西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/08/24(火)

[]佐賀 16:07 佐賀 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 佐賀 - 西川純のメモ 佐賀 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 27日は色々なところで、色々なことをやるんですね。佐賀県の佐城教育事務所で豪華メンバーで学習会があります。

佐城教育事務所管内 第3 回『学び合い』学習会実施要項

~九州コラボレーション~

1 日時 平成22 年8 月27 日(金)13:30~受付

14:00~16:30

2 場所 佐賀総合庁舎(〒849-0925 佐賀市八丁畷町8番1号)4階9号会議室

3 目的 九州の『学び合い』実践者の話をきっかけにした、『学び合い』を広げる、深めるための学習会

4 対象者 『学び合い』に興味がある方

5 研修内容

① 開会のあいさつ

② 九州実践者の発表(長崎、福岡、大分、佐賀)

14:05~15:25

③ 『学び合い』のための参加者による『学び合い

15:40~16:30

④ 閉会のあいさつ

6 申込み方法

電話(30-7218)、メール(shiyoujima-minako@pref.saga.lg.jp)にてお願い致します

http://twitpic.com/2hopsx

scorpion1104scorpion11042010/08/25 06:21佐賀で実践発表する長崎のFです。今回発達障害傾向児童の変容を話してみようと考えています。
N先生にお会いした折に様々な質問をする中で、いつも同じ返事が返ってくることがあります。それは、「特別な支援を必要とする子どもを『特別な存在』と考えるのは誤りである。」という意味のお言葉です。N先生は、いろんな方向からそのことをわかりやすく私に話してくださいました。特別支援のコーディネーターをしながら思うのはどの子どもにも笑顔になってほしいということで、この子どもの幸せを考えたら「特別」にされることは本当は嫌なことになるのではないか・・・と考えることが多々見えるようになりました。私だって、何かができないからといって特別扱いは嫌だと思うので、同じなんだと思います。
N先生の御本に下記の一文があります。
「人間の能力は連続的なもの。ある一線から『特別』になる絶対的な線引きはない。相対的に言えば、我々は常に特別な支援を必要とする部分をもっていることを自覚すべきである。」
大切なことだと思います。実践発表をする上で根幹の部分がぶれないように話すことができたらいいなと思っています。
ただ、私はあがり症なので特別な支援はいりませんが、何とかならないかと悶々としています。(笑)

jun24kawajun24kawa2010/08/25 06:32あがってはいけないと思ってはいけません。あがる、というのは体が準備の態勢が整ったという良いサインだと考えてください。期待しています。

scorpion1104scorpion11042010/08/25 07:08ありがとうございました。
あがり症のアドバイス助かります!
でも、私の場合N先生の前ではリラックスして話せるのはなぜでしょうか?不思議です。大先生なのに。
大体は笑顔で聞いてくださるからですね。
ご無礼の数々、お許しください。
では、佐賀で長崎に勧誘できるよう!!頑張ってきます。