西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/01/07(木)

[]人生万事が塞翁が馬 22:53 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は24歳で大学院を修了し、研究生として1年間を過ごしました。何故、1年間就職が遅れたかといえば、ポカです。

 大学の試験は、真面目な女子学生のノートを借りて乗り切りました。大学からのお知らせは、友達から聞きました。ということで、人に頼って生きていました。それで問題ありませんでした。

 大学院2年の6月頃です。みんなは教員採用試験の勉強をしています。同級生に「ねえ、受験の申し込みっていつ頃?」と聞きました。実はそんなのは終わっていることを知りました。受験のことでピリピリしていたので、同級生はその話題を出さなかったのです。友達に頼っていた私は、学内の掲示を読んでいませんでした。

 という、馬鹿馬鹿しい理由で、1年を棒に振りました。

 が、結果として、修士2年の時期は暇でした。だって他の人が受験勉強しつつ、修士論文を書いているのに、私は修士論文を書けばいい。結果として、夏休み明けには書き終わりました。で、暇です。あまりにも暇だったので、二つの学会に投稿する論文を書き、Science Educationという理科教育では最も歴史のある海外雑誌に投稿する論文を書き上げました。そして、受理されました。

 その癖が残っていたので、暴走族相手の授業研究を毎日しつつ、毎日、2時間程度は学術研究をするという生活を続けました。二年間で2報の学会誌論文を書きました。結局、それがあったために、今の職業に就きました。

 どういう風になりたい、それで無理はしませんでした。流れのままに、不義理をせずに流れた結果が今です。高校教師か大学教師かを選ぶ際、決められませんでした。そのあたりは神様・仏様が決めるもんだと思っています。棒に振ったようでいて、それが無駄になるか、ならないかは、その後の動きによって変わります。思い通りになって、後になって無駄と感じることもあります。でも、無駄と思っても、後になって、ああ、あれに繋がっていたんだと思えることもあります。すぎた時間を変えることは出来ません。すぎた時間を背負った自分が、今をどう過ごすことだと思います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ima-kiy/20100107/1262866420

追伸 教職大学院の2年間は、いいよ~。ふぉふぉふぉ

sakusaku0428sakusaku04282010/01/08 06:40>すぎた時間を変えることは出来ません。すぎた時間を背負った自分が、今をどう過ごすことだと思います。
その通りだと思います。「すぎた時間へ対する考え方を変えることができます」よね。
>人生万事が塞翁が馬
実は、私が今中学校に勤めることができているのは、留年して大学生を5年やったからです。(4年できちんと卒業していると小学校の免許しかありませんでした)そもそも大学に入るのに浪人も1年してますが、全てがみごとに組み合わさって今があるのだと思います。
1月23日の夢の旅(ドリームジャーニー)はまだまだあきらめずに模索中です。

jun24kawajun24kawa2010/01/08 06:44まってま~す。本当に、いいよ~