西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/12/14(火)

[]落ち込まない方法 07:02 落ち込まない方法 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 落ち込まない方法 - 西川純のメモ 落ち込まない方法 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 落ち込みやすいゼミ生に、落ち込みやすい私がアドバイスすることを書きます。

 まず、未来に繋がる計画を考え、少しずつでも進めましょう。直近のことで失敗すると、全てが駄目になりそうに感じてしまいます。でも、その失敗を補ってあまりある計画が進行していたら、「ま、しょうがない、次があるさ」と頭を切り換えることが出来ます。

 そして、その計画は出来るだけ多く、そして多様にすべきです。それらの計画が同じレベル、例えば自分のクラスの計画だけとか、自分の学校の計画だけとかだと、失敗すると一気に失敗すると言うことはあり得ます。それは危険すぎます。一つのかごに卵を全部入れる過ちです。相互に関連するが、レベルの違う計画を考えるのです。私の場合は、ゼミ生一人一人のこと、現在支援に入っている学校単位のこと、ゼミ全体としてのこと、それも学術に関してのことと実践のこと、そして全国の『学び合い』ネットワークのこと・・・、それぞれに2~7ぐらいの計画を進行しています。こんな状態で、全部がいっぺんに失敗するということはまずあり得ません。

 失敗し、落ち込んだら、そのことをいじくるのをやめるのです。そして、失敗の悔しさのエネルギーを、他の計画に注入します。そんなこんなをやってほとぼりが冷めると、失敗した原因が見えるし、次の一手が見えるものです。

 何事も、多種・多様に、そして、毎日の日常の積み上げが大事だ、とゼミ生には語ります。

mori1046mori10462010/12/14 19:40理論も実践もというのは、ライフワークです。西川先生のそこが本当に、僕のライフモデルになっています。今後とも色々と教えてください。
PS.来月に同県のKさんの学校に伺うことになりましたよ☆

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2010/12/14 19:48理論と実践の往還!これを失わないようにしたいな!と強く思います。肝に銘じておきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2010/12/15 07:07期待しています。お二人とも、そのためのトレーニングを組織的に受けているのですからね。あははは

o4dao4da2010/12/15 22:22悩み解決いい方法だと思います とても とても

jun24kawajun24kawa2010/12/15 22:27はい。悩みの回数と期間から言えば、ベテランですから。あははは

scorpion1104scorpion11042010/12/15 22:31「大事なこと」
私にとってタイムリーな内容で感謝しています。
S県から、学び合いの視察の申し込みがありました。
それを市教委経由で公文書を提出させたのに、打診があったら一個人の研究と断った。
その失礼な対応に心底凍りつきました。
先のN先生の大事なことを読ませてもらい、
心があったまりました。。。
したたかに、したたかに、
土の中に根を張っていきます。

jun24kawajun24kawa2010/12/16 06:34誠意のない人はいます。でも、大多数の方は誠意を誠意で返してくれます。したたかに。腐らずにね。

katunori-skatunori-s2010/12/16 22:45>落ち込まない方法
私は「や~めたっ!」と言います。
気が楽になって,案外カムバックできたりします。
もっともっとありますが,ここまでにいたします。

jun24kawajun24kawa2010/12/16 22:51それも一つですね。
でも、私は「やめる」ということが不安でしょうがないのです。やり続ける、それで不安を解消します。貧乏性なのですね。

katunori-skatunori-s2010/12/16 23:22先生。実はわたくし,土日になると不安でしょうがなくなるのです。休めません。「働き続ける」しかないみたいです。医者には「今時めずらしいなあ。企業戦士みたいだね。」と笑われています。

jun24kawajun24kawa2010/12/17 06:26同病ですね。あははは