西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/16(金)

[]矛盾か? 22:34 矛盾か? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 矛盾か? - 西川純のメモ 矛盾か? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 色々なところで、色々な先生、「一人一人の子どもは違います。個別対応したらきりがありません。だから、本当に一人も見捨てない教育を実現したいならば、一人も見捨てない子ども集団を作って下さい。それが出来るのは教師です」と口を酸っぱくしています。

 が、私の行動は必ずしもそれに一致していません。私は日本全国の見知らぬ先生から誠意ある相談を受けて、一度でも不誠実なことはしたことはありません(断言!)。どんな方のメールにも誠実に応えています。合いたいという方にはどんなに忙しくても時間を作ります。

 私は子ども(私の場合は、20歳から40歳の学生さんです)から色々な相談を受け、それに対応しています。それらの学生さんが幸せになるために、ありとあらゆることをします。

 今日、ほとほと疲れたので、自分の行っていることと、行動に矛盾はないか、自己分析しました。でも、矛盾はないと思います。

 私の『学び合い』の究極のコアは、一人も見捨てたくないという願いです。そして、教師として見捨ててしまった子どもに対する自責の念です。教師として、たった一人でも見捨てることが本当に恐ろしいのです。その強迫観念が、『学び合い』に至った原動力です。私にメールを送る人は、一人です。だから、とにかく対話を続けることが私に出来ることです。そして、その人が私ではなく、我々に繋がれるように誘いたいと思います。私では救いきれないが、我々ならば救えますから。

 ゼミ生に関しても、私が何とかしなければならないとしたならば、私が何とかするしかありません。私は絶対に一人も見捨て無くない!でも、それは対処療法にすぎません。そのような「私」が出るような状況を変えるため、政治もすれば、集団づくりをします。

私は「助けて~」を無視できないような人間で、それから逃れるためには、その人を助けるようなシステム作り、集団づくりをするしかないのです。

 このように自己分析しました。結局、見知らぬ人はもちろん、当然、ゼミ生も含めて、一人も見捨て無くないという、この気持ちは大事だと思います。でも、それに捕まえられて、私の存在意義はそこだと思ったらは、おかしくなります。「我々」しか、解決の道はありません。そこのとろは分かっています。だから、もがいています。でも、まだならば、やれるだけもがくしかありません。

 この気持ちを忘れてはいけないと思いました。

sakusaku0428sakusaku04282009/10/17 07:34私も西川先生に質問をいたしましたが、本当に親切丁寧に応えていただきました。初めて先生にメールをするときは「返事は本当に来るのかな?」と半信半疑でした。しかし、すぐに返信がございました。あまりの早さに感動いたしました。何にも分からない所からスタートして(何事もそうなんですが)、少しずつコツのようなものを掴みつつ、今では、『どうやったら「山口の会」が開けるのかな?』と考えられるようになってきました。(何だかよくわからないなりに「ブログ村」に登録することもなんとかできました。)
すべての先生たちが西川先生に質問をすることよりも、みんなが有機的に繋がってコミュニケーションをとるなかで個々の問題を解決していくこと。これが大事なんだなと改めて思いました。これは、このブログ群の中だけでなく、それぞれの学校でも、部活の集団でも、近所付き合いや地域、そして家庭でも…
西川先生は、私にとっての「吉田松陰先生」です。

jun24kawajun24kawa2009/10/17 07:48この年になると、お世辞はまともに受けることにしています。ふぉふぉふぉ
そうでもいないと、絶えられない毎日もありますからね。
期待しています。
あ、ちなみに私は刑死はいやですからね。あはははは

sakusaku0428sakusaku04282009/10/17 08:08今日は10時から新潟の寺子屋(スティッカム)にネットでおじゃまいたします。よろしくお願いいたします。スティッカムとかyoutubeだとか、少し前の私だと「??????なにそれ」状態でした。分かるってこういうことなんですね。

怒る母親連怒る母親連2009/10/17 19:58教員養成教育のデタラメは、暴露されています。
「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)が、親の間で話題になっていますね。PTA会長が会員全員に配った学校もあると言います。
学校教育の誤りを明らかにした本ですが、一人一人に質の高い指導を行うよう教員に要求するためには、最適の本です。
この本を土台にして、PTAは、学校改革を求めてゆきます。
親たちが怒り出す前に、教員養成教育の自主的な改革を求めます。

jun24kawajun24kawa2009/10/17 21:40その本は知りませんでした。注文して読みたいと思います。