西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/08/26(木)

[]僻地教育 16:41 僻地教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 僻地教育 - 西川純のメモ 僻地教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 僻地の小規模学校では人数が少なく、その結果、固定的な人間関係が形成されがちです。これを一気に打開できるのが異学年の『学び合い』です。新潟県小千谷市の真人(まっと)小学校は、全校で三十名弱の学校です。場所は関越自動車道の越後川口から10Km弱にあります。この学校では、全学年の月曜日から金曜日の全ての算数が全校『学び合い』でやっています。つまり、算数の授業は1日も例外なく、1年から6年の子どもが、一つ部屋でゴチャゴチャと『学び合い』で勉強しているのです。

 『学び合い』の同志でもなかなかイメージしずらいですよね。簡単に言えば、様々な志望校の高校生が、夏休みに学校の図書館で受験勉強しているようなものです。もしくは、様々な学年の小学生の子どもが、学校の図書館で夏休みの宿題をやっているようなものです。

 そして、この全校『学び合い』の最大の売りは、教員間の『学び合い』を一気に加速させるのです。教員同士が学び合えば、学校の問題は殆ど解決できます。

 え?かえって分からない。あははは。百聞は一見にしかずです。見れば、馬鹿馬鹿しいほど普通のこと、自然な学びが見られます。

 いつでも公開OKです。日本の僻地教育を一気に変える授業を見に来て下さい。ご希望の方は西川まで電子メール下さい。

講演中止講演中止2010/08/27 10:49先生の9月6日の講演が突然中止。ツイッターで、ま、まさかテレビでやっている事がふりかかってくるとはと書いておられましたが、先生の講演中止の理由を、教えていただける範囲で教えてください。???疑問

jun24kawajun24kawa2010/08/27 12:20ごめんなさい。関係者の一部がとても忙しい、とだけの回答でご容赦を。

事実@事務所事実@事務所2010/09/02 06:57他での掲示板に、ここでのコメントやTwitterのコメントを流用して、あたかも事務局のスタッフが犯罪者であるかのような書込みを行っており、そのスタッフから子供達を守るため、西川先生が会を中止にしたと公言しております。
事実関係としては、その方が1000回にもおよぶ、執拗な名誉毀損書込みを繰り返しており、この会の存在を、ネットに公開し事務局員を警察に通報せよとの書込みを執拗に繰り返しました。しかし事務局員に関しての書込みはまったくの事実無根であり一方的な書込み者の思い込みによるものです。
おそらく、このコメントも事務局員の自作自演と書き込むと思いますが、
事務所として正式にコメントをさせていただきます。

jun24kawajun24kawa2010/09/02 08:19ごめんなさい。上記のことに関して、どのようなことが起こっているか、関係者がだけかは私は理解しておりません。また、あなたがどのような立場の方であるかも理解しておりません。従って、何が起こっているか訳が分かりません。
 ただ、これだけは明記します。
 今回の中止は、関係者(それはスタッフばかりではなく、参観を想定している人も含めてです)の一部が忙しくなったため、中止になりました。すみません、それ以上の情報を私は得ていません。私は「まあ、色々とあって忙しいんだろうな~っと」思った、ということです。私とその会を企画していただいた方々との関係は何も変化しておりません。つまり、私は良好だと思っています。私としては、まあ、そのうち再度、行われるだろうな~っと思っている次第です。その程度の理解です。従って、当然、誰かの悪意を私が想定していると言うことは絶対にありません。この程度のコメントでご容赦下さい。何が何だか分かりませんが、とにかく、この場がご不快の種になったとしたら、お詫び申します。

jun24kawajun24kawa2010/09/02 12:42なにか、関係者にご迷惑があったみたいなので、再度、コメントし、以下の点を明確にします。 私は、あくまでも講師として呼ばれたから参加し、相手方から中止の連絡を受けたのでそれに従っただけです。改めて書くのも馬鹿馬鹿しいですが、私がこの会(及び関係者)に対してなんらかの情報により不参加の表明をしたわけでもありません。また会に対してなんらかの情報に基づき中止を呼びかけた事も一切ありません。あくまでも、会の中止は会の判断で、私はそれに素直に従ったしだいです。私の何気ないツイッターでのつぶやきが拡大誤認解釈され、一部の掲示板において誤って理解されたとしたら、お詫びします。そんな、深い意味はありません。