西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/10/13(水)

[]京都 06:55 京都 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 京都 - 西川純のメモ 京都 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明後日、京都橘大学で大学院説明会の仕事があるので、今日は京都入りします。18時半に京都駅近くで『学び合い』の仲間と飲み会です。楽しみです。

[]信者 07:08 信者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信者 - 西川純のメモ 信者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志のメモ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/aki-kichi/20101012)を読みながら思いました。我々は何を信じているのか、それは今まで愚かで何から何までしてあげなければならないと思われている子ども集団です。そして、我々の中にある繋がれるという本性です。そして、それによって素晴らしい世界が開かれることです。つまり我々自身を信じているのだと思います。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2010/10/16 01:45いつも、ありがとうございます!

スタートブックを派手にばらまきすぎて、副校長から指導が張りました!!

(校長もさすがに、私が暴走しすぎ!と言われましたが、注意の仕方が、格好良いです!)


副校長

わが身を犠牲にしてまでも、従来型を捨てられない、この方こそ、ある意味、信者なのだと思います

(もちろん、この先生も、部下を安易に切り捨てたりはしないかたなので、自身の身を犠牲にしてしまったのだと思います)

従来型の信者の皆さんに

教師が本当に信じなくてはいけないこと

に気づいてもらうことが、

『学び合い』の会の方の仕事なのかなと思います


まあ、私は暴走(というより、迷走)しがちなのですが、電柱に激突するたびに、多少は反省(本当か?)して、前に進んで生きます!

いつも、ありがとうございます!

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2010/10/16 08:22一晩たって、だいぶ頭も冷えました

なぜ、子どもや、教員に対する愛情は抜群の福校長が、何故、彼らにとって最善の方策である『学び合い』に理解をしてもらえないのか、悲しい気持ちになりました

これから時間をかけて理解をしてもらえたらと思っています

(というより『学び合い』に対してでなく、暴走しがちな私の態度に対して、拒絶反応を示しているのが、実態なので、反省すべきは私自身なのですが。。。。)


『学び合い』の会の仕事(と、私が断言するのはおこがましいのですが)

反対者の説得ではなく、いかなり考えにせよ、意見対立している相手との間で、双方にとって最善の解決策を見出そうと努力をすることと、双方の対立によって、罪のない弱きものたちが被害をこうむること少しでも食い止めることなのかもしれないですね

私も非力ですが、出来うるならば、寛容性を失いつつある社会の仕組み自体を、改善していけるような仕事をしていきたいと考えています


『学び合い』新宿の会では、学校と社会の相互理解を目指しますし

明日の、横浜の会では神奈川の皆さんと大いに学び合って行きたいと思っています



結局、いつ、いかなるときにも最善策は

『学び合い』なのだなと気がつかされます


師匠、あなたは本当に奇才です!!


いつも、ありがとうございます!!!

jun24kawajun24kawa2010/10/16 08:42したたかに、穏やかに

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2010/10/16 08:59承知しました!!

頭に血が上りやすい、自身の性格、なんとかならんものかな?といつも悩んでいます!!

それは、ともかく、

いつもありがとうございます

先生の日記は元気が出ます!!