西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

11/03/16(水)

[]犯人は誰 22:16 犯人は誰 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 犯人は誰 - 西川純のメモ 犯人は誰 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今回の原子力発電所事故の最大の責任者は誰でしょうか?

 東京電力でも、政府でもない。我々だとお思います。

 我が家の一ヶ月の電気料金は7000~12000円です。この料金で電気を安定提供できることを求めたら、現状以外の回答はないと思います。世の中には、火力、水力、そして原子力以外の道がある。でも、それらは皆、高価です

 今回のことを概括して、「地震より津波が怖く。津波より原子力発電所の方が怖いことが分かった」と言っている方がいました。そうだと思いました。でも、それを東京電力政府の責任にしている限り出口はない。両方とも、それほどのスーパーマンでないでから。でも、一ヶ月の電気料金が2万円、いや、3万円でもしょうがないという我々ならば、色々な選択肢が考えられるはずです

 自分の家の屋根太陽光発電(あくまでも例えば)にすることは徳目ではなく、実利として成り立つようにしなければならないと思います。産業だって安価な電力によって成り立つ産業は縮小し、エコお金になる産業を育成する必要があるでしょう。

 誰かを悪者に仕立てて溜飲を下げることは、決して、建設的ではない。人を変える前に、自らを振り返る。その後に、必要ならば、厳しく責任追及を行いましょう。でも、たいていは善意の人で成り立っていまから

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/03/16 22:31こんばんは

結局、出来ること(すべきこと)は『学び合い』なのかな?と思います

子ども達に、「お互いにとっての最善を選択できる集団になってください」と語り続けることが大切なのではと思います

ニュースで知りましたが、被災地で略奪が起きないことを海外のメディアは驚いているそうですが

海外に対しても、「一人も見捨てない」

を言い続けられる日本人を増やすことも大切なのかな?と
感じました

jun24kawajun24kawa2011/03/16 23:07迂遠なようで、それが根治療法だと思っています。だから、毎日が大事だと思っています。もちろん、対処療法も併用せねば。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2011/03/16 23:26募金などの対処療法も必要だと思います

でも、本当に必要なのは、日本(いや世界)のあらゆる組織、集団に対して、『学び合い』を語り、お互いの最善が選択できる人間を増やしていくことだと思います

私自身、『学び合い』を語るには、まだまだ器が小さいのですが、出来ることから始めなければと、今の現状を見て感じました

kamitaku0625kamitaku06252011/03/17 00:48震災以来ブログをなかなか更新できずにいました。悲惨な避難所生活をされている人、未だ家族の消息がつかめずにいる人、そして津波に呑み込まれて声も出せずにいる人も。そんな状況の中、被害が殆どないといっていい私の住む地域でも朝からガソリンスタンドに行列が出来たり、乾電池やトイレットペーパーを買い漁る人たちがいたり、職員室の中でも計画停電が起こらなかったことに対して東京電力に文句を言う声も聞こえてきたり・・・辟易していました。24kawa先生のお話、一つ一つを納得しながら読ませていただきました。手を取り合えば出来ることはまだまだいっぱいあると思います。自らを振り返ったとき、自ずと手を差しのべたくなる、そんな世界は必ずやってくると信じます。大変な中でもテレビの報道を通して垣間見る、日本人の力。今週は臨時休校が続き、18日は終了式。生徒達に未曾有の大惨事を受け止め、こんな時だからこそ出来ることを考え、手を差しのべることが出来る一人一人であって欲しいと語る今年最後のチャンスです。先生のブログに勇気を頂きました。

sakusaku0428sakusaku04282011/03/17 05:33「(交通)事故を無くすために、(自動車)の運転を止めよう。」
ということをすべての国民が決意するときだと思っています。

経済的な大惨事になることはわかっています。
それでも、そういう政治的判断を期待していますし、
本当につくづく微力ですが、自分にできることをやりつづけます。

被曝することを覚悟して、命がけで作業をしている方々のためにも…
自分の、自分たちのためにも…
みんなのために…
お金があっても、命がなければ復興もできません。
戦争体験者ではありませんが、戦後私たちはその問いを突きつけられてきているはずではないでしょうか…

jun24kawajun24kawa2011/03/18 07:24やれることは、常にあります。