西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/11/10(火)

[]いつまでたっても 22:19 いつまでたっても - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いつまでたっても - 西川純のメモ いつまでたっても - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同じことを何度も書きますが、今日も書きます。今後も書くでしょうね。

 多くの人は、あることを学べば困らなくならない万能薬を探しています。例えば、「これを飲めば、どんなに食べてもやせられます。そして太りません」というような夢の万能薬です。この人は、自分でなにかすることを放棄し、何も考えず、何もしません。

 別な人は、あることを学んで、効果がないとなれば、別な方法を探します。例えば、あるダイエット法をためしてみて、そこそこ効果があったが、しばらくすると駄目になる。そうすると別のダイエット法を試す。以下、その繰り返し。この人は、何かをしようとしていますが、考えることを放棄しています。

 『学び合い』は有効です。でも、はっきりと断言します。いつまでたっても悩みはつきません。だって、我々は相手にしているのは人です。宇宙の複雑さに比すべき、複雑な人なんです。その人相手に、万能のことなんてありません。その場、その場で考え続けなければなりません。『学び合い』を分かると悩まなくなると言うことは絶対にありません。でも、『学び合い』を分かった人は、悩んだとしても、結局、『学び合い』しかないと気づくまでの時間が短いという特徴があります。

 いろいろな同志の過去のを見るとそれが分かりますよ。

 かくゆう私もそうです。偉そうに『学び合い』を語る私も、『学び合い』に反する行動をしますし、それによって失敗します。でも、駄目だ、と気づけば、何とかしなければなりません。最初は、自分の行動は『学び合い』として正しい、と自己合理化します。しかし、冷静に考えれば、自分の考えが『学び合い』の考えと反することをやっているためであることを認めざるを得ません。そして、自分の力は限界があり、集団の力の方が信じるに足ることを再確認します。そして、自分の出来ることは何かを考えます。結局、愚直に、『学び合い』の考えを語るしかないのです。

 同志各位へ

 悩むのはあたりまえ。問題は、解決策を小手先のテクニックに見いだすのではなく、自分の心に求めることです。子どもは教師のテクニックを見ているのではありません。腹を見透かしているのです。

[]いつまでたっても2 22:19 いつまでたっても2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - いつまでたっても2 - 西川純のメモ いつまでたっても2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、学部生の授業をしました。授業といっても4人です。私の研究室でやる程度です。本日は九州への移動日です。やめようかとも思いましたが、午前中にやりました。やってよかった。とにかく楽しい!個人ゼミと同じで、とにかく学生さんが可愛いのです。私が誘導したい発言に陥って、それをからかい・・・・。まさにオーケストラの指揮者のよう。

 もちろん、その先があることは分かっています。私のクラスである西川ゼミは『学び合い』です。しかし、大学の授業の場合、まあ、講演と同じ扱いで、従来型を楽しんでいます。

 罪深いな~

[]マスゲーム 12:50 マスゲーム - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - マスゲーム - 西川純のメモ マスゲーム - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンをしたらある学校の授業参観のまとめが載っていました。写真がいくつか載っています。最初の写真はクラス全員が先生の話を集中して聞いている姿です。次は、クラス全員が一生懸命に手を挙げている姿です。次は、指名された子が黒板を使って説明している姿です。次は、誰かが教師から指名されると、クラス全員が、その子の方を向いて聞いている姿です。次は、隣同士でペア学習をしている姿です。最後はクラス全員がまとめを書いている姿です。

 日本中の圧倒的大多数の教師は、素晴らしいと思っている姿です。しかし、私にとっては暗くなり、吐き気さえ感じる姿です。どっかの国のマスゲームを見ているようです。民主社会における日本の学校において、何故、これが素晴らしい姿なのでしょうか?私には分かりません。数十人の個があることを私は知っています。それが一糸乱れぬ姿に統一されているとき、その個が抑圧されていることを知っています。

 私には上記の6枚は以下のように見えます。

 クラス全員が先生の話を集中して聞いている姿→会議において指導者の話を姿勢良く真剣に聞いている姿

 クラス全員が一生懸命に手を挙げている姿→指導者が推戴されることを賛成する姿

指名された子が黒板を使って説明している姿→指導者が語ったことを、そのまんま政治的学習会で説明しているすがた

 誰かが教師から指名されると、クラス全員が、その子の方を向いて聞いている姿→政治的学習会で、誰かが「熱烈に指導者の方針を支持する」と宣言しているのを、一生懸命に聞いている姿

 繰り返しますが、こういうのを見ていると暗くなり、吐き気さえ感じます。私には『学び合い』のゴチャゴチャした姿の方がホッとする。

mitaka2mitaka22009/11/10 22:48日曜日、うちの母ちゃんに「あなたの娘は、あなたの思っていることに反応しているんだからね」と言われました。「だから、思っていることをちゃんと伝えなさい」とも。一生頭が上がりません。

ghjalghjal2009/11/10 22:51ちょっと『学び合い』に対して幻想を抱いた時期がありました。これこそが理想だ。だから、きっと『学び合い』をすれば、これまでの悩みは解決するのでは…。現実は逆でした。むしろ悩みは増えたような気もします。それなのに、なぜ私たちはこの道を進むのでしょう?進まざるを得ないのでしょう?
>日本中の圧倒的大多数の教師は、素晴らしいと思っている姿
が恐ろしく感じてしまう。ようく分かります。嫌悪感さえ抱きます。それが多くの場合、善意の上で行われていることに、恐怖すら感じます。
『学び合い』のゴチャゴチャした姿に私は安堵感を得ます。ところが、『学び合い』のゴチャゴチャした姿に嫌悪感を持つ御仁もいたりする。そこに対する悩み。そう、子供に対する悩みではあまりないのです。

jun24kawajun24kawa2009/11/11 05:07mitaka2さんへ あははは。凄いお母さんですね。
ghjalさんへ 大丈夫!大義は我にあり!