西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/12/10(金)

[]セオリー 22:04 セオリー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - セオリー - 西川純のメモ セオリー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 偉そうなことを言っていますが、私はたいした教師ではありません。でも、悩むと『学び合い』のセオリーに戻ります。今日もありました。結局、一人で解決できないことは、学習者に返すしかありません。私より、学習者の方が優れています。

[]誤解 22:04 誤解 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誤解 - 西川純のメモ 誤解 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンしていたら、「全ての指導法と同じように『学び合い』は万能ではない」というコメントがありました。困ったモンだ、と思います。この方も、『学び合い』を方法だと誤解しています。

ghjalghjal2010/12/10 22:22方法じゃない。考え方だ。教育観だ。授業感だ。子ども感だ。教師のあり方をどう捉えるかだ。で、方法じゃないから、説明が難しい。方法に過ぎないのであれば、もっと楽なはずなんだ。『学び合い』が辛い?のは、壁にぶち当たると、自分の腹の中を自分自身で探らなくてはならなかったりする点にある。効果がどうのという次元はなんか違う気がする。こういう効能があります。と言って飲むクスリとは違う。

jun24kawajun24kawa2010/12/11 06:59その辛さは、分かります。昨日も感じました。

rusie822rusie8222010/12/11 10:13学び合いが考え方だ、ということは、学習会に行ってよくわかりました。
多くの先生たちが、誤解するのは、教育の世界に方法論ばかりが広まっているからなのではないでしょうか。
私が教師になったころは,考え方,子どもの見方などに関する論議が多かったし,自分も具体的にどうするか,ということよりは,もっと深いものの見方のようなものを常に考えてきた気がするのですが,今の学校は,方法だらけです。「法則化運動」あたりから,そんな傾向になってきたような気がするのですが・・・忙しい学校の中で手っ取り早いやり方を求めてしまう先生達。
でも,子どもたちが有能だ,と考え,子どもにまかせてみよう,と思うことが一番手っ取り早いかもしれませんね。

jun24kawajun24kawa2010/12/11 17:41考え方は、言葉で伝えるものではなく、人・集団で伝えるものです。対話によって伝えてくださいね。