西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/11/11(水)

[]果報者 21:09 果報者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 果報者 - 西川純のメモ 果報者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今、ホテルで2本目のワインをもうすぐ空けます。つくづく私は果報者だと思います。

 田舎大学一教師の研究室で生まれた考え方を、私が一生かかってもたどり着けない尊敬すべき教師、そして、そうなるであろう若い教師が信じて実践してくれる(そして、優れた教師出身の研究者も)。それも日本中の。この光栄を享受できる教育研究者明治以来何人いただろうと思います。その光栄を凡夫の私が享受できる。感謝です。

追伸 2本でやめます。夜が苦しいから。

[]暑苦しい 20:24 暑苦しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 暑苦しい - 西川純のメモ 暑苦しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日の南小学校の実践は、いろいろな方の願いと、思いが積み重なった実践だと思います。

 その後、講演しました。

 おそらく、この5年間(それ以上かも)で最も暑苦しい語りだったと思います。

 基本的に当意即妙の語りの出来ない私は話の組み立てをちゃんとします。その組み立てた話を基礎として、その場の反応によってバリエーションを加えます。つまり、古典落語の展開です。

 ところがです。

 本日は、参観しているうちに、色々な思いが生まれました。そこで、講演前1時間の時点でプレゼンをいじり始めました。当然、吟味は十分ではありません。特に、ほてった頭で文章を作れば、アラが大きい。それが分かっているのですが、変えないプレゼンでは魂で語れないと思いました。だから、私にとっての禁じ手の直前プレゼンいじりをしました。

 と、いうことで、本日は、論理で語ると言うより、願いで語りました。欠点もあるかも知れませんが、それでこそ伝わった方もいると信じます。

 大分の同志へ 感謝し。期待しています。

追伸 私の好きな兄ちゃん先生左手の薬指に指輪発見。祝福しました。

池田修池田修2009/11/11 21:49先生、まさか720mlが一本ではないですよね(^^)。お体大事にされませんと。

MugenMugen2009/11/12 01:46上手く言葉にできなくて申し訳ございませんが、「これほど全力で人を思ってくれている方がいる」ということを肌で感じました。同時に、自分がその域まで思ってやれていないことに気づかされ、己を恥じました。
しかし、同じ志を持つ人が教育という同じ土俵にいらっしゃることに安心感を感じ、それはすぐに言いようのない喜びに変わりました。最後の方は目頭が熱くなりました。

私にとってはかけがえのない、素晴らしい機会となりました。本当にありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/11/12 06:17池田さんへ
 そのまさか、です。どうも一人で飲んでいると、なかなか酔えないんです。それで学生時代は、毎日、一升以上飲んでいました。それに比べれば控えているとも言えます。ま、母ちゃんの管理下から外れるとそうなります。出張から帰れば、変わります。でも、昨日は10時頃に寝たので、さわやかに起床です。
Mugenさんへ
ありがとう。そして期待していますよ。

rinrin2009/11/12 22:52講演会を大変楽しみにしており、友人と一番前で話を聞かせていただきました。今日は、『贖罪』のことが頭から離れず、このことについて自分なりの意味を考えながら、一日子どもたちと過ごしました。熱いお話、ガツンと胸に響きました。ありがとうございました。

jun24kawajun24kawa2009/11/13 05:21私の教え子に贖罪は出来ません。しかし、彼らの子どもに対しては出来ると思っています。一緒にやりましょうね。