西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/02/25(木)

[]ご褒美 22:35 ご褒美 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ご褒美 - 西川純のメモ ご褒美 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 書くのも恥ずかしい、嫌なことがあり、メモをアップする元気がありませんでした。でも、同志からご褒美を頂けます。

 詳細はアップできません。最後の一文です。全文読んだ私は号泣です。

 『私にはずっと、特別支援の子を「見捨てている」という自覚がありました。不可能だと思っていましたし、仕方ないと思っていました。西川先生の「一人も見捨てない」というお話を聞いたとき、すぐにこの子のことが思い浮かびましたが、それでも(この子の場合は、無理だと思う)と考えていました。『学び合い』は、しっかりと子ども達に向き合わなければなりません。それはかなり厳しいことで、自分にも向き合わなくてはなりません。そう考えると途端に自信がなく、私がやっていることは『学び合い』になっているのかどうか?というのは、正直、まだ不安です。でも今日は、●●さんと目指す方向が一致したように思い、嬉しかったです。あんまり焦らないようにして、今年度残り僅かな時間、やってみたいと思います。』

ghjalghjal2010/02/26 00:10>それでも(この子の場合は、無理だと思う)と考えていました。
あのう。正直この感覚をまだ自分は克服しきっていないんだ。そこがダメなんだ。そうカミングアウトします。

scorpion1104scorpion11042010/02/26 06:18私は、子どもたちは能力的にも精神的にもでこぼこあるけれど、同じだと思っています。大きなでこぼこにつきあえるのは教師しかいないと考えると、それはもう大変だと思います。「学び合い」は、このでこぼこに向き合える素晴らしい方法だと思います。どの子どもも得意な面と不得意な面があるので、自分としてはどのような診断名がある子どもでも、その子どもが笑顔で活動できる部分を見つけてサポートすることを主に考えています。教師側のサポートの仕方を理解すると子どもの中に広がっていきます。今日は、授業参観です。全員、将来の夢を語ります。場面緘黙傾向の児童には、その子が帽子をかぶって全員顔を伏せれば言えるということを、友だちが見つけてくれました。感謝感謝です。学び合っていると毎日発見があります。上記のメモの詳細はわからないので、このようなことがお役に立てるかわかりませんが、その先生が現場の中で苦悩されておられること事態が子どもを思う優しさにあふれた方だと感じました。また、優しさにあふれるN先生だからこそ号泣のお気持ちも伝わってきました。

jun24kawajun24kawa2010/02/26 13:41ghjalさんへ
 私は克服できないかもしれない。でも、それを自覚すれば暴走はなくなります。
scorpion1104さんへ
 ありがとうございます。

katokiti2003katokiti20032010/02/26 20:59でも、ほとんど全ての教師はみんな「誰一人として見捨てない」と思っています。
でも、「結果的に見捨てた形になっている」ことさえも見えにくくしまっている教育現場。
誰が悪いのでも、誰がよいのでもない。
でも、何かを変えなくてはならない。
変わるべきは私「たち」。
そしてそれによって子供も親も社会も変わっていくことができる。
だから、「謙虚さがない」と言われた自分も、買われてきたように思います。『学び合い』に踏み出したおかげで…。
あと1カ月でできることを精いっぱいやります。

scorpion1104scorpion11042010/02/28 06:49また、N先生の御本「気になる子の指導に悩むあなたへ~学び合う特別支援教育」を読んでいます。自分がやっていることがぶれてないかなと思うからです。
自分の勉強不足を強く感じます。
まだまだ、見えてないことがたくさんあり入口に立ったばかりだと反省。
N先生の著書は、素晴らしいです!
読まれてない方は、是非是非お読みください!

jun24kawajun24kawa2010/02/28 07:53katokiti2003さんへ
 我々が変われば、状況は大きく変わります。それも、ごく、近々に。期待しています。
scorpion1104さんへ
 ありがとうございます。T社に他の本の再販をお願いして下さい。ね。