西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/15(木)

[]どうなんだろう 23:03 どうなんだろう - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - どうなんだろう - 西川純のメモ どうなんだろう - 西川純のメモ のブックマークコメント

 民主党の教員養成に関する改革案が徐々に出てきました。

 それによれば教員養成は6年制にするそうです。教育実習は1年間程度やるそうです。そして、経験10年程度の教員は1年間の再研修するそうです。

 色々なご意見がある方もあるでしょう。しかし、以上のことは上越教育大学が開学以来やっていた方向性に一致しています。教員養成の6年制は平成十二年の教育改革の際、私も加わって改革案としてあげました(しかし、時期尚早であるとのことで、それを表看板にすることを控えるよう「お上」から指導がありました)。開学以来、教育実習を充実して行い、大学1年~4年の全ての学年に教育実習を配置しています。また、教員再研修として大学院を設けているのは、本学の設置目的そのものです。

 が、民主党の改革案はかなりラディカルです。だって、6年制にしたならば、私立大学の殆どで教員養成が出来なくなります。既得権益のあるそれらの反対の大合唱が起こるでしょう。

 教育実習を1年間程度やるということは、だいたい50単位ぐらいになります。小中の免許を取るとなると、その他に80単位以上が必要になります。つまり、130単位になります。大学の学部の卒業単位と修士課程の修了単位を合わせると150単位になります。そのうち130単位が免許を取得する基礎科目がしめることになります。そうなると、いわゆるコース別の専門科目や、卒研、修士論文研究の入り込む余地はありません。ところが、現在の教員養成系大学の先生の70%以上の人は、その部分を担っている人です。

 免許更新制ぐらいのことで、大学は大あわてです。それが大学院での研修となると、その比ではありません。教職大学院を増加させるレベルでは追っつきません。さらに、そうするには教職大学院を全く変えねばなりません。そして、既存の大学院を全て潰すようなことになってしまいます。そして、全ての教員に大学院での研修を求めたとしたときの予算は天文学的になります。

 私としては非常に面白い案だし、うまくいけば素晴らしいと思います。しかし、どの一つでさえも、どう考えてもできるわけないよな~っというのが正直な感想です。そして、周りの人はみんなそう思っています。でも、マニフェストに書かれていることをやらねばならないと一生懸命になっており、族集団のしがらみもなさそうです。もしかしたら、行くのかも知れないとも感じます。そうなったら、面白いことが起こりそうですが、現場の我々は、驚天動地の日々が続くことになります。

 制度は国会で変えることは出来ますが、勤めている人の頭は変えることは出来ませんから。

追伸 中学校に置き換えると、以下のようなことなのです。

 中学校の現在の小学校5年から高校1年の6年間となる。

 中学校の国語の授業数を現在の10倍にする。

 25歳の成人は、1年間は中学校で学び直す。

 こんな案が出されたら、「できるわけないよな~・・・」と思うでしょ?

[]上越2 22:34 上越2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 上越2 - 西川純のメモ 上越2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は北海道から沖縄まで講演に呼ばれます。そのため、1年当たり2ヶ月ぐらいはビジネスホテルで過ごしています。

 ところがです。お膝元の上越で講演に呼ばれることは殆どありません。同じ新潟県でも、100Km以上離れた下越に呼ばれることの方が5倍以上あります。それ以上に、他県に呼ばれること多いです。とにかく、地元では殆ど知られていません。地元で呼ばれる場合は、理科教育の先生として呼ばれることはありますが、『学び合い』で呼ばれることは殆どありません。

 印象深いことがありました。地元の学校で『学び合い』が取り入れられ、かなりの成果を上げました。その結果として、その学校の校長先生が学校の主軸として『学び合い』を位置づけました。そして新年度、新しい先生が異動されました。その先生にとってはビックリされたと思います。だって、移動した学校では驚天動地の『学び合い』という授業が展開されているのです。そして、自分もやらなければならないような雰囲気になっています。ある先生はやんわりと、ある先生は明確に拒否感を持っていました。私の方も、やりたくないという人には伝えられないので、無理しませんでした。

 ところがです。夏休み明けに合ってみると、複数の先生の『学び合い』に対する積極性が変わっていました。どうしたんだろう???と思いました。間接的な情報を総合すると新潟のフォーラムに参加されたためのようです。実は、その方々が新潟のフォーラムに参加しているとは知りませんでした。しかし、勤務校の『学び合い』を理解しようと、1時間以上電車に乗ってフォーラムに参加したそうです。

 おそらく、その先生方にとっては「校長先生が学校近くの大学と言うことで、その大学の一人の先生を呼んできた。ところが、その先生は怪しげな教育法を提唱している。」のように思っていたのだと思います。ところが新潟のフォーラムに参加すると、日本各地の方々が様々な『学び合い』の実践を発表しています。それを目の当たりにして、『学び合い』が全国的な広がりを持つものであり、田舎大学の一教師がとりつかれている怪しげなものではないということが分かったのだと思います。

 自分に比すのははばかられますが、イエスキリストもナザレにおいては「大工」としか見られませんでした。

[]山口の会 06:32 山口の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山口の会 - 西川純のメモ 山口の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 山口で『学び合い』の会が開かれます。お誘いします。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/sakusaku0428/21000101#1255444161

sakusaku0428sakusaku04282009/10/15 07:04ありがとうございます。「早起きは三文の得!」行って参ります。

jun24kawajun24kawa2009/10/15 08:05いってらっしゃい

ybhdv7ybhdv72009/10/15 22:56会を継続して開くためにはどうしたらよいか…
意見がぶつかりあうこともあり、なかなか難しいところです。
大阪の会のS-CUBEのような団体に運営を全面的に任していくようにすると、持続可能な取り組みになると考えています。
一教師が会を運営し続けるのは負担が大きくなります。

jun24kawajun24kawa2009/10/15 23:06出来ない運営もありますが、出来る運営もあります。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20090805/1249457758
それに一教師では負担でも、教師集団を形成すればかなりのことが出来ます。『学び合い』の考え方です。

ybhdv7ybhdv72009/10/16 00:44もちろんその通りです。
0やか1の段階は志のある教師の方が企画するのがいいと思います。
1から3、4、5にしたい段階になると、他団体の力を借りた方がお互い役割分担ができてよりよいものになるのではと考えています。全国の『学び合い』の会をバックアップしてくれる団体があると爆発的に『学び合い』が広がる気がします。

jun24kawajun24kawa2009/10/16 06:38その通りだと思います。そのような団体があるならば、それを活用したらいいと思います。しかし、それが無いならば、その中でやる方法を考えるしかありませんよね。
例えば、ネット上に運営のノウハウをアップするとか。
私もハッキリとしたアイディアがあるわけではないのですが、あくまでも直感です。
1から3にするために組織をつくるより、1の数を多くするほうがいいのではないかと思っています。その1が多くなって、結果として3、4、5にしたらいいのではと感じるのです。しっかりした組織を作れば、組織の目的が組織の維持・発展が主目的になり、その組織の本来の目的が二次的になった事例は枚挙にいとまがありません。現在のような、組織があるような、ないようなというのは、そのような危険性がありません。
そんなことを感じているのです。
が、オジサンより良いアイディアがあると思いますので、教えて下さい。
具体的にはどうするのですか?「S-CUBE」ももう少し詳しく教えて下さい。

ghjalghjal2009/10/16 20:29>中学校に置き換えると
思わず笑ってしまい、そして、それは大変!と思ってしまいました。置き換える。面白く、わかりやすい視点なんですね。25歳が中学にくるのか・・・ハハハ。でも、なるほど。

jun24kawajun24kawa2009/10/16 22:10あははは
でも、その渦中にいるんです。
とほほ

katokiti2003katokiti20032009/10/16 22:21>中学校に置き換えると…
あれ、うちの爺ちゃん(大正7年生)に聞いた、旧制の中学の話に似ているような…? ちょっと違うような…? う~ん、私って勉強不足…(泣)
やっぱり、本義の「普遍的」なってものに戻るような感じがしたのは、私だけでしょうか?
>1から3にするために組織をつくるより、1の数を多くするほうがいいのではないかと思っています。
西川先生にお会いする度にかけていただく「期待しているよ~」に反してしまうような気がしてたので言えなかった部分もあったのですが、夏ぐらいから私も同様の考えを持つようになりました。
「『学び合い』の小さなコミュニティ=1」がそこかしこにたくさんあって、それがいつしか複雑につながって行けば、それはどんな事情を持った先生方にも、受け入れてもらえるんじゃないか。そして、各地で行われている大きな会は、その小さな複雑なつながりを作るための起爆剤というか、ガソリンスタンドのような役割になっていってほしいなと感じている今日この頃です。

jun24kawajun24kawa2009/10/16 22:38期待しています。
でも、一言、
3を狙う人がいて欲しいと思います。
多様性が大事なのです。
私はある思いがある、でも、それと違う人がいて欲しい。
『学び合い』は究極、単純な考え方に行き着きます。
そこで一致すれば、道筋は多様な方向が良い。
最後に一言
katokiti2003さんは3が出来るはずですよ。
失礼、10が出来るはずですよ。
期待しています。

katokiti2003katokiti20032009/10/16 22:50>私はある思いがある、でも、それと違う人がいて欲しい。
そうですよね。すごくストンと落ちます。
だからこそ、『学び合い』を学校現場だけにしておくのはもったいないと思います。もっともっと、日本全国に方法としてではなく、理念として広がって行くことを願います。
>katokiti2003さんは3が出来るはずですよ。失礼、10が出来るはずですよ。期待しています。
ありがとうございます。
私もここ半年で、色んな『学び合い』の会に参加させてもらって、エネルギーをもらって今があります。
どの会も楽しかったし、嬉しかったし、このつながりが大好きです。
自分なりの3や10の形を模索すべく、もっともっともがいてみようと思います。