西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

09/10/11(日)

[]良くある質問1 15:32 良くある質問1 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 良くある質問1 - 西川純のメモ 良くある質問1 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志が、あるかたから質問を受けたそうです(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/takami_swc/20091011)。長くなるので、こちらに書くことにしました。質問は、『最後に残ったすごくできない子への対応とその周りの子どもたちの動きでした。みんなができることを語り続けることで,子どもたちは最後の一人を何とかしようとする。でも一人に関われる子は,せいぜい5人。残り30人近くの子は何をすべきか,その子たちに何を働きかけるべきなの?その子たちには,発展的な課題を与えてもいいのでは?』というものです。

 これは導入段階の中盤以降に起こりがちなことです。まあ、「クラスの中に極端に出来ない子どもがいるときに起こる」と思いがちなのですが、実は、『学び合い』の初期の型に拘っているのが原因です。

 おそらく、そのような事が起こるのクラスでは、出来る子が自分が課題を解けてから教えるということが起こっています。そのため、開始15分ぐらいは立ち歩きの少ない比較的静かな状態だと思います。そのような状態では、すごく出来ない子は15分以上、教師からも同級生からも援助を受けられない状態です。しかし、そのような場面でも、発展的な課題を与えるのではなく、「どうやったら全員が達成できるかを考えなさい」と求め続けるのです。そうすると、そのクラスの賢い子、特別に優しい子が、自分の課題を終わる前にサポートするという行動をします。自分の課題とその子の課題を平行して進めるのです。具体的には、自分の課題は一時中断して、とりあえず5分間程度、その子が課題に向かえるような説明をその子に与えて、その子がそれをやっている間に自分の課題を進めるのです。まあ、複式学級の「わたり」みたいなものをやり始めます。これによって、出来ない子が課題に向かう時間が二十分程度が三十五分程度にまで増加することが出来ます。これでかなりの改善が見られます。

 それでも出来ないならば、課題を毎日、毎日、与えるのではなく、1単元分与えるのです。毎日、毎日の改題が時間ぴったりになるというよりも、まとめて帳尻を合わせるほうが楽に決まっています。

 でも、もっとも大事なことは、クラス全員が全員の課題達成を本気に願うことが大事です。考えてみてください。私は『学び合い』が成立すれば成績が上がると豪語します。はては、知的に障害があると言われている子を含むクラスにおいて、クラス平均が100点を実現できると豪語しています。まあ、常識のある人だったら、「馬鹿な!」と思うでしょうね。でも、手品には種があります。ごく簡単な種です。それは、クラスのみんなが家に帰って予習復習をするからです。出来ない子が予習復習するだけではありません。出来る子が教師のように教材研究をして、どのように説明すれば分かってくれるかを予習復習するのです。そして、その文化がクラス全員に広がれば、「最後に残ったすごくできない子」が周りの子どもと協力して、予習復習するのです。

 ね、簡単な「種」でしょ。でも、簡単ですが、それを実現するには、教師の腹が据わっていなければなりません。なお、発展的な課題を与えることの危険性は「『学び合い』の手引き書の第7章5節に書いてあります。第一、発展的な課題を用意することは大変であることは、やった人だったらご存じのことですよね。続けられないことは、やらない方が良いと私は思います。あははは

ftogpxtakaftogpxtaka2009/10/11 18:19本日の先生の記事、あらためてじっくりと読ませていただきました。すごくいい刺激になりました!!

jun24kawajun24kawa2009/10/11 21:46基本が大事ですよね。

なっつなっつ2009/10/11 22:09『学び合い』紹介所ブログにトラックバックさせていただきました。
色々悩んでいたところがすっきりしました。
ありがとうございます!!

jun24kawajun24kawa2009/10/11 22:15偉そうに書いていますが、私も日々悩んでいます。
色々な人と支え合いたいですね。

なっつなっつ2009/10/12 13:54トラックバックありがとうございます。
早速ボタンをぽちっと押させていただきました。
はてな。の『学び合い』グループのメンバーがボタンを押すだけでも、かなりの数になりそうですね。

osugi-symphonicityosugi-symphonicity2009/10/12 18:11僕もブログ村参加しましたー♪

jun24kawajun24kawa2009/10/12 18:19みんなで、色々なことをしましょうね。