西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/08/11(水)

[]人に求めること 21:50 人に求めること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人に求めること - 西川純のメモ 人に求めること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私には得意なことがあります。自信過剰な部分もあります。でも、人に求めるもは、自分に置き換えて過剰でないことは求めていないと思います。自分の得意なことを、自分が出来るのだからということで求めません。だって、同じ理屈で、自分が不得意なことを求められると嫌だからです。

 だから、私が人に求めることは、無理なことを求めていないつもりです。ただし、やるかやらないかは、人によりけりです。

 でも、注意していることがあります。自分に置き換えると、無理だな~っと言うことをしなければと無理している若い人を見ると、「するな」と言います。例えば、宴会で正座をしているとき、「足を崩しなさい。今崩さないならば、最後まで正座しなさい。」と笑いながら言います。それが年長者の役目だと思います。一方、出来ることで、かつ、その人のためになると確信していることに関しては、ネチネチと語るもの年長者の役目です。ふぉふぉふぉ

追伸 世の中には、自分の出来ることは人も出来ると思う人もあります。そして、それを信じる若い人もいます。怖いことです。

[]本当に大事なとこ 06:44 本当に大事なとこ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本当に大事なとこ - 西川純のメモ 本当に大事なとこ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日から京都入りして、明日は多くの真摯な教師の前で『学び合い』を語ります。でも、怖いと思います。

 多くの真摯な教師は、時間と金と、そして熱意を込めて教材・語りを高めてきました。でも、『学び合い』を語れば、その教材・語りは殆ど意味ないことを言わねばなりません。そうなると、自分を否定されたと思い込み感情的な反発をされる方がおられます。尊敬すべき教師を様々なデータと、シンプル、それ故に強力な論理で論破するのは非常に心苦しい。

 「その人」を否定するつもりは毛頭ありません。その人の授業が素晴らしいのは、その人の教材・語りではなく、よりよい授業を求めるために時間と金と熱意を費やしていた「その人」の心であることを語りたいのです。それこそが本当に大事なとこなのです。それが伝えられる力が私に宿ることを願います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060822/1156203792

追伸 別な言葉で言えば・・・。愛する人から「あなたの口説き方が素敵だったから好きなの」と言われるのと、「あなたの真心が素敵だから好きなの」と言われるのと、どちらが嬉しいですか?

kuro106rakuro106ra2010/08/11 08:04G県より成功をお祈りしています!

jun24kawajun24kawa2010/08/11 08:11感謝!

twoyoshitwoyoshi2010/08/11 11:44明日馳せ参じます。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2010/08/11 17:11感情的になる方には、人情に訴えるしかないのでしょうか

「全ての子どもたちを救いたい」という気持ちで研究をスタートさせた

そうしたところ、今まで教師が思っていた以上に、子ども集団に任せた方が、効果が上がることが解った



たまたま、今まで普通の教師が行ってきた、教材研究には、あまり効果が無いことが解ったが、それは結果であり、子どもたちや同僚の教師を大切に思う気持ちは、私たちも同じである

と、真摯に訴えるしかないのでしょうか?

良い説得法が思い浮かびませんが、少しでも多くの先生方が、『学び合い』の可能性に気がついてくれたらと思います

私は、企業や学生に『学び合い』の考え方を伝えていきたいと思います

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2010/08/11 20:03怖いと感じる感覚、なんとなく分かるような気がします。尊敬すべき真摯な先生方に気づいてもらうための「臨界点」に近づけるため、自分の出来ることをしていこうと思います。

jun24kawajun24kawa2010/08/11 21:35Twoyoshiさんへ
 先発隊は、実に志の高い行動をしていました。ゴチャゴチャと注意しましたが、本心は誇らしかった。
Kyoさんへ
 良い方法はありません。一緒にやってくれる人と、色々なことするしかないのです。
Osugiさんへ
 今怖いのは、その怖さを忘れること。年を重ねて、大事にされ、奉られ、本当の同時なことを気づかなくなること。