします。迂遠な道ですが、半年後、1年後、十年後に生かせる道があるとしたら、何か。今、何かしなければならないと焦りながら、とにかく目前のことをやっています。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/03/23 23:11いつも、ありがとうございます

今、私が出来ることは、買占めやデマのメールを流すような大人にならない集団作りだと思っています

また、その集団作りのノウハウを、同じ道を志す若手に伝えることかな?と思っています

結局、先月までやっていたことと同じ事を続けます

でも、先月以上の情熱を持ってこれからも続けて生きたいと考えてます!!

それが私に出来ることです!

jun24kawajun24kawa2011/03/24 05:43はい。それを続けている内に、その先が見えると思います。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/03/24 06:10ありがとうございます

bunbun-hbunbun-h2011/03/24 16:46Jimdoで自分のホームページを設けました。(今日は休暇とっているので)
まだタイトル(「いわみbunbunサイト」)をつけただけですが、コミュニティ広場みたいなサイトができないだろうかと妄想しています。
少しずつ進めて行こうと思います。
紹介ありがとうございました。

moripimoripi2011/03/25 23:57「今は皆が大変な時期だから電気消していい?寒くなくなったね、暖房切ってもいい?」といってまわる某看護師。患者さんは拒否はしません。「戦時中に比べりゃ今はなんともないよ」と。「あの世でしあわせになってくれりゃあええが」という患者さん。私はオイルショックの買占めも知らない世代は何にもできません、冥福を祈ることしかないです。しかし何かあれば、この方たちを1人でも多く助けるぞ!決めることができました。年寄りは強しです。

jun24kawajun24kawa2011/03/26 10:25そして、その先を探しましょう!