西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/11/27(金)

[]誤算 22:22 誤算 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誤算 - 西川純のメモ 誤算 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は赤木小学校に行きました。嬉しい誤算続きです。

 まずは3時間目に赤木小学校の全先生方の『学び合い』の授業を参観しました。当然のことながら、『学び合い』に対しての間合いは様々です。明らかに『学び合い』を受け入れられない先生もおられます。これは当然だと思います。だって、革命的なのですから。あるいみ受け入れられない先生の方が常識のある方とも言える。あははは

 が、誤算だったのは、圧倒的大多数の方が『学び合い』をちゃんとやっていたことです。これには腰が抜けるほどの誤算でした。びっくり。次の誤算は、とんたんさんとkoutyさんの授業を生で見たときです。お二人の実践に関してもビックリしました。とんたんさんの『学び合い』は、ありゃ名人芸だ。ハッキリ言います。あれをみんなが出来るとは思えません。それほど、素晴らしいものでした。Koutyさんの『学び合い』は私がよく例示するシンプルな『学び合い』です。でも、極限まで削りきった『学び合い』です。無駄をそぎ落とせと私は主張していますが、ありゃ、極限まで削りきったものです。あれは、数年かけて『学び合い』が染み渡ったクラスだから出来る荒技です。凄い。

 4時間目はとんたんさんのクラスの子ども、同志、保護者とのゴチャゴチャしたフリートークです。実に意味があった。やっぱ、ゴチャゴチャと話すのがよかった。私は保護者の方と特に話しました。やらねば!と再決意しました。

 午後からは公開授業です。様々な『学び合い』の公開です。良かった。面白いのは参観者の動きです。多くの公開授業では、低学年の人は低学年のところ、とか、社会の人は社会の授業だけを参観すると思います。ところが、公開授業も十分もたつと、色々な教室を見て回る人が多かったと思います。子どもを見るという『学び合い』ならではの動きだと思います。

 授業検討会では、子どもからの発表があり、参観者からの質問に応えていました。また、指導助言の先生からは暖かいコメントを頂き、嬉しかった。

 その後の全体発表です。研究主任のとんたんさんの発表は、多くの研究指定校で行われているような分かったようで分からん不可思議な図形や、私から見るとちょいと時代遅れの心理理論の言葉はありません。ただ、願いを語っていました。その後、とんたんさんより長い時間をかけて子どもから『学び合い』の発表が参観者にありました。

 これって、『学び合い』の学校だけやっていると思いますが、本当は当たり前のことだと思います。だって、学校であることを達成しようとしているならば、そのことを子どもが分かっていなければならないはずです。分かったようで分からん不可思議な図形や、私から見るとちょいと時代遅れの心理理論で学校主題を説明することはOKだと思いますが、それを子どもが理解しているでしょうか?赤木小学校の子どもは、自分たちの学校の研究主題をじつによく理解していました。

 その後、私の講演です。暑苦しい講演でした。でも、心に届いたと願っています。

 講演から終わり次第、車に乗って帰宅。夕食には間に合いませんでしたが、息子の風呂入れには間に合いました。息子の添い寝をして、寝かしつけました。寝るまで、何度もチュッチュしてくれました。やっぱり、無理しても家に帰って良かった。

watatomowatatomo2009/11/27 23:15長距離と講演お疲れさまでした。
参観者の方は「これだけ集まってすごいねー」とはなしてらっしゃっていました。
これは赤木小学校と先生の取り組みの成果かと思います。
先生の講演を聴き初心にかえりました。

地元が頑張っているのだから
やらねばと再決意させられました。

tontan2tontan22009/11/28 00:14ただいま打ち上げから戻りました。
 
「分からない」
「分からない」
「分からない」
そして、公開、西川先生の講演
「やっと分かりました!」
 
すべての本校の先生が西川先生の熱い熱い講演を聞いて、改めて「学び合い」のすごさを実感したのだと思います。
確実に本校の転機になったことでしょう。
本当に、本当にありがとうございました。

ghjalghjal2009/11/28 00:16見たかったなあ。いつか見に行こう!そう決意しています。子供が研究テーマを理解している。考えてみれば当たり前だけれども、当たり前でない現状の中です。私が、『学び合い』に懸けてみようと思った大きな理由の一つです。至極当然なことを、至極当然に取り入れていることです。赤木小のみなさま、ご苦労様でした。

sumi-chansumi-chan2009/11/28 02:29西川先生、とんたんさん、kyoutyさん、今日はありがとうございました。
もう、本当にすばらしかったです。
子ども達の姿がすばらしかったことは言うまでもありませんが、子ども達と、親御さんとお話ができたこと、とても勇気づけられました。
後ほど自分のブログに感想などまとめたいと思います。
埼玉組の帰りの車の中では、すごかったー!行って良かったー!連発でした。
『学び合い』の良さが、伝わって欲しい人たちに伝わって、とても嬉しい気持ちです。

ジーンさん、是非、近いうちに赤木小にお出かけください!
そして、行かれるならば、単独じゃだめですよ。
みんなを誘って一緒に来ればよかった!!って、絶対後悔しますから、、!(笑)

jun24kawajun24kawa2009/11/28 07:03同志へ
多言は不要。
感謝します。期待しています。