西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

10/01/31(日)

[]勲章 17:46 勲章 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 勲章 - 西川純のメモ 勲章 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大抵の大学教員は、名誉教授になれば勲○等の勲章がもらえます。大学の事務局が、そのための手続きをしてくれます。そして、学会長や学長を務めれば、もう一つ上の勲章をもらえます。

 昨日、子ども達から勲章を貰いました。

 自分たちの教育研究に基づく教育を受けた子どもから感謝され、そのクラスに行くとサインを求められる。はては、思いのこもった感謝状を頂ける。この栄誉を得た教育研究者が何人いたでしょうか?私は誇ります。

 HPの『学び合い』を学ぶコーナーの玉手箱にアップしました。

[]中学校に 17:46 中学校に - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中学校に - 西川純のメモ 中学校に - 西川純のメモ のブックマークコメント

 小学校で『学び合い』を実践されている方の中には、中学校に行ったら大丈夫だろうか心配な方がおられるでしょう。でも、大丈夫です。HPの『学び合い』を学ぶコーナーの玉手箱にアップしました。

aki-kichiaki-kichi2010/01/31 18:46心より感謝いたします。

jun24kawajun24kawa2010/02/01 07:18いえいえ、こちらこそ
心と体全体で感謝します。
言うまでもないけど、子どもに見せてね。

10/01/30(土)

[]群馬の会 22:41 群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - 西川純のメモ 群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日、高崎に集まった方は大満足でお帰りになっただろうと思う。私の話なんて、へ、みたいなモンだ。臨採・新採・中堅・ベテランのそれぞれの先生方が最初に『学び合い』に出会ってからの変化を分かりやすく、それぞれの味で語ってくれた。えかった~!

 が、子どもには勝てませんね。小学生のプレゼン、大爆笑。でも、非常に論理的で、実証的データに基づく説得力のあるものでした。高校生の発表は、涙腺決壊です!!!

 彼らは一生懸命に、「私たちに『学び合い』の授業を与えて下さい」と語っていました。私は嗚咽をしながら、「すみません、すみません、力が無くてすみません」と泣いて詫びていました。しかし、その中でも子ども達がえるものが大きいことを感じ、救われました。

 全国の同志へ!子ども達が待っています。急がねば!

[]カールじいさんの空飛ぶ家 11:51 カールじいさんの空飛ぶ家 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - カールじいさんの空飛ぶ家 - 西川純のメモ カールじいさんの空飛ぶ家 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 えかった~。エンディングロールの最後まで観た。レンタルでも見ようと思う。善人が幸せになる映画が大好きです。結局、食満ちた後の人の幸せは、他の人に必要とされることによって生まれるのだと思います。

bunbun-hbunbun-h2010/01/30 22:31私の住む県の県議会議員とツイートで、教育について軽くつぶやき合いました。
どうも政治の世界は苦手なんですけど、それゆえに面白い体験でした。
「より大きな集団をイメージ」することの一環だったかもしれませんね。

jun24kawajun24kawa2010/01/30 22:33今年は、もう一つ、動きますね。ワクワク

jun24kawajun24kawa2010/01/30 22:33今年は、もう一つ、動きますね。ワクワク

saruakkosaruakko2010/01/30 23:31今回もお話できて大変有難かったです。帰りはゆうゆうさんとずっとお話できたので、そこで西川先生のお話を反芻することができました。確かに私の中で、子どもを信じ切れていない部分があり、それを低学年だから・・・と言い訳していたのだなあと思いました。
これから手立てをこちらから例示してしまうのではなく、環境の中に散りばめて、子どもの自発性に任せていきます。

西川先生の定時制でのお話に、去年の自分の姿、そんな中での『学び合い』との出会いを思い出し、涙が出ました。最近忘れかけていたことです。
一人も切り捨てない、を今一度考え、実践していこうと思います!

ghjalghjal2010/01/30 23:52子どもたちのプレゼン。やっぱり破壊力がありますね。帰りの車のなかでは、横国大生と大盛り上がりで振り返りました。

ayakitamiayakitami2010/01/31 00:35あと一年でどれだけ日本に広められるかなぁ、わくわく。

take1_No12take1_No122010/01/31 00:37本日は、大変お世話になりました。自分にできることは、まだまだたくさんありそうです。ありがとうございました。

kuro106rakuro106ra2010/01/31 02:24本日は、本当にありがとうございました!
もっともっと、求めていこうと思います。

tako-suketako-suke2010/01/31 05:08昨日は、本当にありがとうございました。小学生の発表には、私も涙が出ました。

jun24kawajun24kawa2010/01/31 17:38同志へ
私は2年前に、5年後には日本を変えられると豪語しました。つまり、あと3年です。でも、かなりのリアリティを持てます。

katokiti2003katokiti20032010/01/31 17:45昨日はありがとうございました。
小学生、高校生の発表、感激しました。
そして、気を引き締め直しました。
例の話、できるだけ早くメールしますm(_ _)m

jun24kawajun24kawa2010/01/31 18:26待ってます。
極上をいっぱいね。

10/01/29(金)

[]西宮 23:19 西宮 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 西宮 - 西川純のメモ 西宮 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 関西の同志の学校で講演のため、出張。びっくりするほど、多くの人が『学び合い』を理解しようともがいています。本当に嬉しかった。

 私も暑苦しい講演をしました。予告の1時間のお題で構成しましたが、案の定、50分になりました。ということで構成を修正し、時間に合わせました。でも、根幹は伝えられたと思います。正確には伝わった人には伝わったと思います。今日の種が、来年に発芽すればいいな。

[]昨日 06:55 昨日 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日 - 西川純のメモ 昨日 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は、兵庫の同志と飲んだ。7時から4時間も。さすがに疲れてバタンキュー。でも、層の厚みを感じ。嬉しくなった。

tomkicktomkick2010/01/30 08:45西川先生
昨日はほんとうにありがとうございました。
西川先生との約束。ルビコン川を渡ること。果たせたでしょうか?
まだまだ一歩を踏み出したばかりなので,今後もサポートをよろしくお願いします。
その後の打ち上げでも,『学び合い』についての話があちこちで。研究発表前にはこんなに話したことなかったのに(笑)
西川先生の熱い話を聞いて,熱が伝わっていく感じ伝わってきました。
来年度からの研究はもっと大きな変革を果たせるかもしれません。
とりあえず,最初の一歩ができたということをよしとしようと思います。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2010/01/30 11:49ルビコン川を渡ったカエサルは勝利した。期待しています。同時に、暗殺された。理想は高く、現実には柔軟に。期待しています。

10/01/28(木)

[]アバター 18:01 アバター - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アバター - 西川純のメモ アバター - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高校時代はオフコースにどっぷりと浸っていました。その中でも、小田さんと鈴木さんの時代の曲が一番好きです。新しいレコード(CDじゃありません。ふぉふぉふぉ)をかけると、すぐに好きになる曲があります。大抵は鈴木さんの曲です。ところが、2週間も毎日聴く頃には、小田さんの曲の方が好きになります。いつもそうです。不思議だな~っと思っていましたが、私なりの解釈は、鈴木さんは曲が良いんです。ところが、小田さんは歌詞が良いんです。

 本日、早めに家を出て、関西の映画館でアバターを観ました。3時間近い長い映画なのですが、飽きずに最後まで観ました。映画代分は十分あります。大ヒットになるのも頷けます。が、二度見たいとは思いません。それは映像は美しく、特殊撮影が光っています。が、ストーリーはほとんどなく、結末もバレバレです。好調な興行成績ですが、そんなに続くとは思えません。

 が、一度は観ることをおすすめします。綺麗でしたよ。

 で、これから兵庫の同志と飲みます。

tomkicktomkick2010/01/28 23:39西川先生。
今日はありがとうございました。
明日は,アバターのような派手さはなくても,じわ~っと残る『学び合い』の授業が見られるはず。
どうぞよろしくお願いします。

szeidzsiszeidzsi2010/01/29 01:54食事の旅にお菓子を食べ続けさせるより、ご飯を食べ続けさせるほうが結果的には相手に喜ばれ、相手も健康になる・・・ていう感じでしょうか。

szeidzsiszeidzsi2010/01/29 01:55間違えました。「食事の度」です

jun24kawajun24kawa2010/01/29 06:11tomkickさんへ
 今日は楽しみにしています。
szeidzsiさんへ
 大事なものは何か、とうことですよね。

10/01/27(水)

[]説明力 07:01 説明力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 説明力 - 西川純のメモ 説明力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨夜の深夜に、以下のようなメールを頂きました。

 『何度もメールをしてしまい恐縮です。とるに足らない些細なことをすぐにメールすることは避けようと心掛けている私ですが、今、些細とは思えない気分に陥ってしまい、書かずにおれず、書いています。すみません。(ご返信いただかなくとも大丈夫です。)

 たった今、手引き書超短縮版を読み終えました。この19ページの冊子を読むのに随分時間がかかりました。ここ数日(一体どうなんだろう?)と考えていたことについて詳しく書かれていたり、講義を聴講させていただいた時のことを思い出したり、なぜだか思わずこみあげてきたり、「ここは捉えが甘かったようだ」「ここの捉えは大体よさそうだ」などなど、かなりいろいろと思いをめぐらせながら読んだので、とても時間がかかりました。

 直接アドヴァイスをいただけるのだから、まだ読まなければ良かったのかもしれない・・・なども考えました。(目の前の子どもの様子を十分把握しないまま「マニュアル通りに演じる」ということになりはしないか?と感じたからです)

 ところがそんなことよりも衝撃を受けてしまった部分がありました。

 「特別支援が必要かと思われる子が100点を取ることがある。馬鹿馬鹿しいほど理由は簡単で、家でやってくるようになるから」と書かれているところです。

 私が受け持っているクラスの中で起こったことが、寸分も違わずに書かれていました。これは一体何なんだ??(ネバーエンディングストーリーに出てくるあの本みたいだ)とか、ぐるぐると不思議な気持ちに襲われ、SF映画の中に投げ込まれたような衝撃を受けました。

 ぞーっとして、10分?20分?30分?

 放心状態でテーブルの上に突っ伏してしまい、今やっと立ち直ったところです。(笑)

 もう一冊の「従来型指導的『学び合い』の手引き書」も読んでみようと思いましたが、読んだ内容が先入観としてあると、それにとらわれて「マニュアル通りに振る舞ってみよう」という、「上っ面だけ子どもに投げかける」という事にもなりかねないと思ったので、ひとまず読むのをやめてしまいました。

 寝る前にチョコっと読んでおこう、という気持ちで読みはじめたのに、まさかこんなに衝撃を受けるとは思いませんでした。真似事なりにも、実際に自分でやってみてから読んだことは、とても良かったです。』

 私の返答は、以下の通りです。その方が「理科の方」でしたので、そのように返答しました。

 『こんにちは西川です。嬉しいメール、ありがとうございます。

 たとえ話です。床に輪っかを置き、それを的とします。コップに固体の氷を入れて、輪っかの上から落とせば、おそらく輪っかの的を通すことが出来るでしょうね。それが液体の水となれば、輪っかから外れてしまう水があるでしょう。でも、大部分は輪っかを通すことが出来ます。ところが気体の水蒸気となれば、落ちるどころか拡散してしまい、輪っかを通すことは無理でしょうね?

 さて、一つ一つの水分子を子ども一人一人と考えてください。

そして、氷、水、水蒸気を水分子同士の凝縮力の違いと考えてください。なぜ、『学び合い』は今までの教育論に比べて、格段に説明力が高いのか?それは、個々の子ども達の動きを追っているのではなく、子ども集団を追っているからです。水蒸気の水分子の個々の動きを予想することは不可能でも、氷の水分子の個々の動きを予想することは可能です。

 ちなみに、『学び合い』の手引き書の完全版をお読みいただければ、『学び合い』の学校観・子ども観・授業観の詳細、『学び合い』が生じた背景、そして、多くの先生方が持たれる疑問の90%ぐらいの説明が書いてあります。時間を設けて読んでくださいね。なにしろ、「ただ」なんですから。あははは』

H2OH2O2010/01/31 02:14今日の某フォーラムで水の三態変化に関わる実践発表をしました。
発表準備のため、先週はずっと水分子のことばかり考えていました。
そこへ西川先生から上記のようなメールをいただいたので、
(どうしてこういう時にタイミングよく水分子の例えが?)と、実はまた秘かに衝撃を受けていました。(笑)
私が実践発表した同じ時間帯が『学び合い』フォーラムでしたので、同じ会場にいながらも行くことができず、少々残念でした。

jun24kawajun24kawa2010/01/31 17:48その思いで、繋がっているんですよ!

10/01/24(日)

[]才能 19:01 才能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 才能 - 西川純のメモ 才能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どんなものでも、才能のあるなしはあります。教師だってそうです。でも、才能のある人の実践にあこがれ、それを真似ようとしても無理があります。日本の圧倒的大多数の教師はごく普通の才能しか無く、一部は才能に欠けます。だから、凡夫の出来る素晴らしい実践とは何かを考えるべきだと思います。その教科の得意な人がその教科の教師となり、子どもを自分と同じにしようと教えます。同じように、教える才能のある人が教師の手本となり、全ての人が才能のある教師のようになれると思わせると、その教師もその教え子も不幸になります。

[]感性 19:01 感性 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感性 - 西川純のメモ 感性 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』に関して、私よりもっと優れた実践を出来る人は山ほどいます。でも、自分自身で他の人には負けないと思うことが二つあります。

 第一は、おそらく私以外はとても無理だとおもうようなことを、私は実現可能だと信じられます。

 第二は、シンプルさです。シンプルであることを美しいと感じる感性です。

 もし、以上のうち一つでも欠けていたら、『学び合い』は班学習の亜流になっていたと思います。だから、そうならないためには頑固でいます。

[]シンプル 19:01 シンプル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - シンプル - 西川純のメモ シンプル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 おそらく私は日本中でいちばん多くの『学び合い』の実践者と関わっています。そして、その人の悩みを聞いています。そこでの結論です。『学び合い』のうまくいき、自信を持っているとき、実践は限りなくシンプルになります。が、壁にぶち当たり、ぶれ始めると、必ず、プラスアルファーをし始めます。そして、際限なくプラスアルファーをし始めると、何が何だか分からなくなってしまいます。

[]理論2 19:01 理論2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理論2 - 西川純のメモ 理論2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育実践の巨人たちは多くの珠玉の言葉を残してくれている。が、残念ながら、その多くは個人の経験則に基づいているため、その人と同じような経験を持たない人は誤解してしまう。個人の経験を越えた知恵にするには、学術の理論が必要。が、学術は実践で吟味され評価されることを避けていた。学術も実践も、ある一定以上に進まないのは、それが原因だと思う。

[]理論 19:01 理論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理論 - 西川純のメモ 理論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 素晴らしい授業はテクニックではなく「志」だと思う。でも、その志がぶれないためには理論が必要。

[]上越の会 08:01 上越の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越の会 - 西川純のメモ 上越の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は上越の会がありました。大成功だとおもいます。私がな~んもしなくても、これだけのことをやり遂げた、佐藤ゼミ、水落ゼミ、そして西川ゼミのゼミ生を誇りに思います。講演していただいた、佐藤さん、星さん、素晴らしかったです!そして、午前の部で大活躍してくれた里公小学校の子ども達、それを許してくれた里公小学校の校長先生、教頭先生、先生方に感謝します。雪の中でも参観していただいた参加者の皆さん、ありがとうございました。

 参観者の方には、十分に満足されたことを確信しています。

 で、私の頭は次をイメージしています。今回の会に参加していただいた方は、次回はまわりの人を誘って参加されると思います。つまり、もっと、もっと参加者は増えます。今回は上越教育大学の講義室で最大の部屋です。が、公開授業では満杯ですね。もし、大学を会場とすると体育館しかない。しかし、真冬は寒すぎる。となると時期の検討が必要だと思います。

 次回への課題は、なによりも近隣の参加者を増やすこと。でも、確実に種は蒔かれたと思います。

追伸 ふと思います。普段交流のない、小学生と中学生が会場でいっしょになり、その場で『学び合い』をするっていいですよね。小中連携の理想的な姿になると思います。

ghjalghjal2010/01/24 08:05会の成功を心からお祝いします。ゼミのみなさん。おめでとうございます。思うに、この3つのゼミ生の皆さんは、単なる学術・研究をしているだけではないんですね。まさに、今後の日本の未来を切り開く大事業を担っているいるのですね。

jun24kawajun24kawa2010/01/24 09:23もちろんです!
それは全国の同志も同じですよね。

o4dao4da2010/01/24 10:53昨日はありがとうございました。体験を交えた先生の話になるほどなーと感じました。

渡部渡部2010/01/24 14:33北海道から参加した渡部という者です。昨日は一日どっぷりと『学び合い』の世界を体験させていただきました。
色々と引っ掛かっていたことも、自分自身の考え方・やり方の問題であると理解でき、スッキリしました。本当にありがとうございました。
北の地で『学び合い』を広げていきたいと思います。これからもご指導宜しくお願いします。

jun24kawajun24kawa2010/01/24 19:26ofdaさんへ
 ブログに書いてあった大発見。何か分かりませんが、期待しています。
渡部さんへ
 遠方からご苦労さまでした。北海道が動くのは、あと少しです。

tomkicktomkick2010/01/24 21:23>自信を持っているとき、実践は限りなくシンプルになります。が、壁にぶち当たり、ぶれ始めると、必ず、プラスアルファーをし始めます。そして、際限なくプラスアルファーをし始めると、何が何だか分からなくなってしまいます。

なんだかよくわかります。
ついつい欲が出るときとかもあるかもしれません。技術的なことや,変わったことをすることで,より子どもが育っているように見せたい。なんか,そういう気持ちを見透かされているような気がします(汗)

jun24kawajun24kawa2010/01/24 22:06迷って良いんです。でも、戻る先はシンプルな考え方。戻るまでの時間が短くなります。これって、私自身の経験です。

enablerenabler2010/01/24 23:08「理論2」に反応
暗黙知の伝承に関心があります。
ナレッジマネジメントの概念で、野中郁次郎氏SECIモデルが参考のひとつになるかもしれません。

sakusaku0428sakusaku04282010/01/25 05:23>普段交流のない、小学生と中学生が会場でいっしょになり、その場で『学び合い』をするっていいですよね。小中連携の理想的な姿になると思います。

私にも、イメージできました! しかも、いわゆる学校行事的な一種の特殊な「小中連携」ではなくて、日頃の何気ない普通の授業で…
それには、自分(私は中学校)だけでなく、「小学校にも」同じ『考え』の仲間が必要だと思います。
そんな仲間(小学校に限らず)をどんどん増やしていき、みんなで幸せな社会を創っていくことに貢献したいと思います。

jun24kawajun24kawa2010/01/25 07:01enablerさんへ おそらく知恵は個人の中にあるのではなく、集団の中にあると思います。だから、集団に参加することによって、本当の知恵が学べるのだと思います。
sakusakuさんへ 僻地だったら直ぐに出来ますよね。都市部も小中が近ければ、直ぐにできます。

mori1046mori10462010/01/25 19:02 理論、実践、巨人たちのお話、心にスッと入ります。

tanaka3tanaka32010/01/25 21:28西川先生、一昨日は有難うございました。飛行機の関係で途中退場せざるを得なかったのですが、午前中の子どもたちのライブ&午後の実践発表と、上越は九州からかな~り遠かったのですが(笑)、参加して本当によかったと心から思います。まだまだ『学び合い』に出会って日が浅いため修行中の身、さらに学ばせていただきます。今週金曜日の西宮浜小学校参観でまたよろしくお願いします。

chia_nechia_ne2010/01/25 22:15『学び合い』の会IN上越、ありがとうございました。先生に教えていただいたことを実践に移せるようにコツコツ日々の積み上げをしていきたいと思います。上越で得たことを子どもたちとも共有し、3学期のエネルギーとしたいと思います。『学び合い』の会ではいつも元気をいただけるので、感謝です。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2010/01/27 07:05mori1046さんへ
 子ども達のための悪巧み、いっぱいしましょうね。
tanaka3さんへ
 でしょ。飛行機代分の価値があるでしょ。でも、あれって、やろうと思えば、直ぐに御校でも出来るんですよ。期待しています。
chia_neさんへ
 もっと、もっと、と子ども達の尻を叩かないと、子ども達は腐ります。それは、自分自身に対してもです。もっと、もっと。ね。

10/01/22(金)

[]誇らしい 22:41 誇らしい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誇らしい - 西川純のメモ 誇らしい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、我がゼミ生が発表しました。指導教員の欲目かも知れません。でも、違う!本当に凄い!一人一人の方向性や方法論は違うけど、凄い!とても誇らしく思います。

[]光栄 22:41 光栄 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 光栄 - 西川純のメモ 光栄 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は高等学校では自然科学部に所属しました。その顧問は日本の動物行動学の権威である日高敏隆先生の薫陶を受けた方でした。その影響もあって、1年間の殆どは蝶を追いかける日々を過ごしました。そして動物行動学に興味を持ちました。今西錦司の全集やコンラット・ローレンツの本を読み、動物行動学を学びたいと願いました。そのため筑波大学生物学類に進学しました。が、進学してビックリしました。私はどの大学でも動物行動学を学べると思いましたが、最先端の学問の場合、そんなことはありませんでした。私と同じ間違いをして入学してしまった人があと二人いました。結局、3人で自主ゼミをして原書講読をしましたが、18歳の学生3人で出来ることには限界がありました。

 本日、「学習臨床コースから大学院の教育実践高度化専攻に異動されたということですが、大学院にいかない限り先生のもとで『学び合い』について研究を行うことは不可能ということですか?」というメールを頂きました。おそらく、大学院進学を考えている人からのメールだと思い、「ちゃんと説明するために、あなたの状況をお教え下さい。」と返信しました。その返信は、「私は上越教育大学入学をめざしている高校3年生です。以前から学習方法臨床について興味があり、西川先生の本を拝見させていただきました。その時大きな感銘をうけ、ぜひ先生のもとで研究したいと考えていました。」とあったのです。私は、ビックリしました。ここにおいて、私が教職大学院に異動したため、学部では指導を受けられないことを心配した高校3年生であることを理解しました。そこで、学部の教職デザインコースというものがあることを説明し、大丈夫だと説明しました。でも、高校3年生が大学でもなく、学問でもなく、私を特定して希望すること好奇心を覚え、それを聞いたところ、「わたしは小学校高学年のころから、こと細かにすべてを説明したかと思うと、プリントをただひたすら黙々と解かせる先生。そしてそんなクラスを他のクラスの先生が「立派なクラスだ」とべた褒めすることにとにかく疑問ばかりいだき、「こんなだったらこんなに多くの生徒をひとつの部屋にまとめる必要ないだろ」と生意気にも小学校ながら考えていました。そんなことを考えながら成長し高校生になったとき「座りなさい!と言わない授業」という本に出会いました。そこから、西川先生の研究室について調べるようになったのです。」とのこと、恐るべし!

 あ~。ビックリすると同時に、光栄です。この人は、私より上です。

[]群馬の会 06:35 群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - 西川純のメモ 群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 こんな子たちが発表します。お誘いします。あ、明日は越後『学び合い』の会を上越で行います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kuro106ra/20100121/1264092420

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/D902i/20100121

ghjalghjal2010/01/23 12:13疑問も持たず、ただ黙って座り、言われたことを言われたようにやり、それを評価されて育つ。いわゆるよい子。素直な子。実は、結構たくさんいるのです。それが良かれと。それでいいんだと。でも、疑問を持つ子。私の教室にもいるんだけれども、先生!そのやり方は違うんじゃないの?私はこう思います。そういう子。たとえ『学び合い』に対しても疑問をはさむ子。そういう子がいることが大切だと思います。そして、素直にうれしいです。その高校生。群馬の子。本当にうれしい存在ですね。この子たちが担う未来の日本。結構いい線いけるのでは。そう確信してきました。

jun24kawajun24kawa2010/01/24 07:51そのような子どもの集団を育てたいですね。それが、本当の自由な民主主義国家の礎だと思います。そして、我々の老後も守っていただける。

10/01/21(木)

[]自分 08:32 自分 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分 - 西川純のメモ 自分 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生には「教師の第一の資質は、保護者・子ども・社会の悪口を言わないこと。それが本当であっても。言えば、自己改善しなくなる。そして、自分の言葉で、自分を腐らせる。」と言います。

 本日、ふと、自分の特徴を発見しました。それは家族に対して、家の外の人のことを否定的に言ったことがないのです。思い起こせば、小さいときからです。何でだろうと自己分析しました。そうすると、私は特定の人を憎み続けるということがないようです。これには、ちょいと説明が入ります。学内政治や学会政治において、政敵はいます。ある情報が入ると、カッカして怒ります。しかし、それは数時間以内に収まり、その人にもその人なりの立場があるんだろうと理解します。そして、淡々とその人の論を潰す作戦を考えます。そのころには、その人に対する憎しみはありません。まあ、例えてみれば、コンピュータとの対戦ゲームをやっているようなもんです。コンピュータに対して、憎しみは持ちませんよね。頭は、どうやって、それを乗り越えるかでいっぱいになるはずです。あれと同じです。だから、家に帰ることには、わざわざ家族にそのことを言うことはないのです。

 何でそうなっているのかを考えました。それは、憎しみ続けることによって、自分の言葉で自分を腐らせたくないという、自己防衛が無意識に働いているのだと思います。

追伸 怒りは収まりますが、執念深さは相当なものです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20031218/1172910563

[]川柳 08:32 川柳 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 川柳 - 西川純のメモ 川柳 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツイッターで笑える川柳がありました。もったいないので紹介します。

総会に出ない人ほど文句いい PTAについてです。

社会性なくても社会は教えられ

参観日晴れ舞台でもその程度 先生の授業が今ひとつ、面白くなくて詠める。

先生の頑張りばかりが気にとまる

そりゃそうだこんな授業で親は来ず

親呼んで何を見せたいこの授業

 なお、私の川柳は

我が息子、別方向で大活躍 目を伏せながら喜ぶ自分を笑いながら詠める

親ばかは先生見ずに息子見る

参観日恥ずかしすぎて部屋を出る

参観日出てきて欲しい親は来ず

参観日息子暴走絶好調

ghjalghjal2010/01/21 19:46川柳。思わずニンマリ。そうそう。いいとこついてる。
自分の言葉で、自分を腐らせることのないよう…努力します。ちょっと心の中で同僚を罵っていました。なるほど、コンピュータゲームだと思えばいい。でもなあ、なかなか強敵だなあ!

jun24kawajun24kawa2010/01/21 22:08一気に潰そうと思うと、無理がでる。まあ、最短でも半年はかけねば。

10/01/20(水)

[]お受験 22:11 お受験 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お受験 - 西川純のメモ お受験 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、学校として『学び合い』に取り組んでいる小学校に行きました。校長先生から、ちょっと嬉しい話を聞きました。

 どこの地方の県でもそうだと思いますが、国立大学教育学部の附属中学校はその地域のエースです。上越教育大学附属中学校も附属小学校からの進学者に加えて四十数人を受け入れます。附属中学校の受験生は上越市、妙高市、糸魚川市、柏崎市から集まります。その広がりと人口は、小さい県に匹敵します。

 その学校から3人の受験生があり、3人とも合格したそうです。これって凄いと思いませんか?その学校は、学年1学級で、クラス二十数人の学校なんです。校長によれば、3人が一人の家に集まって『学び合い』をしたそうです。

 フォフォフォ!

 セオリー通りです。

 そりゃ、そうです。クラスの中でバラバラに受験勉強したり、ましてや足を引っ張り合っていて、『学び合い』に勝てるわけありません!

[]長野の方へ 19:43 長野の方へ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 長野の方へ - 西川純のメモ 長野の方へ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 松本へ行ける人へ、お誘いします。

 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kan66/20100117

o4dao4da2010/01/20 22:27昔、テスト勉強で友達と集まって無駄話に流されるから控えるべしというのも一理あると思っていました。それなら自分のペースで必至にやるべしという意義もわかった気がしていました。それとの違いは、集団が目標(敵は本学級内にあらず、足を引っ張り合わず、安心して一致団結して学べるクラスにすべし、その方がよっぽど力つくぞ)を共有したことでしょうか?

jun24kawajun24kawa2010/01/20 23:02結局、最高の教材は人だと言うことだと思います。

10/01/19(火)

[]ビックリ 22:07 ビックリ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ビックリ - 西川純のメモ ビックリ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 公明党の機関誌から原稿依頼がありました。思い当たる節が全くなく、何で私に、と正直ビックリ。理由を聞くと、編集者が私の特別支援の本の読者様であることが判明しました。私は読者様を大事にします。気持ちよく書けます。

[]業務連絡 22:07 業務連絡 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 業務連絡 - 西川純のメモ 業務連絡 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今週末の越後の会の業務連絡です。

越後『学び合い』の会IN上越 懇親会のお誘い

交 通:上教大から会場まで直接無料バスが出ます

会 費:3,500円

場 所:NICK’S Be Cafe (ニックスビーカフェ)

JR信越線高田駅から徒歩1分

    〒943-0831 新潟県上越市仲町4-8-28

℡025-521-0210

時 間:16時 『学び合い』の会終了

    16時30分 上教大発

17時00分 開  演

19時00分  終  了

特 典:お店には大型プロジェクターが設置してありますので、『学び合い』の実践を紹介されたい同士の方は是非電子媒体をご持参ください。当日飛び入り参加大歓迎です。

[]ツイッター 06:45 ツイッター - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツイッター - 西川純のメモ ツイッター - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ツイッターをやり続けています。まだ、何が何だか分かりません。おそらく、このままずっと分からないかも知れません。でも、分からなくても、その良さを感じています。

 最近感じている、良いところ。それは教師以外の多様な方に、『学び合い』の良さを伝えられる点です。ツイッターって、電子うわさ話なんです。私の「つぶやき」を拾ってくれる人は、『学び合い』に親和性の高い方です。その拾ってくれる人の「つぶやき」を拾っている人は、『学び合い』に親和性の高い方です。その拾ってくれる人・・・・。一つのつぶやきが、広がっていきます。

 万人にとっての最善の方法はありません。多様な方法が最善の方法です。様々な方法を採りましょう。

 例えば、『学び合い』の会の案内なんて、積極的に「つぶやく」といいですよ。うまくつぶやこうなんて思わなくて良いです。ツイッターの良いところは、うわさ話と同じで、どんどん消えていくんです。そのあたりがブログとは違う。「旅の恥はかきすて」で、どんどんつぶやきましょう。

[]またまた群馬の会 06:34 またまた群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - またまた群馬の会 - 西川純のメモ またまた群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 これ読んでください。ね。

 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/take1_No12/20100118/1263825101

sumi-chansumi-chan2010/01/19 19:37「電子うわさ話」あはは!確かにそうですね(笑)
twitterは、同じ方向を目指している方々とつながりができるところに、すごく魅力と可能性を感じています。

sumimonsumimon2010/01/19 21:18とりあえず、つぶやいていこうと思います。

bunbun-hbunbun-h2010/01/19 22:14民主党の次は公明党ですか。
私の場合は(とてもささやかではありますが)自民党でした。
面白いですね~

jun24kawajun24kawa2010/01/19 22:16二人とも、いっしょにつぶやこうね。
あと、bunbunさんへ
結局、党ではなく、人なんですよね。

ybhdv7ybhdv72010/01/20 01:24いよいよ今週ですね!
わくわーく♪

jun24kawajun24kawa2010/01/20 06:39おいでませ、上越へ

ghjalghjal2010/01/20 06:44その、私はまだ怖くて始めていないツイッターつながりです。なぜか渋谷区議員の方が、うちの教室に来たいなどとメールが来ました。

jun24kawajun24kawa2010/01/20 06:49あははは
是非、見せて伝えてください。もちろん、子ども達には、君らが日本を変えるんだ!と檄を飛ばしてくださいね。

jun24kawajun24kawa2010/01/20 06:50追伸です。その方は、少なくとも手引き書の短縮版は読まれている方ですよ。

ima-kiyima-kiy2010/01/20 09:53ジーンさんへ。渋谷区議の方を差し向けたのは私です。上越の会に参加できず、悔しがっておられたので、関東でも公開してる人はたくさんいますよ、と紹介しました。3月の代表質問で区議会に紹介したい、とのことでした。

jun24kawajun24kawa2010/01/20 17:14ふふふ
あなたが黒幕か~

katokiti2003katokiti20032010/01/20 19:13ここにももう1人、黒幕がおりまっせ~(-_-)
渋谷区議の方は、2月中の参観を希望されています。
可能な方はぜひ挙手を!

jun24kawajun24kawa2010/01/20 19:40ふふふ、越後屋がいっぱいいて、お代官様は満足であるぞよ。

iku-nakaiku-naka2010/01/20 21:01上越の会は日程が合わず失礼しますが、その代わりに本校の先生がお邪魔します。4月から『学び合い』の考え方で授業を行っている先生です。「会に行ったら、分からないことはどんどん聞いて来て下さい」と伝えてあります。よろしくお願いします(深々と礼)。

ghjalghjal2010/01/20 21:22おぬしも悪よのう。
なあんだ、ちゃんと黒幕がいたんだ。
誰が印籠をかざすのでしょう。楽しみです。横浜の市議も誘ってくれないかな?

bunbun-hbunbun-h2010/01/20 21:52愉快愉快!

jun24kawajun24kawa2010/01/20 22:12同志諸氏へ
 もっと、もっと、もっと、も~っと!

bunbun-hbunbun-h2010/01/21 00:53もっと、もっと、もっと、拡散していきましょう!深く広くそして浅く。

jun24kawajun24kawa2010/01/21 06:14はい!
そのためには、多様な方法からアプローチしましょう。

10/01/18(月)

[]信じる 22:43 信じる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信じる - 西川純のメモ 信じる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は、ゼミ生集団を信じています。おそらく、他の人からは考えられないほど。そして、私の予想を上回る成果を上げ続けています。正直、冷静に考えれば信じられないほど。どんどん信じて、いいんです。ただ、仮に短期的に出来なくても、責めなければ。責めるとしたら自分。彼らは出来る力があるのに、出来ないのは自分が悪い。でも、自分にはその力がない。だから、駄目だったら腹を割って、語るだけ。

 一人の人間の力なんて、「へ」みたいなもんだ。同志のブログを読んで、ふと、書きたくなりました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/katokiti2003/20100118

[]群馬の会 21:49 群馬の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 群馬の会 - 西川純のメモ 群馬の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 前回では笑いと納得の保護者の発表ですが、今回は小学生の発表だそうです。埼玉の会での中学生の発表の最年少記録を更新予定。

 教員が集まる会で、小学生が発表!これだから『学び合い』は面白い。お誘いします。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/nome2733/20100118

twoyoshitwoyoshi2010/01/19 04:13先日のお茶研での「語り」は、ものすごく良かったです。またお願いします。

jun24kawajun24kawa2010/01/19 06:35あははは
了解
でも、な~んもしなくてもうまくいく、というのが目指すべき姿ですから。あのレベルのことは、集団の文化になれば、私が語る必要はないですよね。期待しています。

10/01/17(日)

[]試験監督 22:17 試験監督 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 試験監督 - 西川純のメモ 試験監督 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 センター入試の試験監督をして、ふと気付きました。高校教師から大学教師に異動した、今から二十数年前は、入試問題を試験監督しながら解いていました。特に、自分の専門の理科は。しばらくは続きました。が、今は解こうとはしません。ちらりともみようとはしません。

 理由は私の興味が教科内容から子どもに移ったからだと思います。そして、最近では、一番重要なのは、何を学ぶかではなく、どのように学かだと思うからです。どんな内容にせよ、国民がすべからく学ばなければならないものは無いと思います。逆に、どんな内容であっても、多くを学べます。

追伸 国民教育として、一定の内容を国民がすべからく学ぶものと定めることの意義はあると思います。でも、テキストの地位が低下したら検定制度は意味が無くなると思っています。

katokiti2003katokiti20032010/01/17 22:40>何を学ぶかではなく、どのように学ぶか
>どんな内容であっても、多くを学べる
激しく共感します。
「○○からなら●●を学べる」というのはあってもいいと思いますが、それだけに固執してはいけないんだと思います。それはその人が感じたレベルであって、必ずしも全ての人がそう感じるとは限らないし、○○から何を学ぶかはその人が決めることなんでしょうね。

自戒の意味を込めてですが…(^^;)

jun24kawajun24kawa2010/01/17 23:01万人に合う内容なんて無いと思います。よね。

katokiti2003katokiti20032010/01/17 23:03内容も方法も…ですよね。

jun24kawajun24kawa2010/01/18 06:47ピンポ~ン!

10/01/16(土)

[]教育学研究 17:59 教育学研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育学研究 - 西川純のメモ 教育学研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 型どおりの手紙文というのがあります。時候の文言などがつらつらと繋がります。でも、あれを覚えていると、たいした内容でなくても、それっぽく見えるから不思議です。

 私はメチャメチャに学術論文の業績があります。おそらく平均的な教科教育学者の10倍以上あります。理由は学術論文の書き方を知っているからです。例えば、この学会誌に投稿するならば、どんな文献を引用し、どのような手法でデータをまとめるかなどの型がどの学会にもあります。それを理解していれば、あとはその型にデータを流し込めば良いだけです。逆に、それを知らなければ、どんなことをしても受理してもらえません。でも、学術論文の業績がなければ研究者として生きていくことは出来ません。ですので学者養成の博士課程とは、上記の作法を学ぶところです。しかし、その教育を学ぶ中で、おかしくなってしまう人がいます。

 教育研究者は、日本の教育を良くしたいと志して博士課程に入学しているはずです。しかし、現実には論文を書かねば死にます。そうなると、とにもかくにも論文を書くこと自体が目的になります。つまり、日本の教育を良くする研究をするのではなく、学術論文の業績をあげるために研究するようになります。教育の研究者ではなく、教育学の研究者になります。両者を見分ける方法は比較的楽です。つまり、その人が発表なり、講演を聞けば、それが実践にどのように還元されうるかを語っています。仮に語っていなくても、質問をすれば、具体的かつ現実的な道筋を語れます。だって、それを願って研究しているんですから。しかし、教育学の研究者は「それは現場の教師の仕事で私は理論的に研究しています(基礎的な研究をしています)」と言います。理由は、実践に繋げようなんて思っちゃいませんから。

 しかし、現場の先生が思うほど、そんな先生は多くはないですよ。多くの研究者は藻掻いています。実践に繋げられなくとも、藻掻いています。

twoyoshitwoyoshi2010/01/16 18:41今日はセンター試験で、激励にいく先生方にお汁粉を作って差し入れしました。
進学校の教員は進学指導という手段が目的化している人ばかりだ、という批判も、思っている程でないなーと実感しました。

jun24kawajun24kawa2010/01/16 22:44はい、たいていの人は善意の人です。それは確かです。

10/01/15(金)

[]『学び合い』の良さ 22:10 『学び合い』の良さ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』の良さ - 西川純のメモ 『学び合い』の良さ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教師であれば、教師であることを感謝することは少なくないと思います。特に、本メモを読まれる方であれば。でも、多くの教師が感じる感激は、卒業式であったり、部活であったり・・、とにかくイベントでの感激だと思います。でも、『学び合い』は、ごく普通に感激にあふれていると思います。

 例えば、『学び合い』の授業で、毎日のグルーブ形成の中で「ねえ、お試しでグループに入れて」と言うような子は少なくありません。これって凄いと私は思います。思い出して下さい。先生が「好きなもの同士で」と言ったとき、いや、そう言うことを言いそうなとき、どれほど頭を使ったか!自分が独りぼっちにならないように、ありとあらゆる組み合わせをシミュレーションをしているはずです。気軽に、「お試しで入れて」と言えると言うことは、それを言っても拒否されず受け入れてくれるクラスだという認識がなければ言えません。

 凄いことです。いつもトイレに一緒に行くようなクラスより、暖かいクラスです。

10/01/12(火)

[]ペース 22:11 ペース - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ペース - 西川純のメモ ペース - 西川純のメモ のブックマークコメント

 洗脳旅行の方と、一日中話していました。しかし、飲み会では、一歩早く帰り、息子の風呂入れ。毎日を大事に。とても、大事なことです。

FlipperKFlipperK2010/01/12 23:50家族と過ごす時間って、大切ですよね。私も下の娘と息子と一緒に風呂に入れる時間にはいつも帰るようにしています。

jun24kawajun24kawa2010/01/13 06:35それを大事にせねばね。

10/01/11(月)

[]特殊化 22:00 特殊化 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 特殊化 - 西川純のメモ 特殊化 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 カストラートというのがあります。ボーイソプラノの声を守り発展させるために、第二次性徴の前に去勢した歌手のことです。もちろん、今はいません。これを聞いて、怒りと気持ち悪さを感じない人はいないと思います。子どもは本来、色々な方面進むべき可能性があります。でも、大人の都合で特殊化するのは醜悪です。

 本日、あるテレビ番組を見ました。ひたすら醜悪でした。小学生が意見を言うのですが、ハッキリ言って陳腐です。どこかに書かれたことのカーボンコピーです。おそらく、成人が言えば陳腐なのですが、それが小学校5、6年が言うから面白がっているだけのことです。あの年で、あのような陳腐なことを言うことを学んでしまった子どもの行く末を憂います。

 その番組で、高名な教育学者がいました。その顔を見ていると切なくなります。自分の矜恃と場を崩したくないというバランス感覚の葛藤を感じます。笑いが歪んでいた。でもよかった。純粋に笑っていたら、絶対に軽蔑した。

[]タワー 19:04 タワー - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - タワー - 西川純のメモ タワー - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子の今日のダジャレ

 通天閣から飛び降りるなんて、あきれタワー

[]お勧め 10:31 お勧め - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お勧め - 西川純のメモ お勧め - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日の興奮が収まったので、冷静に書きます。

 同志の紹介にあった「日本でいちばん大切にしたい会社」というのを読みました。

 もう、号泣です!本の帯に「油断していましたが、泣けました・・・」とあります。まさに、そうです。正直、あまり期待していませんでした。でも、同志が推薦するのだから、というので読んで、42ページあたりまでは、ふむふむと読んでいたのですが、実例紹介が始まるやいなや(47ページから)号泣です。そして、これだ!と思った次第です。私が思ったBとは、これです。これだったら、同志の中にはいっぱいある。

 全国の同志、よろしくご協力下さい。

 とにもかくにも読むことをお勧めです。

追伸 運動会、部活、卒業式で感激の涙を流した教師はいると思います。でも、毎日の普通の授業で心が洗われる涙を流せるのは、『学び合い』だけですよね。それがあるから、やめられない。

[]私なりの解釈 10:31 私なりの解釈 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 私なりの解釈 - 西川純のメモ 私なりの解釈 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「日本でいちばん大切にしたい会社」で書かれていることは『学び合い』に非常に近い、いや、経営者の考え方は『学び合い』だと思います。ただ、その整理の中で一部、私なりに別解釈をしたいと思ったことがありました。

 本の中で会社が大事にすべき人とは、と最初に書かれています。その順番は、「社員とその家族」、「外注先・下請け企業の社員」、「顧客」、「地域社会」、「株主」です。一般的なお客様第一主義でもなく、株主第一主義でもなく、「社員とその家族」というのが第一に位置づけられています。その理由として、人材が企業の最大の資源であり、社員が幸せにならなければ資源にならないことを書いています。でも、5つは相互に関わり合っています。それは著者も指摘されています。

 私も上記の順番だと思いますが、その理由は、著者とチョット違います。私の理由は、それは経営者が管理者として目標を設定できるのは「社員」だからだと思います。教師が良いクラスを作ろうとするならば、「株主である同僚や校長」、「家庭での学習を見ている保護者(外注先?)」、「地域社会」の協力が必要です。しかし、一人の教師がそれらに対して管理職として語れるのは「子ども」だけです。だから、どれが大事というのではなく、まず始めるのが「社員とその家族」だからだと思います。

 これが「社員とその家族」を第一に考える理由だと思います。

10/01/10(日)

[]大発見 22:31 大発見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大発見 - 西川純のメモ 大発見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 物事が広がるにはA→B→C→Dという流れがあります。でも、ある時代に全員がAということはありません。大多数はAであったとしても、それに準じてBはいて、それに準じてCはいて、僅かながらもDはいます。

 私は大学に身を置くため、Aから離されています。私は十数年前にDに気づき本を書きました。それは「実証的教育研究の技法」、「何故理科は難しいと言われるのか」、「学び合う教室」・・です。そして、Dの人に伝わりました。あるとき、多くの不安を持ちつつ、手引き書をHPに公開しました。これはCだと思います。そして裾野を広げています。

 ではAは何かといえば、「周りがやっている」というものです。では、ではBは何か?本日、それが分かった気がしました。今まで、マンガあたりではないかと思っていました。その場合は、ちょいと手が出せない。でも、前から感じていたある可能性が、ビンゴだと感じました。

 戦略核兵器だと思います。でも、同志の皆さんの力が必要です。もう少し考えます。

 以上、私以外には、全く意味不明のメモです。

追伸 Eは異学年の『学び合い』による、教師による『学び合い』の形成だと考えています。

sakusaku0428sakusaku04282010/01/11 06:21『学び合い』を説明するようなマンガがあると面白いと思います。子どもたちだけでなく、先生方の中にも活字嫌いの方はいらっしゃいますし。
先日、中村文昭さんという方が、自叙伝的なマンガを出されました。おそらくBを意識されてのことだと思われます。
今日注文してみようと思っています。

jun24kawajun24kawa2010/01/11 07:39私もそう思っています。でも、それを書いてくれそうな、つてが無いんですよね~

tako-suketako-suke2010/01/11 08:19バイブルです。この本に救われました。感謝いたしております。>「実証的教育研究の技法」

jun24kawajun24kawa2010/01/11 09:28あははは
あれはゼミ生の間で「名著」と略してよばれます。
おそらく、教育研究で出会う悩みの九割以上が書かれていると思います。

katokiti2003katokiti20032010/01/11 09:32『マンガ』でないとしたら…う~ん、気になります(^_^;)
アップを楽しみにしています。

jun24kawajun24kawa2010/01/11 10:31いま、アップします。

10/01/09(土)

[]学問 22:53 学問 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学問 - 西川純のメモ 学問 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 数学だって、物理だって、最先端はモヤモヤしている。それを分からず新しい学問の方法論の不備をあげつらう研究者は、他人のフンドシで研究している、二流、三流の研究者。一流の研究者は、新しい学問の可能性を理解する。

[]上司 22:53 上司 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上司 - 西川純のメモ 上司 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教授と准教授(助教授)が仲良く(遊び合って、協力し合って)20年間以上付き合えるのは希だと思う。私は就職以来、直接の上司の悪口を言ったことはない(断言)。思ったこともない!例外は、上司が50歳後半になって酒癖が悪くなったことは言うが、それは当人に直接言います。笑いながら。

 以上が、大学人として、私の強みだと思います。だって、私と上司との関係は周知の事実ですので、私に挑むことは、上司に挑むことと同じだということは、業界では周知だから。

[]仲間 22:35 仲間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲間 - 西川純のメモ 仲間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、上越教育大学で臨床教科教育学会が開催されました。実行委員長は、私、です。が正直、3日前ぐらいまで、あることを忘れていました。もちろん、あることは分かっていたのですが、本日であることを忘れていました。

 理由は、周りの人が全てやっていることに関して、全幅の信頼をしていたからです。誇ります!

[]本 22:16 本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本 - 西川純のメモ 本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 信州大学の三崎先生が”「学び合い」入門”という本を大学教育出版から出されました。お勧めです。

[]堺 07:28 堺 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 堺 - 西川純のメモ 堺 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2月28日に大阪府堺市で講演をします。お誘い申し上げます。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kogapon7/20100107/1262872251

HirarinHirarin2010/01/09 23:22今日はありがとうございました。懇親会での先生の話に痺れました。
実行委員長おつかれさまでした。

OB1989OB19892010/01/10 06:44お勧めいただき,ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2010/01/10 15:02Hirarinさんへ
 わたしの15年間は、あの話の内容で言った、戦いの日々でした。
OB1989さんへ
 ご参加いただき感謝です。
 1月23日も宜しくお願いいたします。

10/01/08(金)

[]英雄 22:41 英雄 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 英雄 - 西川純のメモ 英雄 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 携帯電話のコマーシャルを見ながら、息子がクイズ。

 ナポレオンが買った携帯は、au。ですって。

 追伸 フリーアナウンサーのフリーって何かを聞かれました。説明したら、「それは三国志の義勇軍ということ?」と聞かれました。分からんことと、分かっていることのギャップが大きいな~

10/01/07(木)

[]人生万事が塞翁が馬 22:53 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ 人生万事が塞翁が馬 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は24歳で大学院を修了し、研究生として1年間を過ごしました。何故、1年間就職が遅れたかといえば、ポカです。

 大学の試験は、真面目な女子学生のノートを借りて乗り切りました。大学からのお知らせは、友達から聞きました。ということで、人に頼って生きていました。それで問題ありませんでした。

 大学院2年の6月頃です。みんなは教員採用試験の勉強をしています。同級生に「ねえ、受験の申し込みっていつ頃?」と聞きました。実はそんなのは終わっていることを知りました。受験のことでピリピリしていたので、同級生はその話題を出さなかったのです。友達に頼っていた私は、学内の掲示を読んでいませんでした。

 という、馬鹿馬鹿しい理由で、1年を棒に振りました。

 が、結果として、修士2年の時期は暇でした。だって他の人が受験勉強しつつ、修士論文を書いているのに、私は修士論文を書けばいい。結果として、夏休み明けには書き終わりました。で、暇です。あまりにも暇だったので、二つの学会に投稿する論文を書き、Science Educationという理科教育では最も歴史のある海外雑誌に投稿する論文を書き上げました。そして、受理されました。

 その癖が残っていたので、暴走族相手の授業研究を毎日しつつ、毎日、2時間程度は学術研究をするという生活を続けました。二年間で2報の学会誌論文を書きました。結局、それがあったために、今の職業に就きました。

 どういう風になりたい、それで無理はしませんでした。流れのままに、不義理をせずに流れた結果が今です。高校教師か大学教師かを選ぶ際、決められませんでした。そのあたりは神様・仏様が決めるもんだと思っています。棒に振ったようでいて、それが無駄になるか、ならないかは、その後の動きによって変わります。思い通りになって、後になって無駄と感じることもあります。でも、無駄と思っても、後になって、ああ、あれに繋がっていたんだと思えることもあります。すぎた時間を変えることは出来ません。すぎた時間を背負った自分が、今をどう過ごすことだと思います。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/ima-kiy/20100107/1262866420

追伸 教職大学院の2年間は、いいよ~。ふぉふぉふぉ

[]課題 22:20 課題 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 課題 - 西川純のメモ 課題 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』をトライする方は課題が難しいとおっしゃる。でも本当は、毎日の課題ではなく、3ヶ月、いや数年のスパンの課題の設定の方が難しい。それだけの期間、学習を引き続ける課題とは何か?そこには必然性と意味がなければ。そこが大事。例えば、「志望校に合格する」それだけで、1年間の学習を成立させるよね。

[]愛 22:20 愛 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛 - 西川純のメモ 愛 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はゼミ生が大好きです。決意を持って、私を選んでくれた。だから、猫可愛がりしたい私の気持ちを抑えて、『学び合い』を選択しています。愛が無くて効率を求めて『学び合い』をしても駄目だろうな。人は、自分を愛しているか、いないかをちゃんと分かるから。

[]有能 22:20 有能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 有能 - 西川純のメモ 有能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は、ゼミ生に「君たちは有能だ」と褒めたことはないと思います。だって、私にとって当たり前すぎるし、彼らもオジサンにそんなことを言われなくても分かっている。ただし、「君らは日本を変える存在だ」とは何度も語ります。時に、ウエットに。時に、理論的に。私は当たり前ですが、普通の学生さんは信じられないから。

[]な~ 14:13 な~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - な~ - 西川純のメモ な~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学で教える教科教育学は、学ぼうとする構えの出来ている子どもが前提。構えのない子どもには無力。そうなると、面白教材や、生徒指導やクラスづくりに走る。でも、構えのない子どもに有効は『学び合い』という教科指導があるのにな~。おまけに生徒指導にもなる。

sakusaku0428sakusaku04282010/01/08 06:40>すぎた時間を変えることは出来ません。すぎた時間を背負った自分が、今をどう過ごすことだと思います。
その通りだと思います。「すぎた時間へ対する考え方を変えることができます」よね。
>人生万事が塞翁が馬
実は、私が今中学校に勤めることができているのは、留年して大学生を5年やったからです。(4年できちんと卒業していると小学校の免許しかありませんでした)そもそも大学に入るのに浪人も1年してますが、全てがみごとに組み合わさって今があるのだと思います。
1月23日の夢の旅(ドリームジャーニー)はまだまだあきらめずに模索中です。

jun24kawajun24kawa2010/01/08 06:44まってま~す。本当に、いいよ~

10/01/06(水)

[]対人関係の才能 21:31 対人関係の才能 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対人関係の才能 - 西川純のメモ 対人関係の才能 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 トレーニングや学習で得られる対人関係の能力があります。でも、おそらく、20歳以上で学び取れない能力があります。もしかしたら、生まれつきの能力かも知れません。それは「愛嬌」。何をしても嫌われない能力。これが凄い。我が大学の学長は、その能力があります。

ybhdv7ybhdv72010/01/07 19:11憎まれないキャラっていいですよね~♪
僕も「愛嬌」を身につけたいです!

jun24kawajun24kawa2010/01/07 19:33十分あるよ。

FlipperKFlipperK2010/01/07 19:57愛嬌…。もって生まれたかったなぁ…と思います。

jun24kawajun24kawa2010/01/07 22:22そんなコメントを書くこと自体が愛嬌ですよ。

10/01/05(火)

[]コメント 22:41 コメント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - コメント - 西川純のメモ コメント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は同志のブログに頻繁にコメントするときと、コメントしないときがあります。(おそらく、5年後には研究テーマになると思います。もしかしたら、その当人の研究テーマになるかも)

 それは、コメントして分かってもらえるときと、本人が乗り越える時期があるからです。まあ、ゆっくり2泊三日来てくれれば、伝えられます。が、来なくても半年以内に分かります。でも、環境が許さなければ分からないでしょう。でも、その場合は、私が何を言っても分からない。

[]大事なことは? 21:53 大事なことは? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大事なことは? - 西川純のメモ 大事なことは? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志のブログを読んでコメントしたくなりました。

 何度も書いていることですが、大事なことですので何度も書きます。

 教師は幸せにならねばならない。何よりも大事にすべきは家族。教え子を救って、我が子を見捨てる、そんな路線に道はない。大手を振って、大人は幸せになれるんだ、それを教え子に教えねば。この当たり前のことを、胸を張って主張するのも『学び合い』の特徴ですよね。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/yu-rikiya-ta-35/20100105/1262693867

[]一年生 14:39 一年生 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一年生 - 西川純のメモ 一年生 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある同志が一年生に『学び合い』のことに関して書いてもらったものを手に入れました。玉手箱にアップしました。

 愛しいな~

歌2010/01/05 19:54西川先生、お世話になります。
子供たちが、自分たちの学びに対して、メタ認知とまでいきませんが、振り返ることができたように思います。

Y君が書いた
「おしえてもらったから こころがそだっていって かけた。1学き ともだちがいなかったけど べんきょうができたら ともだちができた。」
という文は、とても印象的でした。授業の中で、Y君は自分の心の成長を感じていたのだろうと思います。
本当に愛しいです。

jun24kawajun24kawa2010/01/05 21:43褒めて、返して下さい。
Y君の言葉は、みんなの言葉。
Y君の言葉によって、言葉をどう使うかを学べます。
期待しています。

10/01/04(月)

[]帰省 22:50 帰省 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 帰省 - 西川純のメモ 帰省 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 しばらく夫婦の実家に帰省しました。東京では、久しぶりに母校の板橋区立下赤塚小学校、赤塚第三中学校、高島平高校を見ました。懐かしかった。東京から家内の実家のある仙台へは東北自動車道を通ります。そうなると、須賀川、郡山、本宮あたりを通ると、福島の同志の学校を思い浮かべます。自分の世界が広がったことを感じます。仙台では家内の実家の長命ヶ丘に殆どいました。

10/01/03(日)

[]やっぱね 16:54 やっぱね - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - やっぱね - 西川純のメモ やっぱね - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が東京から上越に異動したのは今から25年間です。その時、一番困ったのは本です。その当時の上越には間口10m程度の個人経営の本屋だけです。それから10年ぐらいたった頃に大きな本屋が出来ましたが、それでも教育の本棚はノウハウ本だけが置かれているような本屋です。結局、本屋に頼みました。でも、2週間以上かかります。しかし、それほど時間がたつと、興味が移ってしまい、無駄になることも多かった。だから、東京に行くと神保町に籠もって山ほど本を買いました。ところがネットで本を買えることを知ってからはネットに速やかに移行しました。だって、検索機能が充実していますし、直ぐに送ってくれるのですから。紆余曲折の中で、結局、アマゾンを中心に使っています。今では、大都市の本屋に行っても本は買いません。面白そうな本のタイトルをメモり、アマゾンで古本で安いものは出回っていないか、それに関連する本はどんなものがあるかを確認してアマゾンで買います。

 数日前にネットブックに関してのメモ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20091231/1262244068)を書きました。そうしたら、Kさんより記事(http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2009/12/235---amazon-ki.html)を教えてもらいました。大笑いしました。そして、「やっぱね」です。私みたいなド素人でも気付くことが、頭の良い人たちが気付かないわけはない。こりゃ紙媒体の本の終焉だと確信しました。今、アマゾンを本を使っている人は、速やかに移行すると思います。特に、先のメモにも書いたように、教育書のようなロングテール市場の場合は、ネット市場に勝てるわけありません。

 コンピュータのハードの発達は、写真やカメラや印刷業に大打撃を与えたと思います。そして、ネットの発達は書店、出版業に大打撃を与えるでしょうね。是非、これに耐えられるリストラをすべきでしょう。まずは書店には、あまり未来はないように思います。出版業は、今以上に企画力と対人関係を主軸として、現業部分は大幅にカット、デザインや構成部分は徹底したアウトソーシングにしないと耐えられないでしょう。

 一方、明るい部分は大きいと思います。日本全国に機会を得られずに埋もれている実践は数多くあります。おそらく、玉石混合だろうと思いますが、多くの人が発表する機会を得るのです。これは素晴らしいことだと思います。特に『学び合い』にとっては。私にはリアルにイメージできます。5年後の月間売り上げ第一位が、ある小学校の子ども達が創り上げた「『学び合い』の手引き書」であることを。あはははは

追伸 ちなみに、アマゾンのシステムは、そのまま音楽にも置き換えることが出来ます。ということは、レコード屋さんもレコード会社も大変な時代が、直ぐそこにありそうです。そして、ちょっと遅れて、テレビ業界や映画業界もそうなるでしょうね。

追伸2 記事にあったアマゾンのビジネスモデルで気になったところがあります。それは、アマゾンの利益が65%だということです。はたして、65%を主張できるだけの何をしているのかな?と思います。おそらく、現在のアマゾンの古本販売の手数料ぐらいが妥当なあたりだと思います。まあ、そんなことはグーグルやネットの新興会社の頭のいい人が当然考えると思います。本当は、そこのあたりを出版社が気付いてくれたらと思っています。

ghjalghjal2010/01/03 17:16旅先でようやくKindleを見ました。飛行機の中で。日本では見たことがないです。紙媒体に未練は残ります。が、時代の趨勢なのでしょうか?個人が個人で出版ができる時代。世界的に見て紙を電子が上回る時代。2010年代の10年間は、どのような時代になるのでしょうか?子供たちが大人たちと同じ土俵に立てる日も(もう存在しているけれども)近いのでは?と思っています。

jun24kawajun24kawa2010/01/03 18:25おそらく、併存する時代は十数年はあると思います。まあ、レコードがCDに移行したり、VHSがDVDに移行するだけの時代があります。主に、人間の要素(つまり、移行できない人間がいるという現実)に基づくものです。ですから、媒体は多様に展開しましょうね。

abematuabematu2010/01/03 23:34わたしも同じ事を書いています。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/abematu/20091230/1262180427
で。

iPhoneだと、アプリケーションにkindleがあるのですよね。
わざわざ、Amazonのハードを買う必要がない。
日本で対応したら、イチハヤク電子出版できるように書きためておこうかと思っている次第です。
とにかく、自分のためというのではなく、地域のため、日本のため、世界のために、『学び合い』を広めたいですね。
今年は、そんな抱負を抱いております。

jun24kawajun24kawa2010/01/04 07:33次の攻めの一手が見えましたね。期待しています。

10/01/02(土)

[]臨床教科教育学会 17:26 臨床教科教育学会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨床教科教育学会 - 西川純のメモ 臨床教科教育学会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は徹頭徹尾、学術研究の裏付けに基づくものです。その学術を支えている学術論文は様々な学会で発表しています。その中心が、臨床教科教育学会です。1月9日に上越で大会があります。

http://www.juen.ac.jp/lab/kubota/sec2009/sec2009A.pdf

[]東北青年塾 17:26 東北青年塾 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 東北青年塾 - 西川純のメモ 東北青年塾 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 2月27日に福島県の郡山で講演をします。講演では、初めて本格的な『学び合い』にトライする先生に、私が3回だけ短いアドバイスをしただけで、『学び合い』が成立することをビデオでお見せします。

 『学び合い』は本当に簡単です。教師が『学び合い』を変にひねくり回そうとするから、難しくなるんです。

http://seinenjuku.abetaka.jp/?eid=1305730

[]思いつき 08:04 思いつき - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 思いつき - 西川純のメモ 思いつき - 西川純のメモ のブックマークコメント

 かなり良い思いつきだと思います。

 借金だらけの予算の中で福祉を充実させるとしたら互助しかないと思います。つまり、自らお金を出しても福祉をしたいとみんなが思うような状況を作ることだと思います。また、自らが福祉をすることが、自らの福祉になるというのは大事ですね(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20091209/1260362399)。

 でも、それを組織的にやるとしたら、学校教育に「福祉」を正課としたら良いと思います。とりあえずは、総合的な学習の時間でやるとしたら手っ取り早い。それも『学び合い』的に。つまり、課題として、「自らの福祉向上に資するプロジェクトを自ら立ち上げ、維持できる」という課題をだして、「はい、どうぞ」です。凝り固まった大人以上の様々なプロジェクトを子ども達は立ち上げるでしょうね。それも予算0で。それで育った子ども達が大人になれば、互助を普通にするだろうな。

 それにしても、何故、行政は『学び合い』に気付かないのだろう。『学び合い』でやれば、教育にかかる予算は2、3割は削減できるのに。そして、教師の負担感は大幅に軽減できるのに。

abematuabematu2010/01/02 21:01臨床教科教育学会
とてもとても興味があります。
もう少し、科学的に、学術的に、『学び合い』を追求してみたいと思っているのです。今年は都合があり、参加することはできませんが、次回以降、時間を作って参加してみたいです。
わたしのようなものは、学会員にはなれないのでしょうね。

第15回東北青年塾。
広報していただき、ありがとうございます。
事務局として、精一杯がんばります。
よろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2010/01/03 07:43もちろん、なれます。是非、ご入会下さい。

iku-nakaiku-naka2010/01/05 15:10臨床教科教育学会への参加、今からドキドキです(それも発表有り)。
「学会なんて、どうせ大学の先生が難しい話をするだけ。現場の人間には関係ない」と本気で思っていました。
でも、今はその辺にいる「フツーの教師」が小難しい理論を振りかざすこともなく、生徒の学びについて、いろいろな方と話ができる場なのかなぁ~と思うようになりました。事件は「現場」で起きています。だからこそ、現場の人間が参加するとに意味があると思います。そんなことを言っても、当日は会のレベルの高さに「唖然呆然」で終わると思いますが・・・(大汗)。

jun24kawajun24kawa2010/01/05 21:44自らの実践に自信を持って下さい。
そして、その自信に恥じない、明日を歩んで下さい。
我々は最先端を歩んでいるのです。

10/01/01(金)

[]明けましておめでとうございます 11:37 明けましておめでとうございます - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 明けましておめでとうございます - 西川純のメモ 明けましておめでとうございます - 西川純のメモ のブックマークコメント

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 年頭に当たって、願うこと、それは「家族仲良く、健康で」です。

 しかし、その家族の幸せを実現するためには、より多様な「みんな」と折り合いを付けた方が有利であることを忘れません。それ故に、「利己的」に「みんな」を大事にします。

 それぞれの方が、自分の頭を使って、出来ることをやれば、「みんな」にとって良い世界はやってきます。どれが「ビンゴ!」になるか分からないのですから、とにかくみんなと一緒になって、色々なことをやりましょうね。

mzakisyomzakisyo2010/01/01 21:24あけましておめでとうございます。
「みんな」を求め続ける西川先生の勇気は素晴らしいと思います。
ここまで多くの人が知って、実践を始めるまでのことを思うと、それでも諦めずに続けきたことを称賛せずにはいられないです。
今年は働くフィールドを変えますが、『学び合い』にかけた思いをより自由に実現していきます!
今年もよろしくお願いします^^

jun24kawajun24kawa2010/01/02 07:54『学び合い』は教育に留まりません。どこにでも活かせます。期待しています。ちなみに、「みんな」を求めることに、私は勇気を必要としません。確信があるから。確信が無く、求め続けるとしたら、勇気が必要ですね。多くの人たちに確信を広げたいな。