西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/17(土)

[]自分で考える力 08:16 自分で考える力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分で考える力 - 西川純のメモ 自分で考える力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

同志のブログ(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/aki-kichi/20091016)に

 『学び合い』なんて,分からないとすぐ人に聞きに行くから,自分で考える力がつかないよね。『学び合い』をしている子どもたちは,人の話を静かに聞くことができなくなっちゃうよ。

そんな話をしていた人達がいたと,小耳に挟みました。

 とありました。それを寝ている内にムカムカして思い出し、寝付けなかったのでメモります。まあ、「座りなさいを言わない授業」に書いたことですが。

 もし、「このクラスの田中君のおばあさんの旧姓を発見して下さい。相談してはいけません。」という課題を出されたら、どうするでしょうか?それを発見する手がかりは全くありません。その場合、我々はどうするでしょうか?当然考えません。そして、「自分で考える力」はつきません。

 では、田中君は考えるでしょうか?考えません。答えを知っているのですから。従って、「自分で考える力」はつきません。

 そして、田中君のおばあさんがお盆の時に、どの家に行くかを見たことがある子がいたとします。その子は、自分で考えれば発見できるかも知れません。でも、自分で発見しようと思わなければ、考えません。そして、「自分で考える力」はつきません。

 残念ながら、現状の教育では情報遮断によって自分で考える力をつけようとしています。馬鹿馬鹿しいと思います。数学者や物理学者、そして、ありとあらゆる考える力で飯を食っている人にそのようなことを求めたら、拒否するでしょう。新たなものを生み出す力は、ありとあらゆる情報を得ることから出発します。情報遮断によって得られるとしたら、自分で考える力ではなく、自分で思い出す力程度です。

 自分で考える力を育成するためのポイントは、「自分で考えたい!」と思わせることです。そのためには、「自分で考えたい!」というクラス文化を育成することです。

 先の事例で考えましょう。「その手がかりを持っていない子ども」はその手がかりを持っている子どもに聞くでしょう。もし、自分で考えることの価値を共有しているクラスならば、その子に答えを教えません。その代わりに、ヒントを与えます。そして、その子の反応を元にして、どのあたりで自分で考えられるかを判断し、それ以上は教えません。もし、その子が自分で考えたいと思っておらず、「答えを教えて」と言ったならば、「自分で考えなきゃ駄目だよ」と諭すでしょう。おそらく、教師が諭すより効果があるはずです。これは、手がかりがあるが、自分で発見しようとしない子どもに対しての対応と同じです。

 そして田中君は色々な人にヒントを出す過程で、おばあちゃんの情報をあらゆる角度で吟味するはずです。聞きに来る友達の知識背景を元に、どの情報がヒントになるかを考えるからです。

 当たり前のことです。「あることをさせるために、そうせざるを得ない状況に追い込む」のは犬猫の調教みたいなものです。人間に対しては、「あることをさせるために、そうしたくなるようにならざるを得ない状況に追い込む」のが『学び合い』です。その状況とは、凝縮力のある集団を形成し、その集団の価値観とするのです。もし、人間に「あることをさせるために、そうせざるを得ない状況に追い込む」としたら、それは奴隷の調教みたいなものです。

 どうして、民主国家において奴隷がいるのか、私には理解できません。

motoryoumotoryou2009/10/17 09:10すかっと書いて頂き,「うんうんその通りだよな~」と思いました。話していて,子ども観を共有できないのが,(教師と話していて)つらくなるときがあります。ふ~。

jun24kawajun24kawa2009/10/17 09:35伝わる人もいることは、確かです。そちらに目を向けましょうね。

tontan2tontan22009/10/17 17:22「香り」よく分かります。「気配」とでもいうでしょうか。廊下を通ると、例え先生が黒板の前で話をしていても、だいたいそのクラスがどんな授業を普段しているか分かります。
コチコチのクラスだと大抵子どもと目が合うので、「ニヤリ」とすると「ニヤリ」と返してくれます。
「学び合い」のクラスは、なんと寂しいことに誰も気がついてくれません!

jun24kawajun24kawa2009/10/17 19:41あはははは
そりゃ、凄い判別法だ

aki-kichiaki-kichi2009/10/18 09:23トラックバックしていただきありがとうございます。
眠れぬ夜にしてしまってスミマセンでした。(苦笑)
『学び合い』について,どんなことを聞かれても,自信を持ってきちんと説明できるようにしたいです。
そのためにも,日々精進していきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2009/10/18 11:22はい、期待しています。
結局、考え方に帰結します。