西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/29(木)

[]その先 21:51 その先 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - その先 - 西川純のメモ その先 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ブログでは、特定出来る対象の批判と思われることは書かないことをルールにしています。しかし、書きたくなりました。

http://3kensya.blog3.fc2.com/blog-entry-2418.html

 たしかに、一理あります。習熟度別によって救われるクラスの子もいます。

 しかし、その先があるはずです。つまり、頭のいい子に『わからへん』と言えるクラスです。子ども達が巣立っていく大人の社会では「頭のいい人」は山ほどいます。そして、習熟度別ではありません。我々は子どもを大人にしなければなりません。それは習熟度別では育てられません。

Kyo_TokyoKyo_Tokyo2009/10/29 21:55同感です

確かに、習熟度別のクラスを受け持ってみると、その中で井の中の蛙のような感じになっている子どもを見る事があります

でも、そんな小さな世界で優越感を味わっても、本当の幸せは得られないと思います

周りの仲間とつながりながら、より大きな目標にチャレンジしていく事にこそ、人生の喜びはあると思います

私自身がそれを実践したいし、子どもたちにもそれを伝えたいです

jun24kawajun24kawa2009/10/29 23:05期待しています

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/10/31 00:53実際にいっぱいいます。先日もいました!よくできる子に教えてもらう立場の子が「もういいっ!」って言ってのけ、他の子に教えてもらう光景を!N先生のゼミにいた頃、若い先生の教室に入ってデータをとっていたときにもいました。できると思っていた子が学び合いをしていて仮面がはがれていく様子を見ました。その子は習熟度別の授業では一番よくできるクラスにいたのですが、学び合いでは教えるのが下手の子という立場に立たされました。そして、そこからはい上がって教え上手になっていきました。
学び合いの良さを同僚が言いました。「どんな子でも同じ空間で同じ問題を解くことができる。でも課題をみんな違うんだよね。」と!

jun24kawajun24kawa2009/10/31 07:46周りの方に、それを伝えて下さい。
期待しています。