西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/18(日)

[]とても大事なこと 22:42 とても大事なこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - とても大事なこと - 西川純のメモ とても大事なこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もしかしたら、いや、おそらく、若い同志にっとては『学び合い』より大事なこと。

 子どもを授かってから、「三歳までに一生分の親孝行をしてくれる」ということを聞きました。つまり、大きくなると嫌な思いをいっぱいするが、三歳までの可愛い頃を思い出せば乗り越えられる、というような意味です。が、我が息子は九歳半ですが、日々、親孝行をしています。毎日、我が子を授けてくれたことを神様、仏様、ご先祖様に感謝しない日はありません。不思議です。そして、では、いつまで息子はこんなに可愛いんだろう、とふと今日考えました。で、分かりました。

 我が父は子煩悩な親だと思います。が、父から可愛がられた記憶があまりありません。昔の写真を見ると、かなり可愛がってくれたことが分かります。しかし、私の記憶の殆どは、私が朝起きて学校に行くまでは家にいないか、寝ていました。家に帰ってくる頃にはいませんし、私が寝るまでにも帰ってきません。その間は、仕事をしていました。小さい会社を経営した父は、夜は接待漬けの毎日です。

 では、私はどうでしょうか?講演旅行等で、1年の内、2ヶ月はビジネスホテル住まいです。が、それ以外の私の日常は以下の通りです。朝、5時半頃に起きて、メール等を確認。6時頃に息子が起きる。家内は朝食の準備をしているので、私は息子の着替え、朝の勉強の指示。息子が通信教材をしている間に、メール等のチェック。息子が通信教材を終えると、その、答え合わせ。7時10分頃に朝食準備完了。息子といっしょに朝食。色々と私に話しかける息子を、脅し、なだめながら食べさせる。その間、家内は私の弁当づくり。7時30分頃に息子が食べ終わる。直ちに、歯磨きをさせ、仕上げ磨き、朝の準備をチェック。7時40分頃、我が家に集まる近隣の子ども達に整列を号令、集団登校。7時45分に大学(もしくは支援校)に出発。以下、仕事。

 6時半頃までに仕事を切り上げる(例外として、学生さんからの相談事がある場合)。7時前に自宅に到着。直ちに、息子の体温を確認。息子と風呂に入る。髪をドライヤーで乾かす。7時45分頃、家族で食事(まあ、家内と晩酌)。8時20分頃、片付け。息子を歯磨きをさせ、仕上げ磨き。着替えさせる。8時50分頃、就寝。添い寝。9時半頃、息子が寝たのを確認して起き出しメールチェック。その頃、家内は夕食の準備を終えて、風呂に入る。10時頃、家内が風呂から上がる。それから、1時間ぐらい、メールチェックをしながら家内とゴチャゴチャ話す。11時に就寝。

 これがウイークデーの日常です。

 正直、考えるときもあります。ゴチャゴチャいわずに、「はい喜んで」で全国に講演を行ったらいいのではないか。もう、30分、仕事に集中したい。おそらく、我が父は、その路線に流れた。仕事は単純です。そして、男にとっては大変かも知れませんが、ある意味、楽です。家庭の仕事は際限がないし、複雑すぎる。だから、我が父のような路線に行きがちです。そして、真面目(?)な教師がその路線に行きます。理由は楽だからです。でも、我が子との繋がりを失います。当然、我が子からいただける宝をもらえません。

 こう考えると、「三歳まで・・・」は我が父の路線の人のつぶやきなのでしょうね。

 若き同志に分かって欲しい。我々は、最後の一人も見捨ててはいけません。その最初の一人は我が子です。それを恥じてはいけません。我が子からいただける宝を得ることによって、他人の子どもを救うエネルギーを得られます。誇りを持って、親ばかになりましょう。そして、「時間」を我が子に費やしましょう!

 ということで、我が子から親孝行してもらえるのは、我が子の年齢によって決まるのではなく、私のありようによって決まると思いました。

katokiti2003katokiti20032009/10/18 23:06肝に銘じます。

itou-no-satouitou-no-satou2009/10/18 23:17まだ結婚すらしていませんが、もし家族を持つことができたらできるだけ一緒にいる時間を作ろうと思っています。
先生の記事を読むとその思いがより強くなるのをいつも感じます。

hiraku44hiraku442009/10/18 23:44 もっとjun24kawa先生に早く出会えていれば・・・。大学生の子はすでに一人住まい。お節介に会いに行くこの頃です。

paskepaske2009/10/19 00:43救われたぁ~。今日一日娘と遊んでばかりで「仕事してねぇ…」って罪悪感に打ちひしがれてたんで。明日からの栄養になりました。

sakusaku0428sakusaku04282009/10/19 04:07休日の前夜に、娘から「明日はお仕事あるの?」と聞かれることが増えてきました。部活があったりはしますが、一緒にいられる時間を少しでも増やしつつしっかりコミュニケーションをとりたいと思います。私自身は、お風呂で遊ぶときを大切にしています。

jun24kawajun24kawa2009/10/19 07:25同志の心に届いてうれしいです。
hiraku44さんへ
何事もそうですが、出来ないことがある一方、出来ることもある。手遅れのこともある一方、今から出来ることがあります。
有り様を変えれば、今からだって大丈夫。いっぱい、宝をもらえますよ!

munehiromunehiro2009/10/19 11:06なぜ『学び合い』をすると普段の生活まで感動に満ちるのか、先生の言っている意味とずれるかも知れませんが、それは、「わが子」が絶対に見捨てられない世界を作れような気がするからです。
わが子は、病気を持っています。
でも、日本の多くの学校で『学び合い』が広まれば、社会からいやな思いをさせられないと思います。
だから私自身が世の中に希望を持てます。だから感動するのだと思います。
ちなみに、私の親父はラーメン屋で一生合わせて2時間も話をした記憶がありません。でも子供のころの写真は、僕に微笑んでくれています。

jun24kawajun24kawa2009/10/19 18:22やれることをやりましょう。同志。
我々は出来ます!

stackamistackami2009/10/20 19:59肝に銘じました。成さぬは人の成さぬなりけり。ですね。

stackamistackami2009/10/20 19:59肝に銘じました。成さぬは人の成さぬなりけり。ですね。

stackamistackami2009/10/20 20:00肝に銘じました。成さぬは人の成さぬなりけり。ですね。

jun24kawajun24kawa2009/10/20 21:35はい!

sumimonsumimon2009/10/20 23:11西川先生の書かれていることをそのままに生活していて、先生からのブログコメントにも気づかずにいました。すみませんでした。
家族との時間を大事にしつつ、失礼があってはいけないと今更ながら感じる「ヒヤリ」でした。

jun24kawajun24kawa2009/10/21 06:27あははは
失礼だなんて・・・・
家族の時間を大事にしましょうね。

k_yamawakik_yamawaki2010/02/10 23:36僕は教師ではありませんが、我が子と過ごせる時間を少しでも長くしたいと思ってます。子供といろんな会話をすることで、自分の物の見方・考え方を伝えていきたいと、強く思っています。自分の仕事より、学校の授業よりも、僕には大事に思えます。
ただ、自分の上司の世代には多分理解できないのかなと思っています。あきらかに世代間の文化の断絶があるように思うのです。

jun24kawajun24kawa2010/02/11 07:52わからん上司には説明しなくて良いですよ。いらざるいざこざは不要です。とにもかくにも、我々は我が子からいっぱい宝を頂きましょう!どん欲にね。