西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/28(水)

[]大義は我にあり 22:24 大義は我にあり - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 大義は我にあり - 西川純のメモ 大義は我にあり - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は同志のブログコメントに「大義は我にあり」と書くことがあります。

 ふと、そのことを書きたくなりました。以下は教師の同志に対してです。

 『学び合い』はトータルです。学力も上がります。人間関係も良くなります。特別支援も良くなります。そして、教師に余裕が生まれます。

 でも、それの実現に苦しんでいる同志もいるでしょう。そうなれば、学力を上げるならば別な道があっていい。人間関係を良くするならば、別な道があっていい。特別支援ならば別な道があっていい。教師が余裕が生まれるならば別な道があっていい。と思うでしょうね。

 しかし、『学び合い』にしか出来ないことがあります。

 それは目の前にいる子どもの一人も見捨てず、大人にするという実感を毎日感じることです。何人かはしょうがいない、と合理化するならば他の道もあります。部活の子ども全てを大人にすると言うならば、部活の顧問でも可能です。特別苦しんでいる子どもに徹底的に寄り添うことも出来るでしょう。でも、目の前にいる子どもの一人も見捨てず、大人にするという実感を毎日感じること、それは『学び合い』しかありえません。教師は毎日、全ての子どもの前に立ちます。それに恥じない毎日を過ごせるのです。

 もう一つあります。現実の毎日は、思うように行かない毎日です。社会が悪い、校長が悪い、保護者が悪い、あの子どもは駄目だ、と合理化したくなる罠はいたるところにあります。でも、一度でもその罠に捕まえられれば、どんどん腐っていきます。

 国会議員でもない、首相でもない、我々が、現実の中で苦しんでいる子どもや同僚に目を背けず、かつ、自信の無力感にうちひしがれないようになるためには、少しでも改善の兆しが見え、毎日の営みの先に光が見えるものでなければなりません。私は、日本中の人が幸せになると言う妄想が、現実としか見えません。

 個々の問題、個々の人間関係・・・。そんなものを離れて、これからの人生を誇り高く生きるためには、大義は我になりと信じられるものが必要だと思います。そして、正確に言えば、大義は我々にあるのですから、一人で背負わなくて良いのです。

 そのレベルで、毎日、個々の問題を相対的に見ようと思っています。

[]禁断の味 21:43 禁断の味 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 禁断の味 - 西川純のメモ 禁断の味 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今日は久しぶりに個人ゼミをしました。

 ゼミ生はなんて可愛いんだろう、と思いました。う~ん、禁断の味です。私がゴチャゴチャ言っているレベルのことは、集団の形成によって乗り越えられる部分です。駄目だな~

katokiti2003katokiti20032009/10/29 00:22「大義は我々にあり」
心の支えです。思いっきり叫びたい気分です。

1つ質問です。『学び合い』にしかできないことについて。
>目の前にいる子どもの一人も見捨てず、大人にするという実感を毎日感じることです。
これは、私自身も、ものすごく感じています。一教師として、すごく幸せであると思います。
では、「子ども」「子どもたち」の目線に立って、このことを解釈すると、「安心して、大人になっていく実感を毎日得られる」と言うことになるのでしょうか?
ちょっと自信が持てず、質問してしまいました。すみません…m(_ _)m

tako-suketako-suke2009/10/29 06:02合理化に負けそうなとき,「これは罠なんだ」と今日一日思いながら,過ごしたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/10/29 06:43katokiti2003さんへ
質問の意図がちょいと分からないですが・・・
『学び合い』の語りをちゃんと語れば、「大人」とは何かと言うことを子どもは理解します。おそらく、クラスの2割以上(おそらくは6割以上)は、そのことを意識で出来るはずです。
でも、普段は意識しないでしょうね。我々が空気の存在を意識するのは、水泳で空気を吸えなくなったり、強風の中で自転車をこぐときのように不都合が起こるときです。そうでないときは意識しません。
ごく普通に周りの人を信頼し、ごく普通に自分の課題を達成できる。そんなことが普通になるのだと思います。
tako-sukeさんへ
合理化したいという誘惑は当然のことです。でも、それに負ければ、とめどなく自分が腐っていきます。子どもや親の悪口を延々と話す教師が、どんな教師であるかはご存じですよね。でも、合理化したくなるのは当然です。踏みとどまるためには、志の高い人と繋がって、語り続けるしかありません。

katokiti2003katokiti20032009/10/29 08:03筆力がなく、うまく伝えられなくて申し訳ありません。
>それは目の前にいる子どもの一人も見捨てず、大人にするという実感を毎日感じることです。何人かはしょうがいない、と合理化するならば他の道もあります。部活の子ども全てを大人にすると言うならば、部活の顧問でも可能です。特別苦しんでいる子どもに徹底的に寄り添うことも出来るでしょう。でも、目の前にいる子どもの一人も見捨てず、大人にするという実感を毎日感じること、それは『学び合い』しかありえません。教師は毎日、全ての子どもの前に立ちます。それに恥じない毎日を過ごせるのです。

という部分を読んで、教師や大人、社会全体の人々(…あ、これに子どもたちも入りますね)にとっての『学び合い』しかできないことと感じ、では子どもたち(児童・生徒の立場として)にとって『学び合い』しかできないことってなにかなあ…と考えていました。
昨日iku-nakaさんのブログに、生徒たちが『学び合い』ではない方を選択したという話がのっていたので、少し読んでいて気になっただけです。結局、自分で質問しながら、自分で回答してしまっていましたが…(汗)

jun24kawajun24kawa2009/10/29 09:13『学び合い』は教育法ではなく、人生全てに通じるものです。子どもが選択したとしたら、まだ、伝え切れていないと言うことだと思います。捲土重来を期待しているところです。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2009/10/29 23:30本当にデンジロウになろうと頑張っている人がいっぱいいます。そういった仕事も受けたことはありますが、それはそれで違う仕事だと割り切れないとできません。でもそういった仕事をしていると勘違いしている人と必ずぶつかります。まだまだ青いってことでしょうが、なんだか子どもをだしに自己実現しているようで…本当に目の前にいる全員の子どもが学ぶ空間をコーディネートしようと思ったらあのような方法では無理だとわかるはずですが…

jun24kawajun24kawa2009/10/30 06:36『学び合い』が広がれば、そのような誤解も解消されるでしょうね。
教師がでんじろう先生になるのではなく、子どもがでんじろう先生になればいい。いや、指導要領で定められたことを確実におさえるのですから、教科書で学ぶことが、どれほど深いことで面白いことかを分かってもらうことが大事ですね。
期待しています。