西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/02/07(日)

[]洗脳完了 18:11 洗脳完了 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳完了 - 西川純のメモ 洗脳完了 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』を理解すると、今まで意識もしなかった普通が、とてつもなく変に思い始めます。逆に、多くの人にとっては、とてつもなく変なことが普通に思い始めます。それ故、「洗脳」という不穏当な言葉を敢えて使うことがあります。

 上越教育大学の教職大学院では、半年程度、学校の中に入り込みます。その中で、その学校の先生方と人間関係をつくり、『学び合い』を通して、その学校の学校づくりを一緒にやります。2月11日、上越市でそれを地元の学校の先生方に発表します。今、そのプレゼンをゼミ生達は作っているところです。

 本日、ゼミ生から異学年の『学び合い』がアピールすることがないのでどうしたらいいかを相談されました。それを言われて、私は1分ほど笑いました。

 今までも異学年の交流はありました。それは、清掃や児童会のような教科学習外の縦割り学習です。まあ、総合学習で異学年学習をすることはあります。その場合は、全ての学年で同じテーマの学習をします。つまり、今までの異学年は教科学習で定常的に不可能です。

 ところが、『学び合い』の異学年は全く違います。各学年は各学年の教科書を使って勉強します。そして、一緒にいるのです。いや、それにとどまりません。小学校1年から6年、そして、特別支援学級が体育館に集まります。そして、各クラスの先生から、各クラスの課題が短く与えられて、「みんなが達成するように」と言われて、「はい、どうぞ」です。各学年同士の交流が行われ、ごく普通に特別支援の子どもが特別支援の課題をやり、通常学級の子ども達の集団の中にいます。これを驚かない教師がどれほどいるでしょうか?おそらく、圧倒的大多数の教師は信じられないでしょう。いや、『学び合い』の同志でさえ信じられない人は少なくないと思います。

 ところが我がゼミ生は、その異学年を定常的に見ています。そして、それが簡単に自然に成立していることを見ています。それ故に、それがどれほどインパクトのあるものであることが分からなくなっているのです。だから笑いました。そして、それをビデオ等で見せれば、それだけで十分であることを伝えました。

 そして、洗脳完了だと思いました。

ghjalghjal2010/02/08 20:46初めて聞いたときは、え?と思いました。でも、きっと容易だろうし、破壊力があるのだろうな。と想像します。これを実現するためには、周囲に理解者を増やさないと…

jun24kawajun24kawa2010/02/08 21:44逆に、周囲の理解者を増やす道とも言えます。

dhfuturesdhfutures2010/02/09 05:30twitterでお世話になっています。異学年の『学び合い』,極小規模校で考えると自然です。しかし人数が少なすぎるのが残念です。

jun24kawajun24kawa2010/02/09 06:48今、私の知る限りでも、北海道の極小規模校で実践があります。また、私のところに現職派遣されている方は、来年は地元の極小規模校に帰って実践します。極小規模校なればこそ、やるべきだと思います。そうでないと、幼稚園から中学校までの固定的人間関係を打破できません。極小規模校なれば、小回りが効きます。うまくいくと、パラダイスみたいな学校になりますよ。レッツ、トライ!

chinjichinji2010/02/11 23:44こんにちは。極小規模校で実践しております。まだまだ全教科ではないのですが。算数だけでいうと全校異学年で行うと効果抜群です。クラスだけでやっている時はどうも今までの人間関係が崩せませんでした。それが全校でやることによりまったく変わりました。大規模校よりももともと他の学年の子との距離は近いので全校での実践をすぐに受け入れていました。今となっては小規模校こそ『学び合い』と感じています。かなりパラダイスに近いです。

jun24kawajun24kawa2010/02/12 06:17その成果を、御校に根付かせて下さいね。期待しています。