西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/11(日)

[]良くある質問2 15:32 良くある質問2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 良くある質問2 - 西川純のメモ 良くある質問2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 もう一つの質問は『『学び合い』では,課題の設定が非常に大切になってくる。的確な課題が与えられてこそ初めて子どもは活動することができる。そのような的確な課題を与えられる力は,そう簡単につくものではない。学卒の新人がいきなり取り組んだら,それこそ学級崩壊するのではないか?一斉授業の酸いも辛いも経験してきた人でないと『学び合い』の実践は難しいのでは?その点で,授業は『学び合い』だけでは解決できないのではないか?』です。

 この場合は、「一斉授業→『学び合い』」という図式です。たしかに現状は一斉指導が大多数ですのでそういう場合が多いですが、「『学び合い』→一斉指導」ということも同様にあり得ます。つまり、以下のように表現できます。あはははは

『一斉指導では,課題の設定が非常に大切になってくる。的確な課題が与えられてこそ初めて子どもは活動することができる。そのような的確な課題を与えられる力は,そう簡単につくものではない。学卒の新人がいきなり取り組んだら,それこそ学級崩壊するのではないか?『学び合い』の酸いも辛いも経験してきた人でないと一斉指導の実践は難しいのでは?その点で,授業は一斉指導だけでは解決できないのではないか?』

 考えてください。『学び合い』であろうと、一斉指導(従来指導型とでもいう意味です)であろうと、課題設定が大事であることは当然のことです。でしょ?

 第一に、一斉指導の場合は、『学び合い』以上に初任者には出来ないことを求めているのです。それは、東大に行くかもしれない子と知的に障害がある子が共存しているクラスにおいて、それらの大多数の子どもに分かる説明が出来て、興味関心を引き出せる力が必要です。ところが、『学び合い』は子ども達に「折り合いをつけて解決せよ」と求めるだけで良いのです。どちらが簡単でしょうか?

 何度も書きましたが、一斉指導が『学び合い』より優れているところ(?)は、第一にクラスの問題を見えづらくすることが出来るところです。結果として、見栄えは良くなるし、教師の罪悪感を刺激しない。しかし、問題の解決を先送りして、重篤にしてしまうという危険性があります。まあ、先送りして、最後まで爆発しなかったらハッピーエンドというならば、ハッピーエンドですが。

 第二は、周りの教師が同じようなことをやっているために助力を得やすい。これは確かにあるな、と思います。

 第三は、周りの教師が同じようなことをやっているために、失敗しても追求されない。情けない理由ですが、大事なことだと思います。

 さて、最後に最も重要なアドバイスです。二つの質問とも、「漢字の書き取りを正確に出来る」とか、「計算が速くできるとか」という教科の内容に関連するものです。もっと上の次元で考える必要があります。つまり、子ども達は何のために学校教育を受けているかという考えをしっかりと定めましょう。その上で、二つのことに関して、どのように考え、行動するべきかを考えましょう。そうすれば、別な道が見えるはずです。

学校教育の目的なんて建前論で、毎日の教科指導には関係ない、というのが多くの先生方の本音だと思います。でも、『学び合い』は違います。それが根本であると考えています。

ftogpxtakaftogpxtaka2009/10/11 18:19本日の先生の記事、あらためてじっくりと読ませていただきました。すごくいい刺激になりました!!

jun24kawajun24kawa2009/10/11 21:46基本が大事ですよね。

なっつなっつ2009/10/11 22:09『学び合い』紹介所ブログにトラックバックさせていただきました。
色々悩んでいたところがすっきりしました。
ありがとうございます!!

jun24kawajun24kawa2009/10/11 22:15偉そうに書いていますが、私も日々悩んでいます。
色々な人と支え合いたいですね。

なっつなっつ2009/10/12 13:54トラックバックありがとうございます。
早速ボタンをぽちっと押させていただきました。
はてな。の『学び合い』グループのメンバーがボタンを押すだけでも、かなりの数になりそうですね。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/10/12 18:11僕もブログ村参加しましたー♪

jun24kawajun24kawa2009/10/12 18:19みんなで、色々なことをしましょうね。