西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/12/24(金)

[]暴言・授業妨害への対処法 10:03 暴言・授業妨害への対処法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 暴言・授業妨害への対処法 - 西川純のメモ 暴言・授業妨害への対処法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もし、暴言・授業妨害があったらどう対処したらいいか?実は、これは『学び合い』に気づく遙か以前、私が暴走族に物理を教えている時代に学んだことです。

 基本的には、その暴言・授業妨害に個別対応しないということです。対応したら、1(私)対1(その子)のやりとりが延々と続きます。相手は納得したいのではなく、私をへこましたいのですから、このやりとりはエンドレスです。実りがない。でも、完全に無視するといきり立つ場合がありますので、それなりに対応します。具体的な「テクニック」としては、授業妨害には、それが悪いことであることは述べますが、それを止めようとしません。相手にしていなければ、大抵の場合は収まります。教師に対する暴言は、基本的に無視します。無視してはいきり立つ(教師自身はいきり立っては駄目です)と思われた場合、その発点に対しては「●●は●●と言っているが、みんなはどう思うのかな」という風にみんなに返す。そして、その他の子どもと教師、出来れば、その他の子ども同士の会話に引き込むのです。暴言・授業妨害を繰り返す子は、教師にどう思われようと「へ」とも思いませんが、クラスの子どもから浮き上がることは恐れますから。

 そして、大事なのは、現状を打開する道は、暴言・授業妨害をする子を何とかすることではなく、クラスの大多数が教師を支持するか否かなのです。大多数が指示し、それが明らかになれば、暴言・授業妨害は収まります。その時、出来るのはうっぷしてふて寝するか、クラスを飛び出すかしかありません。後者の場合も、クラスの子が迎えに行くようにならねば解決には至りません。

 以上のことは、暴走族に物理を教えている時代に、学んだことです。

 ただし、その当時は、これが有効である本当の意味を理解していませんでした。ま、数あるテクニックの一つに過ぎませんでした。結果として、おもしろ授業にのめり込み、教師ドラマの熱血教師的な個別対応に時間を注ぎました。結果として、見た目は非常によいクラスをつくり、「俺は天才教師」だと自己陶酔していました。しかし、実態は駄目でした。カリスマ教師によるクラスの脆弱さを数年後、まざまざと学びました。それがトラウマとなり、結果として『学び合い』に至りました。

o4dao4da2010/12/24 21:25いい記事ですねー

o4dao4da2010/12/24 21:46崩れと立ち直り 併用 と合わせてはらせてください。

jun24kawajun24kawa2010/12/25 08:06打たれ強くなってね。ようは、腐ったら、近くの人に慰めてもらえばいいのだから。近くの人に慰めてもらえないとしたら、そこが最大の問題だよ。それがあれば、乗り越えられる。

sakusaku0428sakusaku04282010/12/26 04:42『暴言・授業妨害への対処法』を、私の携帯の中で、教育関係者であって、アドレスを知っている方たちに、メールでお届けさせていただきました。
これからも、少しずつでも動いてまいります。

jun24kawajun24kawa2010/12/26 07:32どうぞ、どうぞ。減るモンでなし。あはははは