西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/03/20(土)

[]ツイッターの仕様 08:24 ツイッターの仕様 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツイッターの仕様 - 西川純のメモ ツイッターの仕様 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日、ツイッターの使い方に関して発見しました。同志の中には、使われている方も多いので、書きます。

 今まで、ツイッターでポストした内容は、全フォロアーに流れるもんだと思いました。その中には、他の人への返信もです。ところが違うんですね。

 例えば、AさんがBさんに返信したポストは、AさんとBさんの両方をフォローしている人が見られるのです。でも、ある意味、理屈は通りますね。だって、AさんとBさんの両方をフォローしている人以外は、何が何だか分からないのですから。そのような混乱を避ける意味があると思います。でも、私はもっと公開性を高めたらいいと思います。だって、ツイッターのポストは、興味がなければ無視すれば良いんですから。もし、Aさんのフォロアーがそのやりとりに興味があれば、Bさんをフォローすればいいのですから。それによってBさんという人のポストが広がる。

 どうするか考えました。単純に返信すると「@username」で始まるポストになります。そうなると上記の通りです。公開性を高めるには「.@username」のように「.」を最初につければいいそうです。

 ただ、面倒ですよね。その場合は、相手方に「以下の返信は、公開したポストにします」というようにしてやるのも手ですね。話の流れ場分かるためん、「RT」や「QT」を活用すると良いですね。

 ちなみに、昨日の連続ポストは、私なりの教師の力量形成についてです。簡単に言えば、教師の集団作り、そして、それを社会に広げていくというのが、私(つまり大学教師の私)の基本戦略です。でも、それが形成されるまでは、まずは上越教育大学の教職大学院で、現職院生と学卒院生が協働して教育実習をするというのを仕組んでいると言うことです。

 今日の朝は、若い学生さんが教員になろうか、なるまいかを悩んでいるので、教員養成系大学の教師としてアドバイスです。簡単に言えば、教師を特別な職業と考えずに見てみたら、ということと、でも、教師は素晴らしいよ、と言うことです。

 なお、私のポストの履歴は、http://twilog.org/jun24kawaにあります。

irutyanirutyan2010/03/20 07:30簡単じゃないやい!!…とこれは心の中の声なので
他の人には聞こえません、笑

いろいろありましたが
従来指導型とそれぬき型の混合かも…
いろいろな教科のいろいろな単元で、いろいろ試してます
強欲に、笑

jun24kawajun24kawa2010/03/20 08:29あははは
したたかに

w8bridgew8bridge2010/03/20 21:27西川先生におかれましては、お忙しいと思い、メールは控えめにしているのですが、一旦出してしまうと、つい長くなってしまってかえってご面倒をかけてしまう自分です。
「強欲」・・・まさにそうだったんですね。上記の文章を拝見させていただいて納得し、見通しが見えてきました。ありがとうございます。ありがとうござます。お釈迦様が目の前に現れて、後光が差したお姿に手をすり合わせている感じです。

jun24kawajun24kawa2010/03/21 15:12あははは
後光ですか・・・、では賽銭箱を作らねば。