西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/10/18(月)

[]高知 23:02 高知 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 高知 - 西川純のメモ 高知 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月6日に高知で『学び合い』の会を開きます。高知では少人数僻地校での実践を例に、地域コミュニティの形成のことを話そうと思います。http://bit.ly/d8Dcmq

[]岡山 23:02 岡山 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 岡山 - 西川純のメモ 岡山 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月7日に岡山で『学び合い』の会を開きます。話す内容は、特別支援の話をするか、初心者の『学び合い』について話すか、迷っているところです。今年最後の講演です。(http://bit.ly/9PJDIt)。

[]ギャップ2 22:47 ギャップ2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ギャップ2 - 西川純のメモ ギャップ2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以下のメモを補足します。

 私は教師の幸せに占める「教え子・教室」が占める割合を8分の1以上にすべきだとは絶対に思いません。それでいいのです。要は、8分の1の教師でも出来るためには、一人で抱えるべきではないと思っています。教師より、数倍重要な意味を持つ子どもたちと一緒にやらねば。

[]ギャップ 16:42 ギャップ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ギャップ - 西川純のメモ ギャップ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日のゼミで、教師に何故なったか?ということが話に出ました。学生さんは色々と言いましたが、私は違う、と言いました。多くの教師が教師を選ぶ理由、それは、「地元で就職できる安定した比較的高い収入をえら得られる職業」だからです。この不況においては、おそらく地方では唯一とも言える場合は少なくない。でも、それは否定するつもりはありません。

 バーナード・ショウは、就職できれば人生の悩みは半分解決する、と言っています。実感としても正しいように思います。なにはさておき、食べることと、寝ることの確保は基本です。就職すれば、それが確保できます。また、就職すれば、その職業における人生設計が定まります。例えば、○○歳までに○○を行い、○○歳には○○になり・・という目標が定まります。就職すると言うことは、選択の幅が狭まることですが、それは、悩まなくなるということを意味しています。

 就職すれば人生の悩みの半分が解決するならば、残りの半分は何かといえば、その半分(即ち人生の悩みの四分の1)は結婚だと思います。残りの四分の一の半分(即ち人生の悩みの八分の一)は子どもを授かることだとおもいます。即ち、何はともあれ一生をかける職業と伴侶を得て、子どもを授かったならば、人生の悩みは八分の七は解決するように思います。私は子どもが授かったとき、「これで私の望みの大半はかなわれた、あとは、授かった妻と子どもと仲良く・健康にくらせるならば、後の望みはどうでもいい」と思いました。それ以降、私の社会生活・職業生活に関わることで神仏に願ったことは一度もありません。それらは「人の営みの範囲」と考えています。願うのは家族と健康だけです。

 私の人生の意味は何だろう、と悩む人がいますが、私にとっては明確です。それは、自分の子孫を残すこと、です。我々に快・不快があるのは何故かと言えば、生きて、子孫を残すという生物の最も基本的なことに向かわせているに他ならないと思います。もちろん、人類であれば一生つきあえる人が伴侶である必要性はないかも知れません。残すものはDNAではなく、何らかの作品であったり、他の人のDNAかもしれません。でも、我々の幸せは、他のホモサピエンスと共に生きて、ホモサピエンスに意味のあるものを残すことだと思っています。ということで、多くの教師の幸せの圧倒的大多数は、授業以外のことであるのだと思います。授業のことは、せいぜい8分の1を占めるに過ぎません。これは私も同じです。私が最も大事にしていること、それは「家族仲良く健康で」です。

 では、子どもにとっての学校はどれだけの意味を持っているでしょうか?明らかに教師の8分の1よりは大きい。家庭的に恵まれない子どもの場合、もしかしたら幸せのほぼ全てを占めているかも知れません。このギャップが、子どもにとって不幸だと思いました。

tomkicktomkick2010/10/18 19:58同感です。
あとはわが子の成長を願うばかり。できれば,子どもたちに『学び合い』と出会わせてやりたいと思います。

jun24kawajun24kawa2010/10/18 22:33急ぎましょうね。

tomkicktomkick2010/10/19 21:13はい!急ぎます。
ではでは告知(笑)
学び合い兵庫の会をします。
『学び合い』をしたことない人や,興味のある人も来られます。
もちろん実践しているメンバーもいます。
うちあ学校単位でやっているので,学校で取り入れることについても話をしようと思います。
よかったら来て下さいね。で,うちの子どもたちが小学校にあがるまでに,もっともっと広げてくだされば幸いです。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/tomkick/20101106

ghjalghjal2010/10/19 21:238分の1はとっても納得がいって、うんうん、とうなづいていたのですが、最後にきて、ガツン。確かに、そういう境遇。8分の大部分を頼っている子もいるのかもしれませんね。

jun24kawajun24kawa2010/10/19 22:07同志
我々には出来ないことがありますが、出来ることもある。