西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/08/22(日)

[]方法と考え方 17:02 方法と考え方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 方法と考え方 - 西川純のメモ 方法と考え方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 方法と考え方、何度書いても、禅問答みたいに思われるだろうな、と嫌な気持ちになる。でも、その違いを理解することが本当に大事。『学び合い』の考え方の根本は、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」と、「子どもたちは有能である」というたった二つの考え方。でも、この二つのことだけで、現在の『学び合い』の「方法」、そして、今現在模索している「方法」が演繹される。あたかもF=mαというたった一つの式を積分したり、微分しただけで、数多の古典力学の公式が導き出されるようなもの。

 大学で本格的に物理を学び、高校までの物理がいかに馬鹿馬鹿しくて、効率の悪い教材と教材配置によって構成されていることに気づき、へきへきとした。解析学は高木貞治の本、物理学はファイマンの本のように学ぶべきだと思う。万人に分かりやすいとは思わないが、本当の解析学や物理学を学ぶとしたら、それが一番効率が良いと思う。今、高校でやっている物理や数学の方法は、より抵抗は少ないが、あれでは本当の物理や数学を理解する人は生まれ難いように思う。

 方法から考え方を理解する道もあるが、考え方から方法を理解する道もあります。「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」と、「子どもたちは有能である」を、一度、100%正しいと「仮定」し、それを100%実現する授業方法を演繹してみて下さい。先に述べたように、それは現在の『学び合い』の「方法」、そして、今現在模索している「方法」が演繹されるはずです。そうでないならば、どこかに「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」と、「子どもたちは有能である」という考え方は、「それは正しいけど、でも、そればかりではない」と思っているはずです。

 「それは正しいけど、でも、そればかりではない」という考えは、常識的で、大抵は正しい。だから、全面否定するつもりはありません。でも、その場合は、是非、「そればかりでない」という、あなたのもっている大事なことを言葉に表して下さい。これは大事です。「それは分かっている。書こうと思えば、直ぐに書ける」と感じているが、実際に書き始めると書けないと言うことはよくあると思います。そうか、そうでないかは、実際に書けば分かることです。是非、明文化して書いて下さい。

 さて、書けたら、以下の基準で吟味して下さい。第一に、それらによってあなたのありとあらゆる教育活動(教師以外の人の場合は、管理運営)に矛盾していないかです。明文化したものが数多くある人の場合は、一見矛盾していないように見えます。しかし、数多くの明文化された考えがある場合、それらは相互に矛盾するはずです。

 第二に、それらは「みんな」に当てはめることが出来るかどうかを考えて下さい。どこにも世の中にいない「平均的な児童」、「平均的な生徒」ではなく、あなたの教えている子ども(管理している部下)を一人一人思い浮かべて考えて下さい。何人かを無意識に除外していないでしょうか?

 吟味をしていると、「世の中、そんなに単純じゃない。その場、その時に応じて対応するものだ」と言いたくなるでしょうね。気持ちは分かります。でも、あなたが判断する事例の8割以上が原理原則に則って行われており、1割程度がその場、その時に応じて対応しているのならば、私も同意します。でも、あなたが判断する事例の中で原理原則に則って行われているのが、8割を下回っているならば、あなたは原則を持っていないということです。刑法に置き換えれば自明だと思います。もし、刑法の運用が条文に則っていない高度の判断に基づいたものが2割以上だとしたら、何を信じればいいのでしょうか?

 おそらく、そのような管理は子ども(部下)が5、6人程度で、どこまでも個別対応をし続けられる状態では可能でしょうが、それ以上の場合、恣意的な判断をする教師(管理者)だと思われるでしょ。結果として、教師(管理者)の指示を待って動く集団が生まれてしまいます。

 方法ではなく、「学校は、多様な人とおりあいをつけて自らの課題を達成する経験を通して、その有効性を実感し、より多くの人が自分の同僚であることを学ぶ場」と、「子どもたちは有能である」という言葉を吟味して欲しい。方法は、それらの「影」なのですから。

追伸 私は万人が解析学や物理の理論を理解できる必要はないと思います。同じように、『学び合い』の考え方を万人が理論として理解できる必要もありません。人間の行動はたいていの場合は、理論によって動いているわけではない。例えば、我々は法を暗記していなくても、大抵は法を大幅に犯すことなく生活できる。何故なら、その理論(法)に矛盾のない行動群を認知心理学のスクリプトのような知識群として、「集団」の中にため込んでいるから。平たい言葉で言えば、ある行動群を共有している集団(それこそが文化)の中で、一人一人が周りと似た行動をしてていればいいのですから。でも、そのような場合でも、理論に照らしてチェックする人は、一定数は必要です。ましてや、新たな文化を創造しようとしているならば、なおさらです。

twoyoshitwoyoshi2010/08/22 22:58方法という影を身につけるのではなく、その実体=理論を日々の授業を通じて身体化させていく必要があるのですよね。

jun24kawajun24kawa2010/08/23 08:05はい。身体化させていく必要があるでしょう。でも、身体化の段階では、それを越えることは出来ません。現状を越えるには理論が必要です。武道だって、スポーツだって同じです。

a-peanuta-peanut2010/08/23 09:09昨日はありがとうございました!!
メールでも送らせていただきましたが、西川先生のコーナー大好評でした。
私も、(笹木先生の「動く西川先生を初めて…」じゃないですが、)語る西川先生を初めて拝見することができて嬉しかったです^^
この会によって、また芽がぽちっと出てきました。
また、色々な方がつながりました。
会を開くにはいろいろありますが、根気強く続けていきたいと思います!

jun24kawajun24kawa2010/08/23 11:04継続は力なりです。
参加者を増やすことより、大会事務局を増やすことに意を尽くしてください。3回目から様相が変わるはずです。期待しています。

a-peanuta-peanut2010/08/23 15:24そっか!!そうですよね!!
広い北海道中から札幌に呼ぶより、各管内で会が開かれた方が参加しやすいし、継続しやすいですよね。
そういう視点で考えていませんでした。
また違うアプローチができそうです。

笹木 陽一笹木 陽一2010/09/11 14:53 初めて西川先生のブログにコメントさせていただきます。『学び合い』北海道の会では、本当にお世話になりました。すぐ「メールでお礼を」と思っていたのですが、翌月曜から2学期が始まり、教育実習生を担当しながら各種行事をこなす、強烈な忙しさの最中であったため、お礼を申し上げるタイミングを逸したまま、今日となってしまったことを、心よりお詫びいたします。

 北海道の会から、3週間が経とうとしています。「スカイプで様子を見て」いらっしゃったとのこと。プロジェクターのトラブルや、私の発表のお粗末さもご存知だったのであれば、恥ずかしい限りです。きちんとご挨拶することもないまま、質問コーナーでは不慣れな司会で要領を得ず、ご迷惑をおかけしたのではないかと思っておりました。実は直前まで、質問コーナーのコーディネートを自分でやることを忘れておりまして…。未整理なまま、会場の質問をお伝えしたのでしたが、非常に明晰にお答えいただき、大変ありがたく感じました。会場では加藤先生がわかりやすくボードに整理してくださり、参加者の理解の助けとなっていたように思います。
(北海道の会ブログに写真が公開されています)

 まさに最後の質問にかかわる部分が「方法と考え方」に関することであったように記憶しています。上記の記事を拝読し、「方法は影」との認識に、わが意を得た気持ちです。3週間、実習生と向き合う中で、自らの教育実践について客観的に捉えなおす機会を得ました。『学び合い』の「方法」を教え、その通りやらせる場面がありましたが、実習生には「考え方」がないので、その「方法」の意味が理解できないのです。『学び合い』以外の方法(一斉での合唱指導)についても同様で、自分自身が身に着けた「方法」の背景にある「考え方=思想」のようなものが、彼女に渡す指導コメントを書く作業を通じて、改めて整理されたように感じました。

 それはまさに「子どもたちは有能である」ということに尽きます。実習生とのお別れセレモニーでの、彼らが作ったメッセージボードの素晴らしさ。その後泣きながら歌った2曲は、実習生の心の中にいつまでも「子どもたちは有能である」ということを刻み続けるに違いありません。私にとっても、「子どもを信じて、預けて、任せる」ことの大切さを実感する、貴重な機会となりました。

思わず長々と書き込んでしまいました。お礼のみと思いつつも、脱線してしまったことをお許しください。思えば2年前、先生になっつさんを紹介していただいてから、利尻の熊澤先生が私のレポート経由で先生の洗脳旅行を受けたり、加藤先生が会にかかわってくださったり、想像していなかったつながりが実現しています。まさに「芽吹き」の時なのかもしれません。共に会を運営する仲間を増やすべく、慌てず・騒がず・坦々と、でも着実に前進していけたらと思っています。今後ともご教示ください。では失礼いたします。
私が今回発表した「私はいかにして『学び合い』と出会ったか」で紹介した文章を

jun24kawajun24kawa2010/09/11 17:03ご苦労様でした。よい一歩になったと思います。あとは、継続です。