西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/24(土)

[]公開授業の見せ方 11:52 公開授業の見せ方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 公開授業の見せ方 - 西川純のメモ 公開授業の見せ方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』はライブが一番です。が、見方が分からない人だと、単に学級崩壊のクラスに見てしまいます。ですので、見方の手引きも必要だと思います。

 で、とりあえず書いてみました。

1)子ども達は、楽しく話していても、1時間課題から離れない姿が見えるはずです。 どのクラスにも真面目に勉強していない子がいるはずです。その子が誰かを見いだして下さい。おそらく、皆無か、自分のクラスの人数よりは少ないはずです。

2)『学び合い』の子どもは、参観者が近くに来ても気にせず勉強をしています。集中していることも理由の一つですが、自分の学びに自信を持っているからです。参観なれしている附属学校の子どもではない、一般校の子ども達の姿の意味を考えて下さい。

3)2)の結果として、直ぐ近くで子どもの会話を聞けます。是非、耳を澄まして下さい。そうすると発見することがあります。

 ニコニコ話しているのでふざけているのかと思っていても、実は課題に関しての会話であることを最初に発見します。次に、子ども達が極々単純なこと、多くは普通の言葉を分からずに、それを話していることに気付きます。そして、その会話がいつのまにか、深い課題になっていることに驚くでしょう。

4)開始後15分前後から、子ども達がダイナミックに動き始めます。その時の会話を聞くと、教師の視点のように「クラス全員が分かるにはどうしたらいいか」を考え、行動している子どもがかなりいることが気付くはずです。

5)授業中の教師は、一見、何もしていないように見えます。また、子ども達は教師を無視しているようにいるようにしています。しかし、何もしていないわけではありません。チョットした一言、仕草によって子どもの動きが変わることを見いだして下さい。

ghjalghjal2009/10/24 18:17このままコピペして29日の公開のときに配ります。逆に読むと、4)はうちの教室の課題だなと思います。教科によって差がありますが…

jun24kawajun24kawa2009/10/24 18:30これを子どもにも見せて煽って下さい。
化けますよ。
ふぉふぉふぉ

sumi-chansumi-chan2009/10/24 22:20らぶらぶですね〜〜!!^^

tomkicktomkick2009/10/24 22:21ひゅ~ひゅ~ですねぇ。
僕は,毎日のようにプロポーズしていたので,
ひょんなことからOKされた日にちを覚えていません。
ステーキが食べられる機会として,思い出したいです。

sumi-chansumi-chan2009/10/24 22:43毎日のようにプロポーズ!!
すごいな〜〜
うちはプロポーズって、あったのかな・・・(謎)

sakusaku0428sakusaku04282009/10/25 05:24入籍記念日と結婚式記念日は覚えていますが、プロポーズ記念日ですかー!それはちょっと覚えていませんね…すごいですね!!
とりあえず、明日あたり、「今日はプロポーズ記念日だったからケーキを買ってきたよ。知ってた?」と優しいウソでもついてみよっかなーと。それで、妻に「何間違えてんのよ。○月○日でしょ。」と言われれば、その日を覚える。相手に聞くのが一番ですよね。聞き方は∞。

tako-suketako-suke2009/10/25 06:05「プロポーズ記念日」・・・よい言葉をいただきました。やはり家庭は大切ですね。(我が家では,その日カラオケで歌った歌の名前に「記念日」がついています。)

jun24kawajun24kawa2009/10/25 06:34sumi-chanさんへ
はい、ラブラブです。
tomkickさん、tako-sukeさんへ
家族の記念日は多ければ、多いほど良いですよ~