西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/01/03(日)

[]やっぱね 16:54 やっぱね - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - やっぱね - 西川純のメモ やっぱね - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が東京から上越に異動したのは今から25年間です。その時、一番困ったのは本です。その当時の上越には間口10m程度の個人経営の本屋だけです。それから10年ぐらいたった頃に大きな本屋が出来ましたが、それでも教育の本棚はノウハウ本だけが置かれているような本屋です。結局、本屋に頼みました。でも、2週間以上かかります。しかし、それほど時間がたつと、興味が移ってしまい、無駄になることも多かった。だから、東京に行くと神保町に籠もって山ほど本を買いました。ところがネットで本を買えることを知ってからはネットに速やかに移行しました。だって、検索機能が充実していますし、直ぐに送ってくれるのですから。紆余曲折の中で、結局、アマゾンを中心に使っています。今では、大都市の本屋に行っても本は買いません。面白そうな本のタイトルをメモり、アマゾンで古本で安いものは出回っていないか、それに関連する本はどんなものがあるかを確認してアマゾンで買います。

 数日前にネットブックに関してのメモ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20091231/1262244068)を書きました。そうしたら、Kさんより記事(http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2009/12/235---amazon-ki.html)を教えてもらいました。大笑いしました。そして、「やっぱね」です。私みたいなド素人でも気付くことが、頭の良い人たちが気付かないわけはない。こりゃ紙媒体の本の終焉だと確信しました。今、アマゾンを本を使っている人は、速やかに移行すると思います。特に、先のメモにも書いたように、教育書のようなロングテール市場の場合は、ネット市場に勝てるわけありません。

 コンピュータのハードの発達は、写真やカメラや印刷業に大打撃を与えたと思います。そして、ネットの発達は書店、出版業に大打撃を与えるでしょうね。是非、これに耐えられるリストラをすべきでしょう。まずは書店には、あまり未来はないように思います。出版業は、今以上に企画力と対人関係を主軸として、現業部分は大幅にカット、デザインや構成部分は徹底したアウトソーシングにしないと耐えられないでしょう。

 一方、明るい部分は大きいと思います。日本全国に機会を得られずに埋もれている実践は数多くあります。おそらく、玉石混合だろうと思いますが、多くの人が発表する機会を得るのです。これは素晴らしいことだと思います。特に『学び合い』にとっては。私にはリアルにイメージできます。5年後の月間売り上げ第一位が、ある小学校の子ども達が創り上げた「『学び合い』の手引き書」であることを。あはははは

追伸 ちなみに、アマゾンのシステムは、そのまま音楽にも置き換えることが出来ます。ということは、レコード屋さんもレコード会社も大変な時代が、直ぐそこにありそうです。そして、ちょっと遅れて、テレビ業界や映画業界もそうなるでしょうね。

追伸2 記事にあったアマゾンのビジネスモデルで気になったところがあります。それは、アマゾンの利益が65%だということです。はたして、65%を主張できるだけの何をしているのかな?と思います。おそらく、現在のアマゾンの古本販売の手数料ぐらいが妥当なあたりだと思います。まあ、そんなことはグーグルやネットの新興会社の頭のいい人が当然考えると思います。本当は、そこのあたりを出版社が気付いてくれたらと思っています。

ghjalghjal2010/01/03 17:16旅先でようやくKindleを見ました。飛行機の中で。日本では見たことがないです。紙媒体に未練は残ります。が、時代の趨勢なのでしょうか?個人が個人で出版ができる時代。世界的に見て紙を電子が上回る時代。2010年代の10年間は、どのような時代になるのでしょうか?子供たちが大人たちと同じ土俵に立てる日も(もう存在しているけれども)近いのでは?と思っています。

jun24kawajun24kawa2010/01/03 18:25おそらく、併存する時代は十数年はあると思います。まあ、レコードがCDに移行したり、VHSがDVDに移行するだけの時代があります。主に、人間の要素(つまり、移行できない人間がいるという現実)に基づくものです。ですから、媒体は多様に展開しましょうね。

abematuabematu2010/01/03 23:34わたしも同じ事を書いています。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/abematu/20091230/1262180427
で。

iPhoneだと、アプリケーションにkindleがあるのですよね。
わざわざ、Amazonのハードを買う必要がない。
日本で対応したら、イチハヤク電子出版できるように書きためておこうかと思っている次第です。
とにかく、自分のためというのではなく、地域のため、日本のため、世界のために、『学び合い』を広めたいですね。
今年は、そんな抱負を抱いております。

jun24kawajun24kawa2010/01/04 07:33次の攻めの一手が見えましたね。期待しています。